愛犬が吠える、鳴くのはなぜ?よく吠える犬の気持ちと理由


今回のテーマは、

愛犬が吠える、鳴くのはなぜ?
よく吠える犬の気持ちと理由

について紹介します。

もともと犬の中には
しつこく吠える傾向が強い
犬種がいます。

その理由はよく吠える
犬を選んで作られた猟犬や、

所有地を守る番犬として
発達した犬は、

吠える事を役目とした
改良されてきたからです。

つまり犬が吠えるように
改良したのは、

私たち人間なのです。

だからこそ小型の愛玩犬も、

注意を引こうとして
過剰に鳴き、吠える傾向があるのです。

スポンサーリンク

犬が吠える時の気持ちと理由

ただここで吠えると言っても、

普通に吠えているときや、
しつこく吠えている時など、

区別してあげる事が大切です。

吠えるときの犬の気持ちは
種類があるからです。

例えば、

吠えて尻尾を振っているときは、
遊ぼうと誘っているとき、

お腹が空いた、寂しい、
怖い、散歩に行こう、
オシッコやうんちがしたい

など、イヌが吠える気持ちや
理由は様々です。

しかし、要求が満たされれば
自然と泣き止むものです。

何時間も吠え続けているときは、

声に出して訴えたい
気持ちが強くあるという事です。

何かしら不安を感じている
場合も少なくありません。

愛犬が寂しいときに吠える

もともと社会的な生き物
である犬は、

自分だけ取り残されると、
捨てられた様な気持ちになるのです。

外出した飼い主さんに
自分の気持ちを伝えようと
吠え続けるのです。

飼い主さんの帰りが
待ち遠しくて

「寂しいよ、恋しいよ」

と鳴くことで訴えているのです。

例えば、
オオカミの遠吠えは、

遠くにいる仲間に、
自分がいる場所を知らせ、

集まるように呼びかけて
いると言います。

単に仲間に連絡を取るだけでなく、

寂しさや不安から
吠えているのだとも言われています。

愛犬が吠える、鳴くことの対策法

なぜ犬は吠えるのか?

そうです。

決して無駄に吠えている
のではありません。

何らかの理由から
吠えているのです。

それを飼い主さんが見極め、

吠える要因を減らすように
努めましょう。

最も多いのは、

防衛本能から、自分の
縄張りである家の敷地に近づく

来訪者や通行人などへの
警戒や警告として吠える場合です。

郵便配達人など、

よその人が通りかかった
だけですぐ吠えてしまいます。

というのも、統計的にも
飼い主さんが悩む問題の
一つにあげられています。

よく吠える犬の気持ち

犬は縄張りを守ろう
という気持ちが強いので、

自分の領域に見知らぬ人や
犬が近づくと吠えて抗議します。

通行人や訪問者が
その場を立ち去ると、

犬は吠えたので
追い払う事ができたと
理解するようになります。

見知らぬものに吠えると
いなくなる、

と覚えてしまうと、

吠える事が一つのゲーム
とした習慣化してしまいます。

愛犬が吠えている時、
鳴いている時、

飼い主さんも大声を出すと、

犬は応援されている
と勘違いし、

ますます張り切って
大声で吠える事があります。

犬が吠えたり、鳴く事で
困ってしまうとき程、

オスワリをさせたり、

吠える事ができない
状況を作るの対策です。

吠えるのは犬にも飼い主にもストレスになる

特に神経質な犬の場合、

人が通る度に吠えるのは、
かなりストレスになります。

その声を聞いて飼い主にも
ストレスがかかり、

近所迷惑にもなります。

だからこそ気持ちを
分かってあげた上で、

不必要に鳴く事がないよう
しつけをする事が大切です。

野外飼育で無駄吠えが
気になる場合は、

犬小屋を人の出入りの多い
玄関の近くから

道路に面さない落ち着いた
場所に移したり、

直接道路から見えないよう
目隠しを作るのも良いでしょう。

愛犬がよく吠えるようになる…

それは運動不足やストレス
などの理由があり

些細な事に過敏に反応し、
吠えるようになる事もありあます。

だからこそ散歩やスキンシップ、
一緒に遊ぶ時間を取り

コミュニケーションを
密にとると言う事は、

最も大切な事でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>