人間と犬はいつから友達なのか?人類と野生の犬との関係の歴史


犬と人間の友情…
って奇跡だと思います。

違う動物同士が
お互いに心を通じ合える。

よく考えると不思議です。

一般的には、

歴史上、人間が野生の
犬の祖先を馴化(じゅんか)したのは、

今から一万数千年前頃
だろうと言われています。

でも、よりルーズな関係では、

それよりずっと古く、
5、6万年前からの付き合い
という専門家もいます。

著名な動物学者である

コンラート・ローレンツさんは

『人、イヌにあう』

という本の中で、

人間がイヌの飼育を始めたのは
5万年前からだと述べています。

人類が初めて湖畔に
住居を造ったのは、

旧石器時代の後期ですが、

彼らの飼っていた犬は、

カヌーに乗ったり、
岸辺から泳いで家の桟橋を
よじ上ったに違いないと書き、

その時期を紀元前
2万年頃だろうと推定します。

つまり、

2万2000年前から、
古代人も今と同じような

友達としての犬との
飼い方をしていたと言う説です。

スポンサーリンク

まずは人類とオオカミが関係を持った

もちろん最初は、

ただペットとして心の癒しのために
飼っていたのではないでしょう。

人間は犬に、犬は人間に、

お互いにメリットを感じ
近づくようになったはずです。

犬のルーツはオオカミ説がありますが、

ローレンツさんは、

古代人が初めて馴化させた犬は
ジャッカルだとしていましたが、

ジャッカルをアジアオオカミ
に置き換えれば、

この指摘はそれほど
おかしくはありません。

というのも、

当時の人間とオオカミは
行動パターンが驚くほど
よく似ていたからです。

共に群れをなして生活をし、

生活の拠点からある一定区域を
縄張りにして狩猟をしていました。

群れではリーダーの
長老から若者までの順位が
厳然として決められていました。

狩猟は単独では行われません。

それぞれが役割を決めて、

追跡や待ち伏せやらの
チームプレーをしながら展開します。

オオカミは道具と
言語は使いませんが、

ボディランゲージや
テレバシーなどを使い、

個体間の連携を保つ
能力を持っています。

つまり、

オオカミ(犬)と人間は
似た者同士ということになります。

人もオオカミも社会的な
動物である事には代わりはなく、

ジャッカルも群れを作りますが、

ここの連帯はオオカミほど
強くありません。

人間と犬はいつから友達なのか?

さらに人間社会とオオカミ社会が、

接近していれば
お互いの利害が一致する事も、

人間側もオオカミ側も、

長期にわたっての体験から
知っていたに違いありません。

これが最も原始的な
犬と人間の出会いで友達になった
ルーツではないでしょうか。

それを説明する為には、

まず古代の人類の
生活の歴史を知る必要があります。

旧石器時代の後期は、

約8万年前から
1万年前くらいまでですが、

その頃、最も活躍していたのは、

クロマニヨン人と
グルマルデイ人でした。

このころの人類はもちろん、
狩猟採集のサバイバル生活です。

彼らの洞窟の遺跡の壁には、

動物の絵や狩りの
模様が描かれています。

獲物は野性の牛、馬、
カモシカ、アナグマや
レイヨウ類などで、

犬の姿は見られません。

人類と野生の犬との関係の歴史

当時、獲物を倒す為には
槍と弓矢が使われていました。

弓の発明は想像以上に古く、

アフリカの3万5000年前の
洞窟の壁画には、

弓を持つ男の姿が描かれています。

弓の弦には動物の強い
犬が使われたと考えられています。

古代人類の衣服は
もっぱら動物の毛皮でした。

後に植物繊維も使われたのですが、

獲物を捕った後、

使える部分は、知恵を絞って
使っていた事は間違いありません。

当然の事ですが、

人間がテリトリーとする
地域の中には、

食料や生活の具として
として使い残した廃棄物が
大量にありました。

これらの廃棄物は犬の先祖
であるオオカミにとっては、

不猟で飢えたときの食料として
魅力的たったはずです。

恐らく古代の人間は、

オオカミを身近に引き寄せるため

あえて食べやすい所に放棄
しておいた想像できます。

心優しい少年が、あえて
餌をやったことも考えられます。

人間の群れに近づいた野生の犬の歴史

オオカミにから見れば、

火と道具を使い、
直立して歩行する

人間という生き物は
不思議に見えた事でしょう。

一向で、人類もまた、

オオカミを神秘的な
能力を持つ動物として、

他の動物とは区別していた
と考えられます。

今でこそ人類はイヌ科の動物たちが、

途方もない程の鋭い嗅覚と聴覚を
持ていることを知っていますが、

古代の人はそんなこと知りません。

ただ、分かっていたのは、

彼らが自分たちに
危険が迫っていた時、

実に素早い反応を示す事でした。

これはとても便利です。

例えば、

オオカミと人間を餌と
考えているサーベルタイガーや
ホラアナグマが近づいてきた時、

いち早く察知して、
吠え声で仲間たちに伝達していました。

夜行性の猛獣たちは、

夜になれば視力はほとんど
役に立たない人間たちの
最大の脅威でしたが、

オオカミを身近に引き付けておく事で、

この難敵に対処する事ができたのです。

その意味で古代人類は
無意識のうちに、

今で言う番犬の役を
オオカミにさせていた事になります。

少女の母性愛が犬を育てた?

しかし

人間がオオカミを自分たちの
群れの中に加え

共に狩猟するようになるまでには、

数万年という単位の長い年月が
必要でした。

ローレンツさんもそうですが、

一部の動物学者は、

古代の少女の
本能的な母性愛から

野性の犬の子を育てたのが
馴化の始まり、

犬と人間が友達になった
最初のきっかけである
と言う説を立てています。

なるほど、

一部の集団では、

そうやって育てた
オオカミを部族の中で飼育
していたのかもしれません。

またオオカミの中にも、

生まれてから人間の世話になり、

幼少期から人間社会で育つ
彼らの中から人間を恐れない、

遺伝子に変化が徐々に生まれて
言ったのかもしれません。

一方で、こうした考え方は、

文明が高度に発達した
有史以後の人間の心理であり、

古代人の心理には
結びつかないと言う説もあります。

アメリカの気鋭の動物学者
マイケル・W・フォックスさんは

古代人とオオカミとの
親和関係は不明だとしています。

その根拠は、

幼獣から飼っても成獣になると、

オオカミは野性に目覚めて
扱い難くなるからです。

人類と野生の犬の共存関係の歴史

そこで最初に飼った動機は

馴化が目的ではなく

成獣になったら食べるか、
神へのいけにえにするつもり
だったのではないかと推理しています。

こうして飼ったオオカミの
中にたまたま従順な個体がいて、

人間はオオカミを慣らす
知恵を覚えたのでしょう。

つまり偶然のきっかけから

人間の命令に忠実な系統を
淘汰によって作り上げる事に
成功したという訳です。

それが現在に繋がる
多種多様な犬となり、

人間との関係性を築いた
のではないでしょうか。

もちろん諸説あり、
何が正しいか間違ってるか、

誰にも分からないわけですが。

いずれにせよ、
古代の人類にとって

マンモスが絶滅する以前に

自分たちと共同作業で
狩猟のできる優秀な猟犬を
飼育していました。

その事だけは確かです。

そして犬と人間の間に
不思議な愛情ができたのです。

そこから仲良くなり
友達になるきっかけは

様々な憶測がありますが、

歴史を見ていると、

人類はオオカミを仲間に加える事で、

巨大な獣を倒せる狩猟技術を身につけた
と考えられるのです。

そこから共存関係は始まっているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>