声がけはモテる男になり想像力も高まる恋愛力の究極の習慣


今回のテーマは、

声がけはモテる男になり想像力も
高まる恋愛力の究極の習慣

について紹介します。

人間は習慣の生き物です。

頭より先に体が動く、

こうした無意識の行動レベルまで
変えることができれば、

人生を変えることができるのです。

モテる男になりたいすべての男性は

日ごろからとにかく
女性に声をかけることをお勧めします。

声がけコミュニケーション、

これは想像力も高まる
究極の習慣となるのです。

「絶対口説き落とすんだ!」

と意気込む必要は全くなく
軽く声をかける習慣をまず持ちましょう。

挨拶から雑談、軽いジョーク、
軽く褒めたり、楽しい話をする。

それだけで良いのです。

それを続けるだけなのです。

恋愛関係に必ず発展させねば。。。

と意気込む事無く
軽く声をかけていきましょう。

そして女性に声をかけ続けて行くうちに、
少しずつ口説き方を覚えていくことが出来ます。

スポンサーリンク

全ての女性に声をかける習慣を持とう

こうした行動が身につき、

声がけが当たり前になれば、

コミュニケーション能力は
格段に高まることになるでしょう。

そしてついには、
モテル男になるために

すべてのスキルを
取得してしまう事が出来るのです。

あなたの恋愛力、スキルは、
格段に高まるのです。

なので声をかけ始める
この練習をし始めたばかりのころは、

自分が興味を持つ女性だけでなく、

すべての女性に声をかけてみる事が
とても大切なのです。

キレイな女性もそうでない女性にも
若い女性から年取った女性まで…

男性に対しても気軽に声がけし、
友人を増やすことも良いでしょう。

この習慣を持つだけで
あなたはモテる男になれます。

男の恋愛力を磨くことができるのです。

声がけの習慣こそ恋愛力の武器

習慣こそ人生を変える唯一の秘密です。

遺伝も環境も変えるのは難しいです。

生まれ持った顔や体格を
変えることは難しいです。

でも習慣は変えられます。

これまで色々なノウハウを
このサイトでも語ってきましたが、

もし一つだけ選ばないといけない、

という場合は、

私はこの気軽な「声がけ」の
習慣をアドバイスします。

もっとも人生のリターンが
高い行動がこれだと思います。

行動を変えると言うのは大変ですが、
これにもやはり秘訣があります。

ここで多くの人が大きな事に
チャレンジしようとして挫折する
傾向にあります。

元旦の目標のような現実離れした
大き過ぎる目標をもつのではなく

小さくても良いので、
すぐに簡単に出来る事から始める

とそれが結局大きな目標達成となります。

小さな行動を変えて習慣を変える

健康にダイエットしたければ、

ジムに通いきついカロリー制限をして
必死に運動をするぞ!

…と意気込むのではなく、

まずは毎朝水を飲もう、

5分間ウォーキングから始めよう

で良いのです。

これだと元旦によくやるようなの
大きすぎる目標とは異なり
継続できるようになります。

という小さな目標でも継続して
それが習慣になれば、、、

大きな力になります。

女性に声を掛けると言うのは
恋愛スキルを高める上で

大きな武器になります。

それも口説きセリフを話せとか
ロマンティックな事を言え

と言ってるのではありません。

軽く声をかけるだけで良いのです。

これだけで人生は大きく変わります。

想像力が高い男ほどモテる

さらにメリットがあります。

女性に声をかけようとする時、

あなたは自分が関心を持った女性を
喜ばせるための新しい方法を、

想像力を駆使して考えだそうとしますね。

これが、あなたの人生にとって、
素晴らしい習慣となるのです。

恋愛力が高まるだけでなく、

それがビジネスに生かされ、
人間関係に生かされ、
頭が良くなることに生かされ、
脳のアンチエイジングにもなります。

こう言う想像をする際は、

あなたは落ち込んでいたり、
不満を言っていたり、不愉快だったり、
不機嫌だったり、

そう言う事は無いはずです。

つまりあなたは
内向的になっていないということ、

相手がどう考えて感じているかに
フォーカスされているのです。

つまり、うまく声をかける
と言う目的を持つだけで、

あなたはエネルギッシュで生産的で
創造性豊かな男になれるのです。

究極的に、女性は
生産力のある男が好きです。

そして、この声をかける習慣を持ち
腕を磨いていくだけで、

あなたはネガティブな気分とおさらばできる、

女性の心を捉えることのできる
生き生きとした活力のある男に
生まれ変わることが出来るのです。

声がけはモテる男になり想像力も
高まる恋愛力の究極の習慣です。

ぜひ少しずつ意識をしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>