一流の人は運に恵まれる人、チャンスを引き寄せる力を持っている


今回のテーマは、

一流の人は運に恵まれる人、
チャンスを引き寄せる力を持っている

について紹介します。

「億万長者は占星術を信じない、
しかし大富豪は活用する」

というのは、金融王でもある
J・P・モルガン氏の言葉だそうですが、

成功者というのは案外多くが、

目に見えない力を信じ、
大切にしている人が多いです。

一流の人に成功の秘訣を聞くと、

「たまたま運が良かったんです」
「周りに恵まれています」

などという人が多くいます。

もちろん謙虚な言い方でしょうが、

よく聞けば一見これは、

自分の力ではない
という意味にも聞こえますが、

「チャンスを引き寄せる力
を持っている」

というのは、

立派な才能であり、

知らず知らずに積み重ねた
努力の成果なのです。

一流の人は、

自分に巡ってきた機会を

「これはチャンスだ」

と認識し、

自分の糧にする事ができます。

ではどうすれば

我々も運に恵まれる人になり、

チャンスを引き寄せる力を
持つ事ができるのでしょうか

スポンサーリンク

運に恵まれる人の特徴

そのためには、

成功の予感を敏感に感じる
センサーを発達させることです。

例えば、

普段から良くしてくれる
上司が、珍しく

「社外の面白い人と飲むんだけど、
良い機会だから来る?」

と誘ってきたとします。

あなたならどうしますか?

例え、

仕事が詰まっていて、

時間的にも体力的にも
キツいなと思っていたとしても、

一流になれる人は、

全ての予定をキャンセルしてでも、

その場に行きます。

それは

「上司が珍しく」
「良い機会だから」
「社外の人に」

と声をかけた意味を、

的確に捉える嗅覚が
あるからです。

これは運に恵まれる人が持つ
特徴の一つです。

一流の人は運に気づく力

その出会いが、なんらか
良いチャンスをもたらすだろうと

上司は見込んで声を
かけてきている、

そこに気づくか気づかないか
という、

些細な違いがその後の
成長を大きく左右していく
ことになります。

の流れを見極める
力があるとも言えます。

一流になる人は、

普段から周りを
よく観察する事で、

何気ない一言に込められた意味を
読み取る力を鍛えています。

まさに神様から与えられた
チャンスのように、

何かをそこに感じるのです。

勝負のタイミングを見極め、
その波に乗る事ができます。

「運が良い」

というのは、

チャンスが目の前に来たときに、

それに気づく力がある、
という事なのです。

この目を養えば
自然と運に恵まれる人となり、

チャンスを引き寄せる事ができます。

コンプレックスをバネにする力

中でも新しい人との出会い、

というのは飛躍のチャンスです。

恐らく、優秀な人と出会うほど、

自分の実力の無さを感じ
牙を折られることになるからです。

一流の人は、

コンプレックスをバネにして、

自分の力に変えていきます。

劣等感を感じる局面でも、

「周りに追いつきたい」

と向上心を持ち続け、

結果的にチャンスを
広げるパワーを持っています。

壁や失敗、問題もチャンスなのです。

いやむしろ、そういった場所に
チャンスは眠っているのです。

誰しも経験があると思いますが、

中学、高校、大学、社会人

と進んでいくと、

「私はデキルと思って
いたのに全然ダメ」

と落ち込むシーンが増えていきます。

周りと比べてしまい、
自信をなくすことも多いです。

チャンスを引き寄せる力の持ち方

「英語が得意だと思っていたのに、

大学に入ったら帰国子女だかけで、
平均以下になってしまった、、」

「会社に入ったら、
自分の無力さに愕然とした」

など、ショックを受けた
経験は数多くあるはずです。

そこで自己評価を下げ、

凡人のままで良いか…

と思ってしまえばそれで終わりです。

一流になる人は、

周りと自分との差、

自分の現状と理想を
しっかり見つめ、

「いつかああなりたい」

と向上心を燃やします。

悔しさを力に変え、
飛躍する事ができます。

だから誰かに会うのは大切です。

「自分は圧倒的なダメな存在」

という劣勢な状況を、

「自分が成長する機会」

に変える事ができるのです。

こうした考え方が
一流の人を作り、

運に恵まれる、チャンスを引き寄せる
人生を形作るのです。

普段から嗅覚を磨き
チャンスに飛びつけるよう、

意識をしておくことが大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>