人生のステージを上げる、仕事の向上を続ける為の師匠の使い方


今回のテーマは、

人生のステージを上げる、仕事の
向上を続ける為の師匠の使い方

について紹介します。

あなたにとって先生とは誰ですか?

あなたには、

尊敬すべき人はいますか?

会社の上司でも
趣味のつながりで
知り合った人でも、

どんな人でも構いません。

「この人のようになりたい」
「追いつきたい」
「このライフスタイルに憧れる」

と心から思える人がいるかで、

成長のスピードは
まったく違ってきます。

学校の先生を尊敬している、

という人はそれほど多くないでしょう。

今の教育システムでは
私たちは主体的に先生を選べません。

しかし、社会に出て成功する、

そのためには主体的に積極的に
自分の先生を探すべきです。

一流の人には、必ず、

「師匠(メンター)」

がいるものです。

ただ、師匠を見つける為に、

「師匠になってください」
「いいですよ」

という許可は必要ありませんから、

勝手に師匠だと
思っていれば良いだけです。

自分の成長のため、仕事の
向上を続ける為に

師匠の使い方を活用するのです。

スポンサーリンク

人生のステージを上げる方法

ふと行き詰まったときに

目標に出来る人がいれば、

仕事の小さな失敗で
いちいち意気消沈する事もなく、

その人からパワーをもらって
前に進んでいく事ができます。

壁にぶつかった時でも、

それを乗り越えた先人の存在は
必ず勇気を与えてくれるでしょう。

誰を師匠にするかの基準は、

自分の中にしかありません。

一流の人は、

若いうちから多くの人に出会い、

様々な人生のサンプルに
触れています。

社会的な地位が大切なのか、

地位や名声よりも身近な
人たちから愛されている事が
重要なのか、

人生のいろんな価値観に
触れるうちに、

自分が目指すべき方向性を
定めてきています。

誰かこの人と一人決めて
とことんモデリングをする、

というのも良いですし、

自分以外のすべてを師匠にするのは
最強の師匠活用法です。

仕事の成果をあげる師匠の使い方

師匠を決める事は
簡単ですが、

「自分にとって本当に
大切な価値観は何か」

を知るためには、

たくさんの出会いや経験が
ものを言います。

学校のように決められた
カリキュラムをこなす、

というわけには行かないのです。

あなたの成功のルートは
あなたが決めるわけですから、

理想の師匠像というのは、

固定されたものはありません。

全てはあなたの心の中で
決めることなのです。

自分にはまだ師匠がいないな、

決められないなと
思っている人は、

まだまだ自分の道が
分かっていないのでしょう。

新しいものに触れる事を
億劫に思わず、

自分の糧になると思って、

共感するもの、
違和感を抱くものにあれこれ
接する事を大切にしましょう。

積極的に人に会いましょう。

価値観に沿う師匠を見つけるのが、
使い方としては最適です。

人生のステージを上げる一流の人

誰かから教わる事を
大切にしていると、

「自分よりも優れた人は
いっぱいいる」

という現実を日々、痛感します。

学びに終わりはない、、

ということを感じます。

しかし、常に自分を高める
ことができるというのは、

楽しいことでもあります。

一流の人が、

仕事で成功を収めながらも
謙虚であり続けるのは、

自分が憧れる対象を見据え、

常に「上」を目指しているからです。

人生のステージを上げることが
何よりも喜びなのです。

自分が頂点に立つ
なんて事は考えず、

向上を続ける自分の師匠から、

何を学ぼうかと必死なのです。

さらに一流の人は、

自分の成長のステージによって
師匠を変えていきます。

仕事の向上を続ける為の師匠の使い方

学生と社会人では、

教えてもらうべき事が
変わるように、

その時そのときの人生の
ステージによって、

師匠を変える事は自然な事です。

そろそろ卒業の時期
だなと感じたら、

今まで教えてもらった事に
心から感謝して、

師匠から静かに離れるのです。

もちろん、

師匠と良い距離を保ちながら、

一生深い付き合い
するのがベストですが、

重要なのは、

自分のステージを客観的に見つめ、

自分が求めているもの、目指す
ものに対して貪欲である事です。

そして、本当に優れた
師匠であれば、

あなたが次のステージに
行く事を応援してくれるはずです。

成長意欲をたくさん
刺激してくれる人に出会う事で、

あなたの可能性は
どんどん広がっていくのです。

良い師との出会いが人生を変える、、

これは古今東西変わらないルールです。

だからこそ

ユダヤ人はメンターを探し、
華僑も貴人、師匠を必死に探すのです。

私たち日本のビジネスマンも
負けてはいられません。

人生のステージを上げる、
仕事の向上を続ける為の

師匠の使い方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>