仕事での有言実行さ、言行一致、不一致な人、社交辞令を言う人


今回のテーマは、

仕事での有言実行さ、言行一致、
不一致な人、社交辞令を言う人

について紹介します。

仕事が出来る人は、

言行一致度が高いものです。

言った事と行動が一致し、

口に出した事は
何が何でも実行する、

その執着心が強いので、

夢や目標を現実の
モノにする事ができるのです。

私の知り合いの優れた
ビジネスリーダーの中には、

自分が目指すことを周囲に
宣言する人がいます。

「なぜですか?」

と聞いてみても、

「何となくその方が実現の
可能性が高まるから…」

と言いますが、

本人が自覚していない場合も、

ハッキリ口に出してしまえば、
実行できなければ恥をかきますし、

自分に対してもプレッシャーが
高まります。

自ずと物事が実現するのです。

一流の人は、

様々な経験を積んできた中で

周囲から信頼を得る事が
仕事のチャンスを広げ、

成功の糸口をつかむ
突破口という事を知っています。

新たな仕事が舞い込めば、

経験値が積み重ねられ、

そのプロセスを増やす事で
結果として仕事の質が
上がっていきます。

スポンサーリンク

周りの信頼を得る有言実行、言行一致

そういった

「周囲からの信頼を得る」

為に何より大切な事は、

1.

言った事は必ずやりきる

2.

頼まれて引き受けた事は
絶対に投げ出さない

という姿勢です。

一流の人は、

新入社員の頃から

「やりきる」事を徹底しています。

仕事の出来で先輩と
互角に勝負できない中、

新人に求められるのは、

仕事をやり遂げるタフネスさ。

それをキチンと理解しているので、

次のチャンス、次のステップ
描きながら、

目の前の仕事
全力で取り組みます。

また会議などで発言を求められても

「不用意なことは言えない…」

と口を閉ざす人もいますが、

これはただの準備不足です。

何を議論し決める為の
会議か分かっていれば、

自分なりの意見を整理して
臨むべきです。

そして言ったことは
責任を持ってやらなければ行けません。

仕事が出来る人は言行一致な人

「規模の小さい仕事だから」
単調な仕事だから」

などと文句を言って
やらない人は、

どんな仕事を任せても
言い訳を並べがちです。

「能動的に仕事に向かい、
やり遂げる」

「今、自分にできる
事を手を抜かずにやる」

事の積み重ねが、

仕事のできる一流の
人間を作っていくのです。

催促しなければ
仕事を終えない人に、

面白い仕事は舞い込みません。

自らチャンスの芽を
摘む事がないよう、

有言実行を貫きましょう。

言霊という言葉ががあるように、

自分が口に出す言葉には
それを実現しようとする力があり、

この思想は古今東西に存在します。

下手なことを口にしては
行けないのです。

目標を実現する力と言行一致力

行動と発言を一致させるには、

自分が何をすべきで
どう考えるべきか

…それを具体的に話せる
ようにならなければ行けません。

自分の言葉に責任を
持てないというのは、

まだ自分が何をすべきなのか?

漠然と曖昧としている
からではないでしょうか。

自分の発言に責任を持ち
その力を認識することが、

メンタルな意味での成長なのです。

例えば、

子供が「僕は凄い人になる」

と言っても、

それだけではあまり大きな
意味を持ちません。

「可愛らしいな」と見られる
かもしれませんが、

曖昧な言葉には影響力はありません。

しかし具体的で明確な
発言をする事ができるようになれば、

自分自身の行動にも繋がりやすく、

それが他人が理解してくれる
所まで持って行く事ができれば、

まさに有言実行の人、

言霊の力が働き、
物事は実行しやすくなるのです。

仕事での有言実行さをはかる方法

言行一致度をはかる際に、

仕事上最も分かりやすいのは
「社交辞令」の度合いです。

言行が一致しないと
気持ちが悪く思う人は、

社交辞令を言う事に
抵抗があります。

実際に、優れた
ビジネスパーソンは、

社交辞令でその場を
やり過ごす事などしません。

一方で、

社交辞令が好きで口にした事を
守れなくても平気な人は、

言行一致度が低い
言行が不一致な人です。

つまり、

「こうなりたい」
「やり遂げたい」

と言っていても、

本心では本気で実現する
パッションがなく、

現状でダラダラと
満足しているような人です。

いわゆる「口だけ野郎」は
いつまで経っても成功できないのです。

言行が不一致な人、社交辞令を言う人

自分は言行が不一致で、
社交辞令を良く使っているな
と実感している人は、

まずは日常の些細な事でも、

口にした事は必ず
やり遂げる習慣から
見直す必要があります。

さらに、社交辞令を
連発する人に近づかない
事も大切です。

人は普段付き合っている人に
影響を受け、

知らず知らずのうちに
似てくるものです。

自分がいつも仲良く
しているメンバーと、

10年後も一緒にいる事を
考えてゾッとした人は、

つき合う仲間を一考すべきです。

あなたは心にもないことを
口にしては行けませんし、

そう言うことを口にする人に
注意しなければなりません。

言行一致度の低い人と
日常的に近くにいると、

徐々に感化され、

自分も違和感なく社交辞令を
口にするようになってしまいます。

こうなればまた口先と
行動が一致しない無責任な
ビジネスマンになってしまいます。

「普段の思考癖が
あなたを形成する」

と肝に銘じ、

言った事は必ず実行する、

仕事は有言実行の
意思の強さを身につけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>