気軽に女性を楽しませる、喜ばせる会話ができる男はモテる


今回のテーマは、

気軽に女性を楽しませる、
喜ばせる会話ができる男はモテる

について紹介します。

好意を高める法則というのは、

心の中を少しずつ「快」で
満たしていくことなのです。

焦る必要も急ぐ必要もありません。

少しずつで良いのです。

どんな女性であっても

ちょっと笑わせてくれたり
ちょっと褒められたり、

心に「快」を与えてくれる相手に
対して好感を持つようになります。

前回も紹介したように、

女性にうまく声をかける事は、
モテル男になるためのカギです。

うまく声をかけれる様になれば、
モテるコツもつかめるようになります。

楽しませてくれる男VS眉間にしわを寄せる男

その逆もまたしかりです。

つまり、うまく声をかけれなければ

いつまでたってもモテないまま
過ごさないとけないのです。

つまりモテル男と言うのはみんな
声をかけるのがうまいという事です。

気軽に女性を楽しませる会話を
出来るように心がける事は大切です。

女性に声をかけるスキルを持つ
楽しませる会話がうまくなるメリットは、

まず

女性との信頼関係を築くことが出来る事、

恋愛関係に進ませるために
これは必須の行為と言えます。

信頼関係と言うのは、

女性があなたと話したいと思い、

話すことを心地よく感じる
心の状態です。

モテる男が女性に声をかける時、

知的な理論武装した話、
世間をにぎわすニュースの小難しい話や
重大な問題について話したりしないです。

眉間にしわを寄せて
難しい話しをしても、

女性の関心を得る事は出来ません。

女性を楽しませる、喜ばせる会話

こうした考え方がないと、

相手の心の扉を開くきっかけは
なかなか生まれません。

会話術といっても難しく
考える必要はありません。

恐らくちょっとしたおかしな話や、
くだらないことを話すので良いのです。

それを彼女は面白おかしく聞き、
あなたもそれを楽しむ。

その安心の共有こそ、
人間関係構築には大切です。

そうやってお互いの間に
信頼感が生まれるのです。

お笑い芸人はかなり女性に
モテると聞きます。

収入も低い、顔や環境に
コンプレックスがあっても
女性とのデートには困らない

そう言う男性が多いようです。

これも女性を楽しませる会話が
できるからでしょう。

もちろんコメディアンのように
本気で笑わせたり楽しませるまで
意気込む必要はありません。

軽く楽しませる、笑わせる、、
ちょっとした喜ばせる一言、

これで十分なのです。

また、声をかける事は

相手の事をよく知ることが出来て、

あなたを求めている相手か
どうか判断できる事もメリットです。

楽しませる会話は共感が大切

これまで女性にあまり
縁がなかった男性にとっては

ちょっと想像しがたいかもしれませんが、

めちゃくちゃ魅力的だ!と思って
実際に付き会ってみたとしても、

実際にそれ以上深い仲になりたい

と思える女性と言うのは
その中の一握り程度です。

想像と現実はいつも違います。

付き合う前は恋い焦がれて
最高の女性だと思い込んで見ても、

いざ付き合ってみると実は最悪…

という事態も多々陥ります。

相性も趣味、嗜好も共感も、

時間が経てば変わることもあります。

女性を楽しませると言う事は

自分が楽しむ事と表裏一体です。

会話をして共感を得る事で
相性が決まってくるのです。

だからじっくりしっかりと
腰を据えて一人の女性と付き合う前に、

色々な女性とお付き合いする
ということは大切なのです。

そのためのスキルとして

気軽に女性を楽しませる、
喜ばせる会話というのは重要なのです。

さらに、最悪の相性の女性と
つき合う事を避けるためにも、

声をかけるスキルと言うのは使えます。

女性にうまく声をかける
スキルを持っておくことで

その女性が実際には危険なほど、
情緒不安定な女性かどうか?

或いは、

全く自分に興味がない女性かどうか?

などを見極めることが出来るのです。

私の友人の手塚君は

恋愛にトラウマを負いかねない

この事を嫌と言うほど思い
知らされた苦い経験があります。

次回詳しく説明しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>