男同士のネタ、冗談、ジョークは女性には通じない、笑えない…


今回のテーマは、

男同士のネタ、冗談、ジョークは
女性には通じない、笑えない…

について紹介します。

放っておくと男というのは、

まるで子供の頃と同じように、
自己中心に楽しんでしまいます。

だから意識的に成熟する
必要があるのですが、

これから女性にモテる男になり
デートライフを充実させるための
マインドセットとして基本的にまず、

男同士の冗談、ジョークは女性には通じない…

と言う事も覚えておきましょう。

前回、男同士で通用する「会話」
や「遊び」は女性には通じない

と紹介したのですが、

例えばデートで

「野球場に誘う」というのは
決して悪い事ではありません。

ただ男性であるあなたが
純粋に野球を楽しむだけの目的で
野球場に女性を誘ってはいけません。

男同士なら良いでしょうが、

或は100歩譲って野球が好きで仕方が無い
という変わった女性なら話しは別ですが、

野球場で野球に没頭し
配球を分析している態度など見れば

女性は興ざめするでしょう。

まず何より、

女性はスポーツの統計の数字には
全く関心がありません、

女性を楽しませると言う目的を
忘れて野球に誘えば必ず失敗するでしょう。

男同士の冗談、ジョークは女性には通じない

ロバート・デ・ニーロが演じた

「タクシードライバー」

という作品では、

主人公のトラビスが、
初めての映画デートでポルノを選び、

女性は激怒して去ってしまうのに、

「え、、なぜ?俺はいつも来てるよ」

という態度をとるシーンが印象的ですが、

そこまで極端な例でなくても、

男性の視点と女性の視点は
まるで違うものですから、

男視点でデートや恋愛を
演出しようとすると、

失敗することが多いわけです。

また、男と女の違いを忘れ
ネタ、ジョークや冗談を言う際でも

男同士で通用する冗談は
女性を怒らせてしまう事もあります。

男同士で鉄板のネタも、

女性には通じない、笑えない…

逆に怒らせてしまったり、
ドン引きされることもあります。

とは言え、

女性を笑わせると言うスキルは
実は恋愛において大きな武器になります。

笑うと言う事は人間にとって
素晴らしく心地の良いものですが、

男性相手の冗談と
女性相手の冗談は違うのです。

女性を楽しませる冗談、ジョークを身につける

私が恋愛相談に乗った
クライアントさんの一人である

ボブ君(通称)は

女性を笑わせなければ行けないと思い込み、

男同士で受けたネタを披露し 
こっぴどく起こられた経験を
明かしてくれました。

そしてその経験を通じ、
モテない男は、

「金輪際女性に冗談を言わない、、」

と心を閉ざしてしまうのです。

これはこれで間違った体です。

もう冗談は言わない…

その結果、遊び心を忘れ、

倫理的で理屈っぽい口説き方
しかできなくなるのです。

そしてもちろん収穫はゼロです。

彼は男同士の冗談は女性に通じない

…というマインドセットがないために
極端な例に走ってしまいました。

女性が男性を恋愛対象として認めるとき

モテる男になるために、
この辺りを上手にやらないといけません。

女性に笑えないジョークではなく、
女性が笑えるジョークを使いましょう。

冗談交じりに声をかけることこそ、
男と女の遊びの一形態なのです。

上手に女性に声をかけられない男性は、
うまく女性と遊ぶことはできません。

女性とうまく遊べないと言う事は、
恋愛の対象としても認められる事は無いのです。

女性と言う生き物は、

あなたが上手に声をかけてくれるかどうかで、

恋愛対象としてのあなたの気質や、
肉体関係の相手としてのあなたの素質

など判断します。

初対面でのあなたが、

ジョーク一つも言わない、何の工夫もない、
茶目っけもない、面白みのない男だとしたら、

デートをしても楽しいと思いますか?
ベッドで楽しく過ごせると思いますか?

…もちろんNOですね。

モテない男である通称ボブ君は

初対面の女性に、
冷たい印象を与えてしまいます。

堅苦しく、なんでも分析したがる、
打算的な男に見えてしまいます。

自分と恋愛すべき理由を

いくら理路整然と理屈的に説明したとして、

遊び心がなければ
女性の心を動かすことはできません。

結論を急ぐ、ボブ君のやり方は
遊び心とは程遠いのです。

男同士のネタ、冗談、ジョークは
女性には通じない、笑えない…

しかし、ジョークや冗談は
恋愛にとっても重要である。

このあたりのバランスを考えるのです。

次回、このあたりの印象の
与え方がうまい後藤君と

あまりうまくないボブ君の
やり方の違いを解説していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>