日本人ビジネスマンのためのパーティーの振る舞い方、マナー

日本人ビジネスマンのためのパーティーの振る舞い、マナー
今回のテーマは、

日本人ビジネスマンのための
パーティーの振る舞い、マナー

について紹介します。

日本では元々馴染みのあまり
ない世界の風習であり、

パーティー文化がないわけですが、

グローバル社会も進んでいく
これからのビジネスマンは

ここからチャンスを掴みとる
必要が出てくるでしょう。

ビジネスマンがとる
パーティーの振る舞いには、

その人の社交性、対応力
気配り力などがよくあらわれます。

まず、パーティーに普段と
同じような格好をしている人は、

場をわきまえた振る舞い
ができていない証拠です。

特別感を演出できない
ということは、

パーティーを
主催している人への

リスペクトがないという事です。

服装に少しでも
変化が与えられれば、

自分自身も新しい場を楽しもう
という気持ちになりますし、

それは周囲にも伝わるはずです。

ある意味そこからすでに
コミュニケーションは

始まっているのです。

スポンサーリンク

日本人ビジネスマンのためのパーティー

宴会や打ち上げと、パーティー
は少し趣旨が違います。

日本は欧米と違い、

パーティーを頻繁に
行う文化は根強くありません。

しかし、

グローバルで戦う力が
必要になっている昨今、

日本人ビジネスマンも

パーティーマナーを
身につける事はとても大切です。

前提として、

会社の格好、仕事の延長で
パーティーに行かない事です。

ポケットチーフや
カフス、メガネを

変えるなどでも良いので、

何かこだわりを
作ってみましょう。

ファッションをきっかけに
会話を進めることもできますし、

ここで目立つことも
悪いことではありません。

パーティーでは積極性を持つ事

パーティー会場で、

いち早く席を確保し、
ずっと座っている人がいますが、

それは一体なにをしに
パーティーに来たのか
分かりません。

ビジネスマンにとって
パーティーは社交の場です。

新しい人と積極的に
言葉を交わす

コミュニケーションの場です。

そこでマナーとして

最もやってはいけないのは、

くたびれた格好のまま
席に座って、

男性同士で仕事の話しをする事です。

女性のフォローをする事なく、

食べ物や飲み物の
おかわりのときだけ席を立つ

これは良い振る舞いとは
言えません。

これでは会社の焼き鳥屋に
いるのと何ら変わりないからです。

パーティーの振る舞い、マナーのタブー

他に、周囲に目を向けず、

携帯ばかりいじっている
人も時々いますが、

これも周囲に

「誰とも話したくありません」

と宣言しているようなものです。

パーティーの場をしらけさせ、

主催者にも失礼になるので
避けるようにしましょう。

とにかく主催者の意図を汲み取る、

理解力と想像力を働かせれば、

逆にあなたが目に止まり、

誰かを紹介してくれるかもしれません。

成功のきっかけが生まれる
かもしれないわけですから、

ここを無意識でただぼんやり
やり過ごすのはもったいないです。

日本人ビジネスマンのための
パーティーの振る舞い、マナー
として大切なのは、

1.座らない

2.一カ所に停留しない

3.男性同士で固まらない

4.仕事の話しを持ち込まない

5.携帯電話を見ない

の5つを心得ましょう。

ここで「逆にチャンス」
と嗅覚が働いた人は、

一流の成功者に一歩
近づいたと言えるでしょう。

ダンスパーティーでも愛嬌を示す事

そうです。

ここは格好の人脈作りの場です。

あなたの振る舞い方と
コミュニケーション能力次第で

誰か素晴らしい実力者と仲良く
なれるチャンスがあるわけですから。

もし他のライバルが古い習慣
のままとらわれているようなら、

一歩出し抜く良い機会です。

他にも、パーティーの
振る舞い、マナーとして
注意しなければ行けないのは、

立食型のパーティーで、

ちょっと高めのテーブルや
丸テーブルが置かれているのに、

会社単位でまとまるのも
マナー違反です。

また、日本ではあまり
多くありませんが、

海外ではダンスパーティー
がつきものです。

「誰かと踊るなんて無理」

と思うかもしれませんが、

フロアに出ずにお酒ばかり
飲んで座っているのは、

上手く踊れない事よりも
ずっと失礼な事です。

下手でも良いので、積極的に
参加して楽しむと言うのが、

パーティーの大原則です。

ここは愛嬌の見せ所でしょう。

あなたがその場を楽しんでいれば、

周りの主催者もみんなが
ハッピーになれるはずです。

以上の事を意識して

日本人ビジネスマンのための
パーティーの振る舞い、マナー
を身につけていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>