ビジネスマンの食事法、会食や接待で使える行きつけの店の作り方

ビジネスマンの食事法、会食や接待で使える行きつけの店の作り方
今回のテーマは、

ビジネスマンの食事法、会食や
接待で使える行きつけの店の作り方

について紹介します。

よく学び、よく遊び、

そしてとことんまで仕事をする。

できるビジネスマン、
一流の人は、

向上心、好奇心に溢れ、

エネルギッシュな
行動力に満ち満ちています。

だからなのでしょう。

食事への関心も高く、

美味しいものを活き活きと
食べる人が多くいます。

いわゆるグルメ、という
人が多いような気がします。

彼らと一緒に食事をすると、

ボリュームたっぷりの
肉料理も、

美味しそうにぺろっと
食べるのです。

ガツガツ食べる
という事ではなく、

食事を純粋に楽しんでいる
のがよく伝わってきます。

仕事で大量のエネルギーを
消費しているので、

たくさん食べる
タフさもあるのです。

スポンサーリンク

一流のビジネスマンの食事法

仕事が出来る人ほど、

体調を崩さずに
健康でいるのは、

美味しいものをたくさん、

楽しく食べているから
なのかも知れません。

さらに、彼らは

「これはちょっと苦手で
食べられないんです」

ということが
ほとんどなく、

出てきたものをバランス
よく食べます。

万が一、食べた事がない、

レアなものが出てきても、

「何だろう?」
「面白い!」

などと言って、

ワクワクしながら食べています。

だからこそ、

一緒にいる方としても、

気を使う事がなく、
楽しい時間を過ごす事ができます。

仕事に繋がる食事法とも言えます。

ビジネスマンの行きつけの店の作り方

料理を楽しむというのは、

五感で言えば、

味覚はもちろんのこと、

視覚、聴覚、嗅覚、触覚など

多くの五感を刺激します。

そういう意味では
食事は脳を活性化する、

よアクティビティでもあります。

一流の人は、

一流の世界に数多く
触れているので、

本当に美味しいものを
よく知っています。

高級なお店にも足を運び、

最上級のサービスも
受けています。

しかし、

本当に優れた人は、
それを自慢したり、

「こんなものは食べられない」

と突き放す事はしません。

安くて、雑多なお店でも、

先入観で判断せず、

「美味しいものが
あるかもしれない」

「雰囲気を楽しもう!」

とポジティブに
味わう事ができます。

また店員さんやマスターとも
仲良くなろうとします。

こうして素晴らしい
行きつけの店を作っていきます。

ビジネスマンの会食や接待は仕事

出来る人程

会食や接待で使う
店選びに妥協しません。

それが仕事の成果に直結する
事も理解しているからです。

味や評判、接客だけでなく、

周りが心地よくいられるかを
重視して考えるからこそ、

その場の空気や一緒に
いる人によって、

柔軟に対応できるのでしょう。

お店選びをする側になったとき

一流の人は、

料理の味だけではなく、

「お店の雰囲気」
「スタッフの態度」
「客層」

などさまざまな
面を考えて選びます。

ネットでの口コミが良い、

ミシュランに載っていると言った
他人の評価だけではなく、

実際に行ってみて

「リラックスできて
会話が弾みそうか」

「スタッフの対応はどうか」

などをチェックします。

ある華僑成功者は、

必ず交渉相手とは
食事に行くそうです。

具体的な提案をする前に、

とにかくまずは相手の
お腹を満たそうとします。

これは彼らのしたたかな
戦略の一部なのです。

そういう意味では、

良い店を知るということも
仕事の一部と言えるのです。

会食や接待で使える行きつけの店の作り方

会社や接待などの
仕事で使うときは、

お店が自分の仕事のサポーター
となってくれそうかなど、

自分なりの基準で
判断するのです。

そう言った店があると、

お店のシェフやスタッフが
商談をサポートしてくれる

という事はよくあります。

直接そういうことを頼む、

ということではもちろんなく、

普段の接し方から
ファンになるのでしょう。

行きつけのお店は、

だいたい5軒ほど、

いいお店に何百軒と
行っているはずですが、

その中から厳選していくと、

最終的には5軒くらいに
落ちついてくるようです。

だからこそ、

値段も以外にも手頃で、
美味しく、心がオープンに
なっていくような

明るい雰囲気のお店が残るのです。

もちろん健康、体調管理のため

栄養に気を使うのも大切ですが、

「食事は楽しむもの」

という心意気に魅せられて、

「この人とまた行きたい」

と思わせる、

それが一流の人の
食事法と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>