一流の人のマナー、振る舞い、仕事で活かせる気配り力の磨き方


今回のテーマは、

一流の人のマナー、振る舞い、
仕事で活かせる気配り力の磨き方

について紹介します。

社会人にとって、

マナーを知っている事は
とても大切です。

いわゆるビジネスマナー
と呼ばれるもの、

社内でのコミュニケーション術から

上司や後輩の関係の所作、

エレベーターの乗り方
タクシーの座る位置など、

仕事に置いても様々な
マナーがありますし、

食事の場でも、

ルールは細々とあります。

マナーを知らないばかりに、

一緒にいる人に不快感を与えたり

「マナーがなっていない」

と低評価に繋がっては
もったいないので、

最低限のマナーは
抑えておくべきでしょう。

しかし、一流の人の
マナーや振る舞いは少し違います。

ただただ決められた
ルールに縛られるだけでは、

やはり普通で終わってしまいます。

スポンサーリンク

一流の人ほど気配り力がある

ただルールに縛られて、

場が固くなって
しまっては本末転倒です。

ただ決められたことを
頑なに守ること、

ルールを守るのが大切なのではなく、

場のマナーを守りながら、
空気をしっかりと察して

相手に不快感を与えない、

できれば好感を持ってもらう、

それが大切なわけです。

一流の人は、

その場の空気に応じて、

自分の振る舞いをさっと
変える事ができます。

例えば食事の場で、

上座に座るように勧められた時、

一流の人は、躊躇なく
すっとその席に座ります。

心の中では、

「自分が上座で良いのかな」

と思っていたとしても、

自分が座る事で
みんなが安定するのであれば、

迷いはありません。

これはある種の気配り力です。

一流の人のマナー、振る舞いの特徴

「私はこっちで良いですよ」

などと固辞して下座に
座ってしまうと、

周りも落ち着かず、

場の雰囲気が変わってしまいます。

「いえいえ私など…」

と妙に恐縮して卑下するのが
気配りではないわけです。

仕事が出来る一流の人は、

常に自分がどう振る舞えば、

みんなが心地よい状態でいられる
かを優先して考えています。

学校のテストのように、
マルかバツで決まる世界ではないのです。

だからこそ、

「自分が上座に座る事で周りも
早く座れるならそうすべきだし、

下座に座る事で周りも心地悪くなく
座れるなら、下座に座れば良い」

そう思って、

マナーを知りながらも
フレキシブルに行動できるのです。

仕事で活かせる気配り力の磨き方

お酒を注ぐと言う行動一つでも、

一流の人は違います。

ここまで減ったから注ぐという
通り一辺倒のマナーではなく、

相手の好みや飲むペースを
しっかり観察し、

それぞれに合わせた
タイミングで注ぎます。

お酒を注ぐには

観察力
「タイミングを捉える力」
「判断力」

など、

実は色々な力が必要で、

これは全て仕事に通じる
気配り力なのです。

IQが高い人ほど、
全体像を見渡せると言います。

スポーツの世界でも

例えば一流選手とそうでない
選手の違いというのは、

ゲーム全体の流れや
フィールドをまるで上から
見えるような視野の広さが

あるかないかだとも言われます。

一流の人の気配り力の磨き方

ビジネスマンの気配りや
好感のもたれるマナー

というのもこれと同じでしょう。

まず、あらかじめ
収集した相手の好みや

目の前の状況をよく見ながら、

「この人はこれくらいの
ピッチで飲むんだなあ」

と確認します。

さらに、相手の
ちょっとした言葉

「最近、お酒弱くなっちゃって…」

などという言葉から、

「今日はいつもより
ゆっくりのペースで注ごう」

などと決めていきます。

そのように、

最初から相手の事を見ていると、

会話を滞らせずに
お酒をついだり、

追加の注文をする
タイミングも、

焦る事なくつかむ事ができます。

マナー、振る舞いは気配りから生まれる

こうした、

些細な気配りをする事で、

相手は、

「自分の事を良く見てくれるな。
細かな配慮が出来る人だな」

という印象を持ちます。

ルールを抑えておく、
ルールを知っておく、

というのは大切ですが、

時にはそれを破ったり、
別の行動をすることで、

その場の雰囲気が良くなるなら
それが正解なわけです。

気配り力に長けているとはつまり、

注意力が研ぎすまされて
いるという事です。

これはもちろん普段の
仕事の成果にもつながります。

一人一人に合った
対応ができるのが、

仕事が出来る一流の証拠なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>