手品を覚えると恋愛がスムーズに運び女性にモテる

手品を覚えると恋愛がスムーズに運び女性にモテる
手品を覚える事は、
女性にモテル男になるために、

またナンパをスムーズに行うためなどの
恋愛の武器として使えるでしょう。

なにかしら会話や感情を掴む
きっかけと言うのは必要です。

手品は覚えるのに時間はかかりますし、

また、トリックをいくつか覚えて、
練習しなければいけないのがちょっと大変です。

さらに、男友達はそんな手品を覚えている
あなたをちょっと変わりモノと思うかもしれません。

しかし手品を見せられた女性は、
あなたに夢中になります。

女性は男性に楽しませてもらうのが好きです。

だから手品をいくつか覚えておけば、
どんな状況でも女性と出会ったときも
役立つことがあなたも分かるでしょう。

スポンサーリンク

手品をきっかけにモテる男となる

37歳のお堅い真面目な公務員、

容姿は人並みの私のクライアントであった

島田さんは、

手品でモテる男になった人です。

彼は、手品を

いつでもどんな女性にも使える会話作りの秘訣

と呼んでいます。

島田さんは、

例えば店で順番待ちしてる時、
飛行機の機内でも、
レストランでも、

手品を女性との会話の
きっかけ作りに使っています。

最近でもあるイベントで
チケットを買うために並んでいる最中、

二人連れの女性に話しかけました。

しかし、最初はうまくいかなく、

島田さんは無視され、
不愉快そうな目で見られました。

そこで、彼は手品を使いました。

すると彼女たちは興味深くその手品を楽しみ、
話しは弾み、その後のイベントでも
仲良く過ごしたそうです。

手品を覚えてもらってから
女性の友人はどんどん増え、

恋愛に困らなくなったと
喜んでくれています。

そのきっかけtなったのが
手品をマスターしたと言う事です。

もちろんプロのマジシャンになる
つもりは彼にはありません。

だから簡単なトリックを
いくつか仕込んでおくだけで

恋愛における武器にしたのです。

このやり方は非常に参考になります。

恋愛に有利になるスキルを持とう

ロマン・ポランスキー監督
エイドリアン・ブロディ主演の

『戦場のピアニスト』という
映画を最近見たのですが、

この映画はポーランドに実在した
ピアニストが主人公で、

ユダヤ人であった彼はナチスの
ユダヤ人大量虐殺の最中に

ピアノが弾けることで命拾いをする
と言う内容で、

素晴らしい映画でした。

この映画から学んだのは
やはりスキルの大切さです。

芸は身を助けると言う言葉がありますが、

耳と耳の間にある
脳に培われてスキルや知識は
誰にも奪われませんし、

いざと言う時に心強い
味方になってくれるのです。

そうです。

私たちは誰かと仲良くなるために、
女性と親密になるために、

なにか楽しませるスキルを
持っておくと、

それが会話のきっかけになったり、
人間関係を始めるきっかけになったり、

さらにいざという時も
これがあるから安心できる

と言う武器となるのです。

そう言う意味で

手品は女性との関係作りに
最適の道具となり得るのです。

他にも女性を楽しませる
スキルはたくさんありますが、

手品に興味があれば、
マスターに時間はかかりますが
覚えて損はないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>