できる人ほど聞き役に徹する、小さな勝ち負けにこだわらない

できる人ほど聞き役に徹する、小さな勝ち負けにこだわらない
今回のテーマは、

できる人ほど聞き役に徹する、
小さな勝ち負けにこだわらない

について紹介します。

人間には口が一つなのに、
耳は二つあるのはなぜ?

…それは自分が話す倍だけ他人の
話を聞かなければならないから、

という逸話がありますが、

ビジネスで成功するのに
コミュニケーションスキル

というのは必須のスキルです。

特に仕事が出来る人は、

楽しく飲み食いする
会食やパーティーの場では、

聞き役に徹するのです。

人の話にじっくり耳を傾け
真剣に聞く傾向があります。

自分の仕事自慢や
プライベートの話しをして

気持ち良くなっている人は、

あまり仕事が出来る
人ではない傾向があります。

本当に優秀な人は、

自分の有能さを
アピールしたりしません。

自慢をするのは、

誰かと比べて、

自分の方が優れている
という事を伝えたいからです。

仕事の出来る
一流の人であれば、

わざわざそんな事を
主張する必要がありません。

勝った負けたというような
小さな比較にこだわらなくても、

自分のやるべき事をやり
その結果が出ていて、

誰もが認める力があるからです。

スポンサーリンク

小さな勝ち負けにこだわると…

また、他人から学ぼうと言う

向上心に溢れているので、

相手の話しを聞き、
心から関心したり、

笑う事ができるのも特徴です。

こうした情報収集癖が
身についているので

いつでも「ふむふむ」と
人の話に耳を傾けます。

相手との小さな
勝ち負けにこだわっていると、

仕事の成功談を聞いても、

「自分だったら、こうするな」

「私だって、こんな
仕事をしたんだぞ」

などと、

張り合ってしまい、

その人の持つ強み、
優れた所を素直に受け取る事が
できなくなってしまいます。

議論をしようと思えば
いくらでもできます。

しかしそこで勝ち負けは
つくことはありません。

しかし心を開けば、どんな
相手からも学べるのです。

相手の話しを聞けなくなり
成長が止まってしまいます。

だからこそ聞き役に回るのは
ある意味器が大きいと言えます。

できる人ほど小さな勝ち負けにこだわらない

聞き役に徹して、

自分にはない魅力があれば、

それを認めて真似
するべきなのですが、

器の小さい人は、

「感心したら負け」

と言った小さな
プライドが邪魔をして、

成長のチャンスを
失ってしまうのです。

自分の優秀さをアピールして
伝えようとしても

伝わることはありません。

相手が勝手が気にづくもの
なのですから、

実力があるなら黙っていれば
良いのです。

それより相手の話を
聞くようにしましょう。

小さな勝ち負けに
こだわらない優れた人は、

相手の立場や
ポジションに関係なく、

その人の魅力を認め、

自分への刺激にしていくので、

成長スピードはますます早まります。

さらには、

心地よく話しを
聞いてくれる相手に、

より有益な内容を
伝えようと思うものです。

聞き役に徹する事で、

その場の会話はどんどん深まり、

自分の成長のヒントをさらに得る
という好サイクルを生み出す
事ができるのです。

聞き役に徹する方法

聞き上手になる為に

前提となるのは、

相手の話しに興味
関心を抱く事です。

質問術などこのサイトでも
ノウハウを紹介しましたが、

ここで、いくつか
テクニックとして、

相手の心の垣根を
取り除く方法もあります。

まず「相づち」です。

相手に引き込まれていると、

相づちは自然に
出てくるものですが、

意識して相槌を打つことで
より相手は聞いてもらえている、

理解されていると思ってくれます。

そうなれば心を開きやすくなるので、
さらに話を引き出すこともできます。

ポイントは

「ゆっくり相づちを打つ事」

です。

「うんうん」

と何度もうなずいているより、
ゆっくり一回うなずく方が、

話しをキチンと理解して
聞いている印象を与えます。

また、話しのペースを
乱す事もないので、

相手は安心して話しを
続ける事ができるのです。

できる人の聞き役テクニック

次に

「相手の名前を呼ぶ事」

です。

欧米ほど名前を頻繁に
呼び合う文化がない日本では、

会話の端々に、
名前を入れるだけで、

親近感をグッと
高める事ができます。

例えば、

「では、○○さんはいかがですか?」

「今、○○さんがおっしゃった
言葉は面白いですね!」

と、必ず相手の名前を入れて
会話のキャッチボールを行います。

すると間違いなく心理的な
距離は縮まり、

しっかり聞いてくれる
という印象が強まるのです。

聞くというのは誰でもできる
簡単なものですが、

傾聴する、しっかりと相手の
話を聞くというのは、

案外難しいものです。

ですからこのスキルを磨きましょう。

自分の成長の為にも
相手の満足の為にも

小さな勝ち負けに
こだわらないことを意識し、

聞き役に徹する事を
工夫してみてください。

あなたの仕事もそれだけで
大きな広がりを見せるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>