歯がキレイ、服装の表現など一流の人の自己プロデュースの方法


今回のテーマは、

歯がキレイ、服装の表現など一流
の人の自己プロデュースの方法

について紹介します。

賢さ、気配り、ビジネススキル、

など内面の要素は、

仕事をする上でもちろん重要です。

しかし実際には同じくらい、

いいえ、もしかしたらそれ以上に、

私たちの外面が人に与える
影響というのは大きいです。

メラビアンの法則、
人は見た目で決まるなど、

巷でも言われるようになりましたが、

仕事が出来る人ほど、

実は「見た目」の
重要性を理解しています。

自分にあったスーツ、
服装
を着こなし、

ダイエットの為にジムに通い、

食事にも気を配る、

それは趣味や健康の為
という側面もありますが、

スラッとしたスタイルを
維持する事は、

「自己管理ができている」

と言う好印象に繋がります。

他者からの評価が上がり、
人間関係を円滑にします。

一流になるほど、

「仕事だけできていれば、
外見なんてどうでもいい」

という価値観はあり得ず、

自己プロデュースを
しっかりと認識しています。

スポンサーリンク

一流の人ほど歯がキレイ

以前

「芸能人は歯が命」

というキャッチフレーズのCM
が流行ったことがありますが、

例えばビジネスマンにとっても、

「歯がキレイ」

というのは、

一流の人の大きな特徴です。

日本では、歯の美しさを評価する
文化はあまりないのですが、

欧米において、

「歯白く、歯並びが良い」

という事は、

良い教育を受けてきた
勲章のようなもので、

自己プロデュースを
意識する人は歯を大切にします。

アイコンタクトを大切にし、

表情豊かなにコミュニケーション
をする欧米人は、

笑顔の際の歯の美しさに
とても気を配ります。

確かに歯の管理は大変です。

意志の力を使うでしょう。

歯医者に通うのが億劫になり、
そのまま放置という人もいるでしょう。

だからこそ歯がキレイな人は
自己管理ができている人と
思われるわけです。

一流の人の自己プロデュースの方法

グローバル社会の
中で生きて行く為には、

世界標準マナーを知り、

それに従う事が必要です。

世界で活躍する一流の人が、

皆一様に歯が綺麗で、手入れに
気を配っているのはそのためです。

彼らは、新しい情報に
対して敏感に反応し、

アメリカに行けば、

アメリカのビジネス
最新情報を入手し、

行動様式や価値観から
影響を受けます。

日本よりも見た目に厳しい
欧米基準をスタンダードにして、

自分の自己プロデュースの
スタイルに取り入れているのです。

経営者や政治家の多くは、

パーソナルスタイリストを
つけるのが当たり前です。

プロの目でチェックしてもらうのです。

それが投票者やお客様の
印象を変えるのですから、

当然の義務なわけです。

今では、一般にも
広く認識されるようになった、

アンチエイジング

ですが、

一流の世界では10年前から
既に知られていたと言います。

「見た目」を意識するという
文化から生まれたのも納得です。

そうして、一流としての
振る舞いを習得していくのでしょう。

服装の表現で一流か二流か決まる

欧米社会では、

「服装や身なりが年齢や
社会的ポジションを如実に表す」

という概念が根強くあります。

階級社会の影響かと思いますが、

幼い頃から、

歯のキレイさ、見た目、服装が

他人に対する「礼節」に繋がる
という基礎知識があるのです。

欧米には、

ドレスコード(服装規定)のある店、
レストランが多く存在します。

ドレスコードというのは、

場面や場所でしかるべき
とされる服装基準の事です。

もともとは周囲への配慮から
始まった服装のマナーです。

そういう意味では、

ビジネスマンにとっての服装は、

ファッションを自分が楽しむ、

ということだけでなく、

相手の立場になって
自分を表現するという、

コミュニケーションの
一つのやり方なのです。

服装と自己プロデュースの方法

「自分は服装の表現に
こだわりがないんだ」

と言って、

カジュアル、フォーマルの
区別なく服を着ていれば、

周りからは、

「場に合わせた振る舞いが
できていない二流の人」

と評価されるだけです。

服装を決める事は、

「自分をどういう
人物に魅せたいか」

自己プロデュースする事です。

それは相手を気遣う
思いやりの表現でもあります。

服は個性を表現する
手助けであり、

不足部分を補って
くれるものでもあります。

見た目や外見というのは、

もちろん遺伝の要素もあり、
先天的な条件が影響します。

しかし、後天的に努力で
できることはたくさんあるのです。

外見ばかりに気を配り、

肝心の仕事がおろそかでは、

説得力はありませんが、

外見によって不要な損をする
のはもったいない話しです。

マナーをわきまえ、
TPOに合わせた服装を用意する、

しっかり歯医者に通って
歯をキレイにするなど、

どんな自分になりたいか
という視点で服装を選び、

内面、外見ともに
一目置かれる人になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>