仕事の失敗やミスを繰り返さない為の再発防止の仕組み作り

仕事の失敗やミスを繰り返さない為の再発防止の仕組み作り
今回のテーマは、

仕事の失敗やミスを繰り返さない
為の再発防止の仕組み作り

について紹介します。

失敗は誰にでもあります。

失敗なしに成功は
あり得ないわけですから、

むしろ失敗もウェルカムな訳です。

失敗を怖がっていては、
新しいアイデアは生まれず、

成長は止まってしまいます。

…とは言え失敗してヘラヘラ
しているのも良くありません。

大切なのは、

「失敗した事を
次にどう活かすか」

という前向きな姿勢です。

仕事のできる人は、

あらゆる仕事において

PLAN(計画)

DO(実行)

SEE,CHECK(検証)

のサイクルを回し、

行動した事を

「振り返る」

習慣がついています。

つまり、

うまく行った部分は
何が良かったのかを分析し、

うまくいかなかった部分は、

「なぜ失敗してしまったのだろう」

と反省する所から、

「同じ事を繰り返さない為に
どうすれば良いのだろう」

と次に目が向いているのです。

スポンサーリンク

仕事の失敗の再発防止の仕組み作り

失敗原因を突き止める
事は大切ですが、

さらに重要なのは、

「再発防止の仕組み」

考える事です。

そこまで仕組み化して
ようやく失敗を最大限に

次に活かすことができるからです。

放っておけば人間は大抵、
同じ失敗を繰り返します。

それは愚かなことでしょう。

気をつけようと思っている
だけで失敗が防げるのであれば、

そもそも最初から
失敗する事はありません。

ですから意識だけでは
足りないのです。

例1.

事前チェックが甘く、
ミスが生じてしまったのだとしたら、

チェックシートを作成して、

常に手帳を貼っておくなどします。

例2.

アポイントメントの
時間を間違えてしまったのだとしたら、

スケジュール管理方法を改めます。

手帳に記入していたのに
忘れてしまったという事があれば、

手帳に書くだけでは
足りないという事です。

携帯にもスケジュールを入れ、

当日にアラームが鳴るよう
設定しておくなど工夫をします。

仕事の失敗やミスはつきもの

要は、自分のミスには
どんな癖があるのか、

どんな習慣が足りないのかを
認識し、それを繰り返さないよう

仕組みを変えてしまえば
良いのです。

ミスや失敗の再発防止で
大切な事は、

「具体的な行動を変える」

と言う点です。

一流の人は、

自身の経験からそれが
わかっているので、

自分自身だけでなく、
チームをリードするときも、

ここまで徹底します。

部下やチームメンバーに対しても、

もちろん失敗を恐れずに
挑戦させます。

マネジメントする側に
なったときも、

的確な叱り方
リードができます。

失敗を指摘し、成功に
つなげるために

絶対にやっては行けない事は、

その人の人間性や性格
そのものを否定する事です。

仕事の失敗やミスの再発防止

仕事上の失敗は、

「仕事上のある行動が間違っている」

ということであり、

何処かシステムに間違いがあるのです。

それをその人のせいにしては
いけません。

その人の能力や人格を
否定していては、

やる気を削ぐばかりで、

肝心の仕事は改善せず
人も育ちません。

問題はシステムにあり、
その仕組みをいかに作れるかです。

「普通なら誰でもできるだろう。

どういう育ち方を
したらそうなるんだ。」

「常識的にあり得ないだろう」

「あなたはだらしないから、
業績も上がらないのだ」

と叱った所で、

何の解決にもなりませんし、

周りの信頼を失うだけです。

失敗の再発防止をシステムにする

失敗を指摘する場合は、

その人の「行動」だけに目を向け、

どう行動を変えれば、失敗を
繰り返さないかを伝えるべきです。

その全体像まで見えてこそ、
リーダーのやり方なのですから。

例えばこんな具合です。

「業績をあげる為には、

まず顧客訪問数を
今の二倍まで増やそう!

そのためにはまず、
ステップ1として、、」

など、すぐにでも動ける
ような助言をするのです。

仕事のできる人は、

仕事では反対意見を
ぶつけながらも、

職場を離れたら途端に
フレンドリーになります。

仕事上の失敗やミスは、

仕事上の行動によるものであり、

本人を否定している訳ではない、

その前提が根付いて
いるからなのでしょう。

誰でも人間は失敗するものです。

だからこそその後の対応で
すべては変わってきます。

そこから学び向上すれば
必ず業績も上がっていきます。

これは意識を変えるだけでは
まだまだ足りないわけですから、

仕事の失敗やミスを
繰り返さない為の

再発防止の仕組み作りを
いかにできるかがポイントです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>