生産性を高める指示の出し方、やる事を絞る、劣後順位の効果


今回のテーマは、

生産性を高める指示の出し方、
やる事を絞る、劣後順位の効果

について紹介します。

人生の時間は限られており、

一日は誰でも24時間
と決まっています。

だからこそなんでもかんでも
全てできるわけではありません。

さまざまな企業で活躍している

優秀なリーダーに共通している事、

それは、

周りへの指示、指導をする際に、

「決して欲張らない」

という事が挙げられます。

シンプルに大事なことに
絞って指示を出せるのです。

人は、一度に数多くの
ことを言われても、

受け止める事ができません。

具体的な行動で、

大体3つが限度です。

理想は一つです。

「メンバーが思うように
動いてくれない」

「キャパシティが狭くて困る」

などと不満に思っている
リーダーがいるなら、

それは、相手のキャパシティ以上
のものを求めている、

その人に問題があります。

何かうまくいかない事があるとき
まず自分自身を振り返りましょう。

生産性を高める指示の出し方と
言うものを知る必要があります。

スポンサーリンク

やる事を絞る事の効果

忙しい現代人、

ただでさえ
情報過多の現代社会、

映画でも本でも
テレビコマーシャルでも、

メッセージが詰め込まれ
すぎているものを見ると、

逆に混乱してしまい、

どんな内容だったのか何一つ
覚えていないと言うことがあります。

印象に残ったり、

人が記憶できるものには限度があり、

もちろん自分自身の
タスク管理もそうですが、

指示を出す側の人間は

それをきちんと理解すべきでしょう。

シンプルにやる事を絞らないと、
周りに呑み込まれてしまいます。

では、伝える側は
どうしたら良いのでしょうか。

一流の人は、

仕事の優先順位を付けて、
生産性を高める事ができています。

大事な事、そうでないことの
価値をしっかり判断します。

そして最も大切なことだけやるのです。

つまりやる事を絞ることで
エネルギーを分散させないのです。

これはリーダーの
立場になったとき部下への
指示の出し方も同じです。

生産性を高める劣後順位の効果

80対20の法則というものがあり、

これはもちろん経験法則であり
厳密な科学法則ではないですが、

大抵の分野において、

「80の生産物は
20の労力から生まれる」

という事が当てはまるそうです。

つまり、

大切なことは20しかない、

そうであれば自分にとって

その20が何かをしっかりと
把握しておくことは重要です。

優先順位を付けやる事を
絞るのは生産性を高める
上で重要ですが、

しかし、自分ではなく

「メンバーがより効率的に
仕事を進めやすくなるのは」

と考えた時、

優先順位よりも
「劣後順位」のほうが

相手には分かりやすいものです。

80:20の法則における、

やらない、やるべきでない
80を明確にすることです。

例えば、

やろうと思っている
業務が10個あった時、

どれを先にやって、

次に何をすべきかと
考えるのが「優先順位」です。

これでは、どんな順番に
並び替えようと、

業務の数自体は変わらず、

大きな時間短縮には
繋がりません。

そこでオススメしたいのが

劣後順位です。

やらない事リスト劣後順位の効果

劣後順位というのは、

重要な2、3個の
業務以外はやらないと
決めてしまう事です。

ToDoリストが優先順位なら
劣後順位はNotToDoリストです。

どれだけ優秀な人物でも
無駄な事をやっている限り
成果は出ないものです。

リーダーの役割としては、

彼らに何が重要で何が無駄か

しっかりと示してあげる事です。

「この実績を求めているので、
これとこれをやってください。

一方、これとこれは
今はやらなくていい事なので、
やる必要はありません。」

と指示するのです。

「やらなくていいこと」

を決めてしまえば、

仕事の進め方が明確になります。

そもそも優先順位を決める事に
時間がかかり、

仕事に追われている人も
多くいます。

仕事が絞られてしまえば、

優先順位を考える
必要はなくなり、

集中力は上がっていくはずです。

やる事を絞る事による
生産性を高める指示の出し方は、

今の時代特に必須の
スキルになってきます。

やる事を絞るために、

優先順位と劣後順位の効果を
しっかりと認識しましょう。

一流のリーダーは
やるべき事を三つまで伝え、

生産性アップを目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>