アドバイスが上手い、人望の厚いリーダーは部下を比較しない

アドバイスが上手い、人望の厚いリーダーは部下を比較しない
今回のテーマは、

アドバイスが上手い、人望の厚い
リーダーは部下を比較しない

について紹介します。

自分が結果を出すことと、
他人が結果を出すこと、

ここで求められる能力は違うようです。

ビジネスの世界では
実力が上がり結果を出すほど、

リーダーとして部下を率いる
立場になるのが通常ですが、

ここの切り替えでつまづく人
も多いです。

「名選手、名監督にあらず」

というのはスポーツの世界
のみならず、

ビジネスの現場でも、

優秀なプレイヤーが
優秀なリーダー、マネージャー
になるとは限りません。

その理由の一つとして、

「自分はできたのに、なぜ、
そんなこともできないのだろう」

と、かつてのデキル自分と

「比較」してしまう事が挙げられます。

もともと要領がよく、素質があって、
感覚的にできてきた人は、

「自分なら簡単にできていたのに」

というもどかしい気持ちが
態度や言葉ににじみ出してしまい、

メンバーは、

「私はあなたほど
優秀じゃありませんし、、」

と卑屈になってしまいます。

比較をしてしまうことは、

自分にとっても相手にとっても
あまり得策とはいえません。

スポンサーリンク

リーダーは部下を比較しない

比較するのは人間の脳の
仕組みでもあるのですが、

ここを意識して調整する力が
リーダーには求められるのです。

一流の人、
人望の厚いリーダーは、

ひとりひとりの違いを
認める重要性を知っています。

自分と比較する事はもちろん、

「彼はこれだけできるのに、
あなたはどうしてできないのか」

とメンバー同士を
比較する事もしません。

適材適所にその人が
輝ける場所や才能を見抜き、

それを伸ばそうとします。

人は、それぞれに強み、
弱みがあり、

能力も目指している
ものも違います。

価値観が多発する
現代のマネジメントの基本は、

違いを認め、ひとりひとり
に合ったアドバイスをして、

成長を促す事、

これが大切なのですから、

比較は無意味などころか
弊害すらもたらすのです。

他人と比較する

という発想を一刻も
早く取り除く事が、

優れたリーダーとして一流に
なる必要条件です。

人望の厚いリーダーの特徴

ポイントは、ほめたり、
叱ったりするときも

「他人との勝ち負け

の基準ではなく、

「他人にはないその人の価値」

また

「その人の以前の姿」

との比較で言葉を選ぶ事です。

人よりいい成績を
出したかから褒めるのではなく、

本人が目標にしていたゴールを
達成したから、褒める、

自分が「やります」と言っていた
事ができないから、叱る、

一人一人の持つ
能力と基準に合わせて
コミュニケーションをすることで、

「自分のことを
理解してくれている」

という信頼感も生まれるのです。

そう言う人望の厚いリーダーの元、

チームメンバーは皆
力を発揮できるのです。

そういう意味ではリーダーの
役割というのは、

外国語と日本語を翻訳する、

翻訳家のような役割が求められます。

アドバイスが上手いリーダー

これはアドバイスをする際にも
意識する必要があります。

ビジネスの現場では、

しばしば、会社のトップから抽象的な
メッセージが投げかけられます。

もちろんこれは致し方ないものです。

一対一のメッセージではなく、
一対多のメッセージですから、

幅広い年齢層、雇用形態、
多様な部署にいる

メンバー全員に対しての
メッセージが抽象的に
なってしまうのは

仕方がないことですが、

一流の人は、その言葉を
上手く翻訳してメンバーに
伝える事ができます。

抽象的な言葉を具体的に
変換して伝えることができます。

例えば、

「信念を持って仕事に取り組もう!」

という曖昧なメッセージでも、

どんな風に言葉を選ぶかで、

伝わり方は大きく変わります。

人望の厚いリーダーは部下を比較しない

相手が大切にしている
考えを知っていれば、

その人の心に響く
言葉で表現でき、

モチベーションを
刺激する事ができます。

しかし、

相手に対する理解が浅いと、

「信念が大切だ」

としか伝えられず、

何ら具体的な行動に
結びつけられません。

「セールスの結果が大切」

と思っている人と

「チームの連帯感が大切」

と思っている人では、

感じ方、考え方、行動が
全て異なってしまうのですから、

こうした言葉をチームで
いかに共有していけるかは、

リーダーの力にかかっています。

ただ他人と比較して
叱責したりアドバイスをすれば、

部下は力を発揮できません。

常日頃から、周りを良く観察し、

理解を深めようと
努力している一流の人は、

上からしたへの翻訳作業が
スムーズにできます。

的確な言葉で分かりやすい
メッセージを伝える力があれば、

アドバイスも上手くでき、
人望の厚いリーダーになります。

周りからの信頼は得やすくなり、

ますます人望の厚い存在に
近づく事ができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>