部下のミスを許す力、他人のミスを叱るよりうまく指摘する方法

部下のミスを許す力、他人のミスを叱るよりうまく指摘する方法
今回のテーマは、

部下のミスを許す力、他人の
ミスを叱るよりうまく指摘する方法

について紹介します。

人生を自己責任で捉えるか
どうかで結果は変わります。

誰もがミスをして失敗を
するわけですが、

何かにつまづいた時、

一流の人は

まず自分自身を振り返ります。

二流の人は、

他人のせいにしたり、
環境のせいにします。

リーダの立場になったときも

「自分はちゃんとやっているのに、
あのメンバーのせいで…」

と常に他人の責任にする人がいます。

マネジメントをする側が

「悪いのは部下のせいだ」

と思っていると、

状況は一向に改善しません。

私たちも真のリーダーとして、
他人を引っ張っていく上で、

自分の責任感を高くし
他人のミスを許す力を身につけ、

まずは自分が作ったシステムを
しっかりと改善、向上させる、

部下やチームメンバーにも
失敗から学ぶようにうまく指摘しながら

状況を改善していく方法を
身につけていかなければなりません。

スポンサーリンク

他人のミスを叱る人、叱らない人

なぜミスを叱ってはいけないか、

感情的な争いは
収集がつかなくなる、

人格や個人を攻撃しがち、

など色々とありますが、

たいていの失敗の原因は

「リーダーの指示の仕方、教え方」

にある事がほとんどだからです。

つまり、自分のせいなのです。

「ちゃんと指示を出したのに、
仕事が遅い!」

という場合は、

教えるスピードが早すぎて、

処理できなかったのかもしれません。

また、自分が求めていたものと違う
アウトプットが出てきた場合は、

説明が曖昧で、

メンバーがキチンと理解できるよう
伝えられていなかったのかもしれません。

相手が悪いと決めつける前に、

自分の言動を振り返り、

どこのスキルが足りなかったのか
を考え、受け入れる事です。

そして的確な指摘をしながら
改善を加える事です。

メンバーから慕われる一流の人は、

ミスや失敗を認めて改める、
人としての器が大きいのです。

他人のミスを叱るよりうまく指摘する

ここで、

失敗に寛大になって見逃せる
優しいリーダーになりなさい、

と言っているわけではありません。

ただ指摘の仕方も工夫の
余地は大いにあるのです。

一流の人は、

人の心をつかむ
力に優れています。

そしてそれは、

部下やメンバーがミスをした
ときの対応によく現れます。

相手の表情や言動から、

相手が何を考えているかを
よく観察している一流の人は、

本人が気づいている
ミスをわざわざ指摘するような
ことはしないのです。

しかし、相手の気持ちを
配慮できない二流の人は、

本人が自分のミスに気づき、

反省をしている様子を
キャッチできません。

相手が自分なりに
改善策を練っているときに、

わざわざ

「ここが間違っている」

などとミスを指摘してしまうのです。

すると、相手は

「言われなくても分かっている!」

「今からやろうと思っていたのに」

という気持ちになり、

メンバーの心は離れて
いってしまいます。

こうした部分は子育てと
似ているかもしれません。

子供の成長を促すためには、

親が一方的に叱りつけるのでなく、

本人の気づきを重視しなければ
いけないはずです。

賢い親は子供が自主性を持ち、

本人で学び成長できる
ような環境を作れます。

仕事が出来る人になる為には、

同じように上手く指摘する方法を
学ぶ必要性があるのです。

部下のミスを許す力

また、一流の人は
許す力にも長けています。

一度の失敗は誰にでもあります。

新しい事にチャレンジしたときは、

なおさらミスはつきものですし、

人は失敗を踏まえて
成長していくものです。

自分もこれまでたくさんの
ミスや失敗から学んできたはずです。

そこから何を学ぶかが問題です。

一回目のミスを怒ってばかりでは、

相手の新しい挑戦への
意欲を削いでしまい、

失敗しないようにと
保身に走って、

仕事を進めるようになってしまいます。

これは生産性を落とす
大きな原因となるのです。

一流の人は、

一回目のミスは叱らず、

「次の成功に繋げる為
にはどうすれば良いか」

という視点で指摘します。

その際、

「いつもボケッとして
いるからできないんだ」

など、なにを直せば改善できる
のかが分からないような

抽象的な叱り方をしては逆効果です。

「次は今より10分早く
準備を始めてみてはどうか」

など、具体的な行動に
繋がるアドバイスが効果的です。

常に相手の為と言う
視点で対応できる事が必要なのです。

部下のミスを許す力を持ち、

部下やメンバーののミスを
叱るのではなく、

うまく指摘する方法を
身につけていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>