ポジティブな言葉を使う人、ネガティブな言葉を使う人の特徴

ポジティブな言葉を使う人、ネガティブな言葉を使う人の特徴
今回のテーマは、

ポジティブな言葉を使う人、
ネガティブな言葉を使う人の特徴

について紹介します。

結果の前には行動があり、
行動の前には言葉があります。

そう考えると言葉から
全てはスタートするのですから、

他人に投げかける言葉も
自分自身にからる言葉も

どちらも大切にすべきです。

普段、何気なく
使っている言葉は、

知らず知らずのうちに、

自分の行動を限定したり、

相手に与える印象を
左右するものです。

それは良い方にも悪い方にも
どちらにも作用するのです。

例えば、

何か新しい提案や
挑戦の話しを投げかけられた時、

あなたはどんな言葉を
使って対応しますか?

開口一番

「おもしろそうなアイデアですね!」

と言う人と

「なかなかリスクが大きいですね」

と言う人とでは、

まったく印象が違いますし、

思考パターン、行動パターンも

大きく異なるはずです。

最初にポジティブな
意見を言える人は、

何に対しても、

まず「いい面」に目を
向ける思考癖があり、

新しい挑戦に積極的に
向かう力があります。

スポンサーリンク

ネガティブな言葉を使う人の特徴

一方で、ネガティブな
言葉が出てくる人は、

「悪い面」から先に
考えてしまう人です。

新しい事を始めようとする時、

リスクを先に考えてしまう為、

保守的に走りがちです。

もちろんリスクを避けるという
考え方も大切ですが、

チャレンジもなしに
成功は掴めないわけです。

一流の人は、

好奇心が旺盛で、

物事のプラス部分を
捉える力に優れています。

それは、彼らの
使う言葉の特徴にも現れています。

【話し工夫1】

何かをしてもらったときや
褒められたときには、

「すみません」ではなく、

素直に「ありがとうございます」
と言う。

謝罪の言葉を使って
恐縮するよりも

感謝の言葉を使う方が
明るい印象を与え、

相手の好意を受け止める事で、

自身が生まれ自己肯定感が
高まります。

【話す工夫2】

相づちのように「でも、、」
という事をしない。

特に意識せずに
使っていても

「でも」という言葉は
相手の言うことを否定し、

マイナス面に目を向ける
入り口となるフレーズです。

言葉くらいで何も変わらない…

そう思う人がいるかもしれませんが、

一日頭の中で自分がどれくらい
ネガティブな発言をするか、

それが積み重なりどれくらい
大きな影響しているか

冷静に考えるとわかってきます。

ポジティブな言葉を使う人の特徴

こうした言葉が癖になると、

物事のプラス面を
キャッチする力が育たず、

ネガティブ思考に
繋がってしまうのです。

人の思考パターンには、

育ってきた環境、性格
何ど様々な要因がありますので、

すぐに変えるのは
難しいかもしれません。

しかし、使う言葉を変える事は、

意識をすれば比較的
すぐできるものです。

そして、それは実際には
人生に強く影響をします。

まずはシンプルに以下のこと
だけ意識してみましょう。

「すみません」ではなく
「ありがとう」

「でも」ではなく
「それは○○ですね」

とポジティブな部分を
取り上げるのです。

この二つを心がけるだけでも、

コミュニケーションは
スムーズで明るく楽しいものに
なるはずなのです。

自分自身の行動も変わるでしょうし、
自信もついてくるでしょう。

ポジティブな言葉を使う人は、

自分にも他人にも良い影響を
与えるものです。

言葉遣いを変えて人生を変える

普段から、人は意識せずに
自分に質問を投げかけています。

「なぜ、うまくいかないんだろう」
「どこがダメだったんだろう」

など、日々、
自問だらけですが、

この「自分に対する質問」
をポジティブなものにする事も、

思考パターンを変える
一つの方法です。

嘆いてばかりでは、

マイナスな理由ばかりを
考えてしまい、

明るい未来の事を
考えられません。

しかし、

「これからどうするべきか」

と自問すれば、

先の事に取り組もう
という気持ちが生まれます。

今一度、自分への質問を考え
直してみてはいかがでしょうか。

ネガティブな言葉が
ネガティブな行動に移し、
ネガティブな結果を生む、

ポジティブな言葉が
ポジティブな行動に移し、
ポジティブな結果を生む、

それを変えるのです。

ポジティブな言葉を使う人、
ネガティブな言葉を使う人、

些細な違いに感じるかも
しれませんが、

実際には人生を変える程
大きなインパクトがあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>