出来る人は会食も出社時間も早い、早朝時間の仕事を大切にする


今回のテーマは、

出来る人は会食も出社時間も早い、
早朝時間の仕事を大切にする

について紹介します。

ライバルに差をつけて、
自分を磨くためには、

時間の使い方が上手く
ならないといけません。

一流の人が一流たるゆえんは、

自分のタイムマネージメントが
しっかりしている事にあります。

一流の人と
会食に行くと、

スタート時間が
早い事に気づきます。

基本的には18時スタートです。

遅くても19時です。

そして、たいてい21時、
22時には帰路についています。

20時スタートでも

「ちょっと仕事が立て込んで…」

と遅れる社会人は
いっぱいいますが、

もちろん、一流の人は

遅刻をする事はなく
仕事に遅れる事はありません。

スポンサーリンク

出来る人の会食時間が早いのはなぜ?

それは、

彼らの多くが早朝型の
仕事スタイルで働いており、

翌日の仕事の
パフォーマンスを上げる為に、

早く寝る必要があるからです。

睡眠を削って時間を延ばして、
非効率な体の状態で仕事をするより、

たっぷり睡眠をとり、

短期間に一気に大切な仕事を
終わらせることを選択します。

さらに仕事が出来る人は、

いつもゴールから逆算して
スケジュールを組み立てます。

朝から積み上げていって
一日を過ごすと

「18時には到底終わらない!」

ことになりますが、

一流の人は18時の
会食に合わせて、

仕事のスタート時間を決めます。

夜は貴重な人材交流の場であり、

仕事の可能性を広げる
チャンスの場です。

その時間の大切さを
知っている一流の人は、

普通の人が仕事を始める
数時間前から稼働し、

一日を効率的に
使っているのです。

時間を大切にする、、

もちろん自分の効率のためでもあり、

相手の時間を奪わない、
無駄にしない配慮もあります。

そういう意味では気の緩みから
遅刻するというのはNGです。

出来る人は出社時間も早い

朝の1時間はゴールデンタイム
などと呼ばれ、

夕方以降の時間よりも
何倍も価値が高いと言われますが、

実際に、朝7時、7時半に
仕事を始めてみると、

その効率の良さに驚きます。

まず、会社にいても
電話がかかってこないので、

仕事が中断させられる
事がありません。

メールも、朝なら今ある
以上に増えないので、

溜ったものを一気に
処理できます。

なにより、朝は頭が冴えていて、

処理スピードが速いので、

昼間や夜に頭をぼんやりさせながら
時間をかけて終える仕事も、

さくさくと進める事ができます。

気力、体力、知力が一番回復した状態、

集中力が最もある状態だからです。

早朝時間の仕事を大切にする人は
成果を自ずとあげられます。

誰もいないオフィスで、

物音がしない中、

人より早く仕事を始めるのは
気持ちいいものです。

朝に最も大切な仕事を終わらせてしまう、

すると一日を余裕を持って
取り組むことができるのです。

出来る人は朝に重要な事を終わらせる

成功者ほど朝型人間が多い、

これは興味深い特徴です。

仕事が出来る人ほど、

早朝型スタイルに
なっているのは、

必然だと言えるでしょう。

どう考えてもメリットが
多いからです。

優秀な人が、どのような
スケジュールで仕事を
進めているのかを知るだけでも、

早朝から仕事をする
メリットは十分にあるでしょう。

また、一流の人は、

会食で出会った人や、
ごちそうしてもらった人に、

必ずお礼メールを送ります。

面談や人脈を使った紹介、
贈り物やプレゼント等、

すべてのことにおいて、
お礼は欠かさずに送ります。

そして経営者や役員など、

多忙で立場的に偉い人ほど、

翌日の早朝には
メールが送られているのです。

出来る人は早朝時間の仕事を大切にする

仕事が出来る人は、

簡単にできる事はすぐ行い、

絶対に後回しにしない事を
徹底しています。

朝7時台に送るのは、

他の社員が出社してくる
8~9時になれば、

会議や打ち合わせで
あっという間に

時間がなくなってしまうからです。

自分の時間が取れる間に、

できる仕事は即済ませるという
習慣が身に付いているのでしょう。

誰もが時間は足りません。

一流になればなるほど
忙しくなるものです。

しかし彼らは「時間がない」
などと言い訳せず、

自由時間が少ないからこそ、

時間管理をしっかり行い、

隙のない仕事が出来る
セルフマネジメント力に
長けているのです。

とにかく出来る人ほど
会食でも出社時間でも
なんでも早いものです。

私たちも彼らを見習い、

まずは10分からでもいいので、

早朝時間の仕事を大切にする
ことから始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>