仕事が出来る人のタスクの優先順位の付け方の基準と価値観


今回のテーマは、

仕事が出来る人のタスクの
優先順位の付け方の基準と価値観

について紹介します。

私たちは誰しも限られた
時間の中に生きています。

そしてその中では仕事だけでなく、

プライベートの時間、
家族との時間、
趣味の時間、
勉強の時間など、

色々とやらないといけない
ことがあるわけです。

同じ1日24時間の中で
成果を出せる人と出せない人の
差が生まれるのはなぜでしょう?

仕事というのは出来る人の
所に集中する傾向があります。

優秀であればある程忙しくなり、

効率的に仕事を
進められなければ、

一気にパンクしてしまいます。

それでも、一流の人には隙がなく、

毎日の仕事やタスクをキチンと
マネジメントできているのは、

優先順位の基準や価値観を
しっかり持ち、

短い時間で取捨選択が
できているからです。

大切なことだけにタスクを絞り、

他のことはカットする
決断力があります。

多忙なビジネスシーンでは、

「緊急かつ重要」な案件から
取りかからなくてはいけませんが、

「緊急」にばかり
とられていると、

日々飛び込んでくる仕事に
忙殺されて、

将来的に重要な仕事に
いつまでたっても

手がつけられなく
なってしまいます。

そこで自分のやるタスクには
全て順位をつけ、

高いものから順番にやる、、

というわけです。

要はその基準です。

ここでは仕事が出来る人の
タスクの優先順位の付け方
について考えてみましょう。

スポンサーリンク

優先順位の付け方の基準と価値観

優先順位を付けると言っても
闇雲に付ければ良いのではなく、

そこには基準や価値観が
なくては行けません。

そこで成果を出す為に大切なのは
以下の三つの観点になります。

1.

それは自分しかできないことか?

2.

それは過去の成功にとらわれていないか?

3.

それは変革をもたらすものか?

まずステップ1として、

「その仕事は自分しか
できない内容か」

を判断し、

自分より得意な周囲の人がいて
その力を借りられる仕事であれば、

思い切って頼ってしまいましょう。

あるいは自分以外でもできるなら、

お金を払って誰かに
やってもらうのも良いでしょう。

お金で時間を直接
買うことはできませんが、

他人の力を買うことで間接的に
時間を買うことができます。

こうしてできた時間で
自分しかできないことをする、

そして、自分にしかできない
仕事に時間をかけられるよう、

仕事のタスクのスケジュールを
調整していくのです。

逆に、その仕事の
優先順位を下げてしまうと、

業務が停滞し、結果として
周りに迷惑をかける事になります。

優先順位と取捨選択の基準

優先順位の付け方として、

次に大切なのは、
捨てる勇気です。

家の中も見回して見ると、

気づいたら物で溢れかえって
いることがあるでしょう。

無意識にしていれば、

使わないもの実は要らないもの
もついつい溜まっていく一方で、

それが部屋を圧迫したり、
余計なストレスになったりします。

だからこそ定期的に大掃除をして
スッキリさせなければいけません。

同じように仕事のタスクも

気がついたら余計な仕事が
増えていたりします。

例えば、

何となく手放せないで、

過去から慣習として続いている
仕事があったら

「過去に成果を上げたとしても、

これからの将来に向けて
本当に必要な仕事だろうか」

と考えてみる事が大切です。

ビジネスの世界では、

5年前に重要だった仕事が、

今も成果を上げている
とは限りません。

目的に照らしてみて、

もし

「過去の成功体験にとらわれて
漠然と仕事を続けている」

のだとしたら、

さっさとその仕事は辞めるべきです。

たとえ利益が少し出ていても、

次に進む足かせになっているなら、
思い切って捨てる勇気も必要です。

これまでの価値観や
仕事の基準にとらわれすぎても
上手くは行かないものです。

仕事が出来る人の基準と価値観

そして、この考え方は
次のステップにおいても、

繋がってくるわけですが、

仕事の重要性を見極めるときには、

それが目的実現に向けて、

「新たな価値観、変革を
もたらすものか?」

という基準を持つ事も大切です。

失敗を恐れると、

つい

「過去に前例があるもの」
「無難なもの」

を選びがちですが、

真に優秀な人は、
周りの反応や状況に流されず、

革新的な仕事を
選んでいくものです。

捨てる勇気を持ち、

中リターンと高リターンで、
どちらかにしか投資できない、

当然高リターンを選ぶべきです。

そして、高いリターンをもたらすのは、

過去ではなく未来なのです。

こうして選択と集中を高めて
いく事が、一流への近道なのです。

仕事が出来る人の優先順位の付け方

成果をあげる為には
集中が大切です。

以下の優先順位の付け方を
まずは参考にしてください。

ステップ1.

自分しかできない仕事をする

周りの力を使ってできる仕事、

自分がやらなくても良い仕事は
思い切って周りに振る

やらないといけない仕事
以外はしない、と割り切る

ステップ2.

過去の成功にとらわれず未来を選ぶ

仕事は過去に成果を上げたものではなく、

これからの環境や顧客ニーズに
あった仕事を選び、

やり方を変える

ステップ3.

変革をもたらすものに照準を当てる

周りの反応や状況に流されて

「過去に前例があるもの」
「無難なもの」

を選ぶのではなく、

「新たな何かを生み出すもの」

を選ぶ

同じ1時間を使うのであれば、

そのリターンが高いほど、
良いわけです。

このステップを踏み、優先すべき
次のタスクや仕事を選べば、

成果もあげられるでしょう。

仕事が出来る人のタスクの
優先順位の付け方の基準と価値観

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>