メールの返信が早い人、遅い人の特徴、即レスが好意を持たれる


今回のテーマは、

メールの返信が早い人、遅い人の
特徴、即レスが好意を持たれる

について紹介します。

テクノロジーの進歩は私たちの
仕事のスタイルを大きく変えます。

以前であれば会社の固定電話に
電話をかけるのが普通でした。

それから携帯電話が普及し、

今やスマホというわけです。

Eメールが普及した当初は

「仕事でメールのやり取りなんて
非常識で無礼だ!」

という人も多かったですが、

今や使うのも当たり前です。

しかし、だからこそ、

マナーをわきまえておくことが
大事になったりするのです。

仕事で様々な人と
メールのやり取りをするなかで、

出来る人ほどメールの
レスポンスが早い、

と感じた事はありませんか。

超多忙な人のはずなのになぜ?

と思う程、どんな
メールでも早くて数時間以内、

遅くても24時間以内には
必ず的確な返信をしてくるものです。

一流の人は、

忙しいからこそ、

日々限られた時間内に思考をまとめ、

物事のポイントを絞り、

決断する訓練を積んでいます。

小さな案件でも
後回しにはせず、

常に決断を下しながら、

膨大な仕事をこなしているので、

メールの返信一つにも
その習慣が現れるのでしょう。

メールの返信が遅い人のデメリット

仕事があまりできない人は、

メールの返信に数日かかります。

また無意味に結論を引き延ばし、

状況を保留にするような
特徴があります。

即レスがなかなかできないのは
なぜでしょう。

タイピングが遅い?
電波が悪い?

…そんなことではないはずです。

結局は決断力なのです。

一流の仕事が出来る人は、

返信の内容においても、

「後ほどご連絡します」
「少し考えさせてください」

など無意味に引き伸ばす
ような事は書かず、

何らかの解決方法を
提示して即決断で

物事を一歩前に進めていきます。

例えば、

イエスかノーかを
決められる内容であれば、

どちらかに決め、

その理由を説明します。

イエス、ノーで決められない
内容であれば、

どうするべきかを明記し、

状況を保留にする
ことはありません。

メールの返信が早い人の特徴

これは、彼らが日頃から考えや
判断基準を明確にしているからです。

そして、課題をクリアに
していこうという意識が高いため

必ず意味のあるメッセージを
返そうとするのです。

こうした習慣が身に付くのは、

有能な一流の人には
仕事が多く舞い込み、

責任あるポジションが
与えられるからです。

すべき事がたくさんある中で
的確な指示を出さなければ
いけないとなると、

スピードが仕事の段取りを
決める肝となっていき、

効率がますます上がる
という好循環ができていくのです。

それがメールでも即レスに
繋がるというわけです。

即レスが好意を持たれる

メールの返信は、

対応が早いだけで
評価がグッと高まるものです。

些細な案件でも、

即レスすると、

「早いですね!」
「迅速な対応ありがとうございます。」

と良い印象を持たれ、

仕事が早い人、出来る人の
印象が一気に強まります。

これは恋愛や友情でも同じでしょう。

返信が早い人ほど
誠実な印象を与えるはずです。

日々受け取るメールは、

数分かければ返信
できるものが大半ですし、

後でやろうと思っても、

他の仕事に忙殺され、
すっかり忘れてしまう事もあります。

だからこそメールの返信が
遅い人になってしまうのです。

よほど緊急の仕事がない限り、

「読んだ瞬間に返信する」

事を心がけると良いでしょう。

相手からの好意を得られるはずです。

メールの返信を遅くするケース

どうしても対応できないときは、

返信ボタンを押して、

返信モードにしておくのが
お勧めです。

こうしておけば、

空き時間ができればすぐ
メールを作成でき、

忘れることも防げます。

ただし例外として、即レスを
しないほうがいい場面もあります。

感情が高ぶったときに
書くメールは、

一晩寝かして送るのが
鉄則でしょう。

メールは相手の表情が見えず、

その場でのフォローが
できないので、

一度関係がこじれると誤解を解く
のに時間がかかってしまいます。

感情は文章にも影響します。

翌日、落ち着いてから読み直し、

問題がないと思えてから
送信するようにしましょう。

「少し客観性を欠いているかな」

と自分を冷静に見つめる力を養い、

感情的なメールは
発信しないのが、

スマートな一流のやり方です。

とは言え、メールの返信が
早い人は遅い人より圧倒的に得です。

プライベートでのメールの
やり取りにどうこう言うつもりは
全くありませんが、

仕事では気遣いがやはり大切です。

常に仕事での即レスを
心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>