資産運用のステージと投資は一歩ずつステップアップが大切

資産運用のステージと投資は一歩ずつステップアップが大切
今回のテーマは、

資産運用のステージと投資は
一歩ずつステップアップが大切

について紹介します。

投資で成功する道は
決して難しくありません。

シンプルなことをただ確実に
積み重ねていけばいいだけです。

…が、大抵の場合それが
一番難しかったりします。

だからまずは一歩ずつ確実に、

知識をつけていきましょう。

それでは前回紹介した

株、債券、不動産、商品、為替

という5つの金融商品の種類のうち、

どこに投資をして行けば
良いのでしょうか?

具体的な投資手法については、

様々な著書や勉強会
などで学ぶことができますが、

そもそも実際に私たちはまず
どこに投資すれば良いのか?

と悩んでしまいます。

実はこの答えには、
共通の正解というのはないのです。

タイミングによっても異なり、

さらには人によっても
異なるものなのです。

スポンサーリンク

投資は一歩ずつステップアップ

世界中の経済の天候は
日々刻々と変化しています。

今日は株の島の天気が良くても、
来月は分かりません。

不動産などは動きが
比較的ゆっくりしているのですが、

今日、不動産の天気が良くても、

来年に天気が良いか
どうかは分かりません。

さらにはあなた自身の
知識のレベルによっても違いますし、

かけられる資金の量にも違います。

そこで、資産運用をする際には、

4つのステージに分けて
考える必要があります。

これが誰にとっても当てはまる
正解というわけではないですが、

確実に成果を上げられる
王道のような道はあります。

まずは自分がどのステージに
立っているかを知り、

そのステージにあった
運用をすると、

リスクを減らした運用が
できるようになるのです。

一歩ずつステージをあげ
ステップアップが大切なのです。

資産運用のステージの1歩目

ステージ1.

「まずは自分に投資する」

何よりもまずは自分自身に
投資をすることから始めましょう。

お金や投資、さらには
経済に至るまで、

まったく無知の人が
資産運用をする事ほど、

リスクの高いものはありません。

前にも紹介したF1レーサーの
話しでもお分かりいただけるように、

運転免許を取る資格
すらない少年が、

高速道路で200kmの速度で走ろう
としているようなものです。

多くの人はまだどこかの
市場に投資をするスタートにも
立っていない状態なわけです。

車の運転でも、まずは練習として
自動車教習所に通うように、

将来の自分を支えるお金を
扱う為のスキルを身につける為には、

まずはお金のコントロール
方法を学ぶ必要があります。

このステップを飛ばして
いきなり道に出て事故する、、

そんな投資家もたくさんいます。

無知のまま大金を使い、
取り返しのつかない損失を
生み出すケースもあるからです。

車の運転なら、

急に一般道路に出て走る
のは誰でも怖いです。

でも車の運転なら怖がる人でも、

資産運用では教習所にも
通わずいきなり投資の世界に
飛び込む人が多いのです。

まずはお金と向き合い、
お金を正しく扱えるようになり、

そして経済の知識を付け、

お金の教養を高めた
後に初めて資産運用をする事で、

投資によるリスクが
減って行くのです。

まずはステージ1.が肝心です。

まずはステップアップのためにも
土台が大切なのです。

得意な事をやるのが資産運用の秘訣

ステージ2.
「得意分野を見つける」

野球の上手なイチロー選手が

サッカーの世界でプロには
なれないように、

資産運用の世界でも自分の
得意な分野を探す必要があります。

世界一の投資家である
ウォーレンバフェットさんは、

得意分野である株に投資をしたから、

世界一の投資家になれたのです。

他にもジョージ・ソロスなら通貨、
ジム・ロジャースなら商品など、

あれこれ手を出せば
何も得意分野とはなりません。

仕事の世界でも、

営業は向いているが、
経理は向いていないなど、

私たち自身の得意な分野、
不得意な分野というものが
必ずあります。

例えば、株式投資が良いと
言って株を買ってみたものの、

日々の値動きが気になって
夜も眠れないような人は
株式投資には向いていないでしょうし、

世界経済がまったく
分からない人が

ドルなどの外貨を買って
為替取引をやっても、

決してうまくいかないでしょう。

小額で資産運用のステージ2に入る

でもいきなり自分には
何が向いているかなどは、

見当もつかないと思います。

そこである程度の知識を得たら、

まずは自分のお金を
ほんの少しでも、

実際に運用してみましょう。

経験を通じて自分を知っていく
作業です。

幸運なことに今の時代であれば、

パソコンを通じて世界中の
あらゆる金融商品にアクセスでき、

大抵の場合は少額から投資を
スタートすることもできます。

1万円で買える投資信託
買ってもいいですし、

5万円で会社の株を
買ってもいいでしょう。

1万円で為替取引(FX
をやってみて、

世界経済を実際に肌で
感じてみる事も良いでしょう。

どんなに小さい額でも、

自分のお金を実際にリスクに
さらすことで、

経済にも興味を持ちますし、

お金の流れや世界の天気に
ついて真剣に考えるようになります。

そして新聞を読んだり、
さらに勉強をしたりと、

より知識が身に付いて行くものです。

まずは小さく始めてみて、
ステップアップを図りましょう

その中で、自分に向いている
投資方法を探して行くと
良いでしょう。

資産運用の一点集中の極意

ステージ3.

「得意な所に集中投資をする」

生まれつき多額の資産を
持っている人ではなく、

何もない所から将来安心できる
資産を築きたいと思っている私たちは、

得意な分野を探して、

そこに集中投資する事で、
資産をより増やす事ができます。

このステップまでくれば
立派な投資家と呼べるでしょう。

例えば、

ステージ2.で色々な
投資を試してみて、

株が好きで得意だ
という事が分かれば、

株に集中投資する事を決めます。

そして株の中でも食品に
関する知識があり、

好きならば、

食品セクター(部門)に
集中すると決めます。

こうやって自分の
得意分野を狭めていけば、

それだけ「狭く、深く」
勉強する事が可能になります。

業界の人間でも知らないような
専門知識もたくさん身に付くでしょうし、

専門家になればなるほど、

一つの情報から
正確な判断もできるようになります。

ただ大抵の場合、欲をかきすぎ
ステージ1や2の段階で、

集中してしまうのです。

これが失敗する原因です。

このステージで確固たる
自分の手法を身につけてから、

集中投資をすべきなのです。

世界一の投資家の投資手法

よく

「集中投資は
リスクが大きすぎる」

という話しを耳にしますが、

それはしっかりと勉強をせずに、

知らない分野に集中投資を
した場合の話しなのです。

世界一の投資家である
ウォーレン・バフェットさんは

「分散投資は自分が何をやって
いるか分かっていない人の為のもの」

と言っていますが、

知識のない分野に
分散投資するよりも、

自分の得意分野を探して、

その分野では誰にも
負けないという知識を持つ方が、

リスクが小さくなるのです。

例えば、10%リターンを
生み出せるとしたら、

100万円投資した場合、
110万円になりますが、

同じ対象に
1億円投資した場合、
1億1000万になるのです。

全く同じ労力で投資額が
大きくなるだけで、

スケールメリットがあるのが
この世界の特徴です。

ですから「これぞ」という
分野に集中投資できる人こそが、

この世界で大きな成功を掴めるのです。

分散投資で巨万の富を得た
投資家というのはいません。

とはいえ、

彼らも一歩ずつステップに
上ってきたのです。

土台をしっかり身につけたからこそ、
できるプロの技です。

そして最後のステージです。

分散投資の資産運用のステージ

ステージ4.

「資産を分散する」

資産運用の成果を出せるようになり、

ある程度資産が増えてきたら、

逆に今度は、

今度は一つの分野だけに
投資している事の

リスクが高まってきます。

もともと100万円で
集中投資を始めた場合、

借り入れや信用取り引きをしなければ、

失うお金は最大100万円です。

最大のリスク100万円に対して、

得意な分野で資産を増やした
場合のリターンの可能性は無限大です。

1000万円に
なるかもしれませんし、

1億円になるかもしれません。

私たちが将来必要とする
額の資産を持つようになってきたら、

集中投資をし続けるのは
リスクが高まります。

得意分野に置いて
資産が増える可能性もありますが、

一方でせっかく増えた資産が
なくなる可能性もあるのです。

100万円で集中投資しても、

最大でなくなるお金は、
100万円ですので

やり直しはききますが、

1億円を集中投資すれば
1億円を失う事にもなりかねません。

そこまでのリスクを背負って
資産を増やそうという人以外は、

ある程度増えたら、

その時点で資産を
分散させた方が良いでしょう。

資産運用はステップアップが大切

今度は安定的な分野に投資し、
守りを固めるわけです。

得意な分野には半分の
資産を残し運用しながら、

もう一つの得意分野を探すのです。

これでリスクヘッジできます。

本当に強い資産の足場を
固めることができるわけです。

そしてこれこそが真の資産家
と呼ばれる人たちがやる手法です。

彼らは運用資産が大きくなり、

増やすことより守ることに
意識が切り替わっています。

私たちも自分の投資が
安定してきたならば、

次の分野に行くことを考えましょう。

もちろんこれはまたステージ1.
からのスタートとなりますが、

株の別のセクターを
探しても良いですし、

不動産の島を見てみる
のもいいかもしれません。

もうその頃には、

経済や金融の知識も
ついてきていて、

たくさんの事を短期間で
吸収できるようになっているので、

早くステージを上がっていく
事ができると思います。

この4つのステージで

自分自身がどこにいるかを見極め、

そこにあった資産運用方法を
見つけていきましょう。

そして一歩ずつステップアップ
をしていくのが王道なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>