生命保険は必要か不要か?保険と不安の理由と確率の考え方


今回のテーマは、

生命保険は必要か不要か?
保険と不安の理由と確率の考え方

について紹介します。

ファイナンシャルリテラシー
を考える上で、

保険についての考え方は外せません。

ただ、

多くの人があまり深く
保険と付き合っています。

生命保険に加入する際、

自分の身に何かあったときに
必要な額の予測をした
事はありますか?

特に結婚したり
子供が生まれたりすると、

一家の大黒柱である
男性は高額の生命保険に
加入する事が多くなります。

5000万円を超える
生命保険に加入ている人も、

決して少なくないでしょう。

でも、実際に一家の
大黒柱が亡くなった際に
5000万円も必要でしょうか?

家族には苦労をかけたくない、

という人も多いでしょう。

もちろんその考え方には共感します。

でも5000万円もの
保険に加入するために、

毎月かける保険料が増え、

普段の生活費を切り詰めて
生活する事の方が、

実は苦労している
ということもあるのです。

スポンサーリンク

生命保険と不安の理由の根拠

では、

どうしてみなそれほど

高額な生命保険に
加入するのでしょうか?

住宅ローンが心配
なのでしょうか?

残された家族の生活が
心配なのでしょうか?

それとも、なにか
見えない不安からでしょうか?

不安の原因は見えないからです。

可視化することで解決する
不安はたくさんあるのです。

まず、住宅ローンの
不安について見てみましょう。

私たちが住宅ローンを組む際に、

ほぼ自動的に

「団体信用生命保険(団信)」

という保険に加入させられます。

この保険は、

住宅ローンを借りている
契約者が死亡した場合には

保険金によってローン残高が
全額返済される、

という保険です。

ですから、住宅ローンを組んで、

団信に入っていれば

「自分がいなくなったら
住宅ローンが払えなくなる」

と心配する必要はありません。

さらには、家賃を払わず、

今のマイホームに住み
続ける事ができるので、

家賃がかからない分、

大分経済的に楽な生活が
出来るはずです。

生命保険がなくても家族は大丈夫

続いて、残された
家族の生活費ですが、

これも5000万円を
超えるような金額が必要かどうか、

もっと冷静に考える
べきではないかと思います。

少なくともマイホームを
持っていれば、

団信によって住宅ローンは、

全額返済され住居費は
ゼロになります。

住む所がタダであれば、

贅沢をしなければ
月に15万~20万円もあれば
十分に生活して行けるでしょう。

また、会社員だった
夫が亡くなった場合には、

遺族年金が月に約15万円
支給されます。

(夫の年収500万円、
母一人、未成年の子二人の場合。
2013年のケース)

そして仮にお母さんが
働く事が難しく、

母子家庭として生活保護
を受けると、

およそ月額13~16万円
程度支給されるということです。

さらに今の日本であれば、

フルタイムのパートでなくても、

月10万円程度を稼ぐのは
それほど大変ではありません。

手に職があったり、スキルが
あるならなおさらです。

以上の事から考えても、

家があって月10万円以上の
収入がある状態であれば、

基本的には、

「残された家族が路頭に迷う」

というような確率は
限りなく低いのです。

だから生命保険が必要で
保険があれば不安はない

というのもおかしな
論理という事も分かります。

(もちろんケースによって
細かい事情は異なりますから、

詳しくは市町村へ
確認してください。)

そしてもちろんこれは
あくまでも考え方ですから、

絶対的なアドバイスではなく
一つの参考にして欲しいのですが、

私の知り合いの資産家は、

もし自分が死んだとして

残された家族にとって、

もっとも不安なのは、

経済的な知恵のない状態で、
大金が入ることだ、

と言っていました。

生命保険と確率の考え方

確かにその通りです。

宝くじの高額当選者が
急激に不幸になるように、

無知の状態で大金が入れば、、、

それこそ家族は騙されたり、
散財してしまったり、

それこそ路頭に迷いかねません。

そういう意味では保険金が
入ること自体が問題なのです。

そもそも生命保険で、

「お金が入れば安心」

という考え方のロジック自体、

万人に通用するわけではないのです。

そしてもう一つ重要なのが、
確率の問題です。

例えば30歳の健康な男性が、

向こう10年間のうちに
命を落とす確率はどれくらい
あるのでしょうか。

厚生労働省が5年おきに
発表している

「完全生命表」(2005年)

を参考に考えてみましょう。

まず、30歳男性の生存数は
10万人中9万8636人、

一方で、40歳男性の生存数は
10万人中9万7676人、

10年間の間に命を落とす人は、

10万人中960人、

つまり、30歳男性が
今後10年で死亡する確率は、

0.0096

つまり0.96%

という事になります。

1%にも満たない数字です。

つまり0.96%の
死亡する確率のため、

高額な保険料を支払っているのです。

確率で考えれば必ずしも保険が
必要な理由は見つかりません。

生命保険は必要か不要か?

保険というのはまさしく
宝くじのような仕組みです。

多くの人からお金を集め、
少数に配当する、

宝くじに当たった人は
ラッキーなわけですが、

保険料が入る人は
アンラッキーということ、

そう考えれば、

闇雲に何も考えず
保険に入り続けることが、

得策とは言えなくなります。

例えば、

某保険会社で、

30歳の男性が5000万円の
保険契約をした場合、

毎月2万円、年間24万円

の保険料を支払う
必要があります。

40歳までに死亡する
確率0.96%に対して、

10年間で240万円もの
保険料を支払っているのが現状です。

それよりも

毎月そのお金を貯蓄したり、
資産運用で増やした方が、

安定した生活が
送れるのではないでしょうか。

仮に年利5%で複利
運用した場合、

10年後には306万円
にまで増えています。

8%で運用すれば
375万円となり、

さらに資産は増えているのです。

これは年数が
長ければ長いほど、

大きな差が出てきます。

30年間で見ると、

毎月2万円ずつを
年利5%で資産運用した場合、

1637万円にも
なっているのです。

こう考えれば

生命保険が必要である

というのは理にはかなっていません。

もっと言えば、

残された家族の不安…

これを解消する方法は、

自分だけでなく家族もお金に対する
しっかりとした知恵をつける。

これがもっとも合理的な判断なのです。

もちろん、いざという
場合を考えて、

「0.96%でも可能性が
ある限り、加入した方がいい」

という考え方もあるでしょう。

保険が必要なケースもあります。

絶対不要なものだとは
言い切れません。

ただその場合でも、

基本的に普通の場合であれば、

5000万円を超えるような
高額な生命保険に加入する
必要はなく、

本当に生活に必要な
最低限で十分だと思います。

こうした前提の上、

もう一度保険について
考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>