モテない男は言い訳が多い(恋愛とセルフイメージの関係)

モテない男は言い訳が多い(恋愛とセルフイメージの関係)
モテない男は言い訳が多い…

と言う話しを前回までに
紹介しているのですが、

恋愛とセルフイメージというものには
深い関係があります。

モテナイ男の言い訳その3.として

「自分は女性との交際に向いていません・・」

と言うものがあります。

つまり、自分の評価が低いのです。

「彼女とは釣り合わない」
「自分はダメだ、イケてない」

など、自分を卑下し

恋愛がうまく行かない事の
言い訳を持つのですが、

これは真実ではありません。

これからモテる男になるために
根本の自分に対するセルフイメージから
変えていく必要があります。

スポンサーリンク

恋愛とセルフイメージの関係

セルフイメージというのは
自分が自分のことをどう思っているのか

そのイメージのことを言いますが、

心理学や成功哲学の世界では
このセルフイメージと言う概念が
重要視されます。

なぜならセルフイメージこそが、
自分の行動や思考を無意識に決める
大きな要因となるからです。

「自分がダメだ、イケてない」

などネガティブなイメージを持っていれば、

実際にその通りの自分の
行動や考えをしてしまいます。

客観的にはそうではなくてもです。

ポジティブなセルフイメージで

セルフイメージが高いほど、
大きな願望も実現しやすくなるのですが、

これは恋愛にも当てはまります。

モテない男は言い訳が多い

女性にモテたいと私のもとに
相談に来る男性の多くは、

程度の差はあるのですが、

「自分は基本的には女性との
交際に向いていないのではないか、、」

そう言うセルフイメージを
持っている人が多いと感じます。

恐らく、そういったセルフイメージを持っていると、
女性との付き合い方を真剣に学び始めた所で、

そのチャレンジが高く、

何もかも手に負えない事ばかりのように
見えてしまうのでしょう。

なぜそう言った思い込みを抱えてしまったか、、

そのきっかけはさまざまです。

何かしら決意をして、

10人の女性に思い切って声をかけて、
全員からNoと言われたのかもしれません。

最後の一人とはなんとかベッドインに
持ち込めそうと言う所まで行きながらも、

土壇場でお友達にまで格下げされた
経験があるのかもしれません。

理由はいろいろあるとは思うのですが、

そう言った経験を通じて、

「自分には無理だ、、」

と感じてしまう事もある意味自然なことですね。

そしてやはり、
そういった「自分はだめだ」という思い込みは
良くない事という風に捉えているかもしれません。

しかしそんな時こそ、
セルフイメージを冷静に分析して、

都合良く活用しなければいけません。

痛みこそ成長のチャンスです

恋愛において痛みを感じるのは
当然の事です。

そして、ネガティブなセルフイメージを作り
言い訳をしてしまう事もあるでしょう。

しかし時にその劣等感「自分がダメだ」
と感じる事も良い風に転がる事もあります。

そんな失意をばねにして行動を起こし、

自分にもできると見返す
気持ちが沸いてくることもあります。

考え方によって、こう言うネガティブな
セルフイメージもチャンスにもなるのです。

女性にモテないと言う理由から来る
自分はダメだと思う事も、

俺はダメじゃない男だ!

と言うことを証明することの
チャンスでもあるのです。

つまり考え方次第なのです。

恐らくあなたも大なり小なり、

何かの理由で落ち込んでしまい、

そんな落ち込んでばかりいる自分が
突然嫌になったりする経験があると思うのです。

そしてそう言った経験を経て、

自分を変えようとして、

人生を良くしようと考える
気っかけになると言うのはよくある話ですね。

「落ち込んでいる男を立ち直らせるためには
さらに突き落とすことだ!」

という話もありますが、

そうするほど立ち直りも早くなると言う意味ですね。

自分は女性をうまく口説けない

そう落ち込んでしまって
苦痛でどうしようもない時、

その苦痛、痛みこそが、

自分をこれ以上意気地のない男になりたくない一心で、

あなたは女性にアプローチをし始めると思います。

痛みこそが、成長のチャンスなのです。

自分はだめだ、、、と感じた時、

その立ち直りのためには
他人にサポートしてもらう事も大変大切です。

素直に、心を開いて助けを仰ぎましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>