失敗しない為の高額の大きな買い物をする際の注意点、考え方

失敗しない為の高額の大きな買い物をする際の注意点、考え方
今回のテーマは、

失敗しない為の高額の大きな
買い物をする際の注意点、考え方

について紹介します。

学習や成長というのは
失敗なしには考えられません。

私たちが自転車に
乗れるようになるのも、

なんども転びながらようやく
乗れるようになるからです。

そしてお金の教養を高めるにも、

なんども失敗をして
その教訓を経て成長する、

ということを繰り返すべきでしょう。

しかし、、です。

失敗は大切とはいえ、

取り返しのつかない
大きな失敗をするのは問題です。

自転車の練習であっても、

大きな怪我に繋がらないよう

最初は親が見守って
いなければいけません。

同じようにお金の成長でも、

大きな失敗はできるだけ
避けなければいけないわけです。

前回まで小さなお金との
つき合い方について
紹介してきましたが、

これからは大きなお金との
向き合い方について

考えて行きましょう。

スポンサーリンク

大きな買い物をする際の考え方

ここでは、この
サイトなりの定義として、

「大きなお金」

というのは、

マイホームなどの
不動産、車、保険などの

100万円以上ものを指すことにします。

普段、財布に入れて
使う額ではない、

このような高額の買い物は、

頻繁に使わない額である分、
感情に流されやすく、

大きな失敗、ミスを
起こしかねない危険もあります。

小さなお金の失敗より
ダメージが大きくなる
可能性が高いわけですから、

しっかりとした知識を
入れておかないといけません。

大きな額の買い物を
する際に、

注意すべき事は
三つあります。

一つ目が

「絶対額で考える」

ということです。

例えば、

スーパーでは割引になって
いるものしか買わない人が、

車やマイホームを買うときは、

定価で買ってしまうという事です。

1割値切ったら数百万の違いが生まれる

小さいお金を使う時なら、

特価の野菜を買いにわざわざ
隣町のスーパーに行く人でも、

大きなお金を使うときは
考えることが麻痺することがあります。

スーパーで300円の
お惣菜を1割引で買うと
30円の割引にしかなりませんが、

4000万円のマイホームを
1割引にすると

400万円も下がるのです。

大きなお金では

割引率が同じでも
動く絶対額が違います。

高額の大きなお金を使うときは、

もっともっともっと慎重に
なるべきなわけです。

マイホームの購入費用

4000万円を
1割削減するだけで、

年収に匹敵するほどの
お金が節約できるのです。

このスケールによる
メリットはとても大きく、

逆にマイホームを買うときに
失敗をしてしまうと、

大きな損失が出てしまう
原因にもなります。

この決断の差が将来の
資産額に大きな影響も与えます。

大きな買い物ほど慎重に

しかも、私たちのほとんどは
不動産の購入や数千万円単位の
お金を使う事

始めての体験なので、

不慣れもあって
失敗しやすいのです。

なぜかそのまま値段を鵜呑み
にして買い物をしてしまいます。

不動産業者や専門家の意見を
鵜呑みにしてしまう人も多いです。

だからこそ、

マイホームに代表される

「大きなお金の使い方」は、

あらかじめ知識として
知っておくだけで、

大きなメリットを享受できます。

ふたつめが

「支払い総額で考える」

ということ

大きな買い物の際、

注意しなければ行けないのが、

値段が大きい分、

分割や月払いが
あらかじめ組み込まれていて、

買いやすくなってる事です。

これが大きな罠となります。

失敗しない為の高額の買い物のコツ

これは保険で考えると
分かりやすいはずです。

多くの人にとって、

一番簡単に無駄をカットしやすい
「大きなお金」は保険でしょう。

しかし、そもそも、

大きなお金や大きな出費と言って、

真っ先に保険を思い浮かべる人は
少ないのではないのでしょうか。

では保険に加入した時の
ことを思い浮かべましょう。

営業の女性が優しく
してくれたからとか、

付き合いで入ってしまった。

というくらい軽く
考えられているのが

保険の怖い所です。

例えば、

生命保険の事を私たちは

「月額2万円の保険」

と勘違いしてしまいがちです。

「まあ携帯電話代と思えば、
安心を買えるのだからいいだろう…」

と思い込んでしまいがちです。

でも実際には
二万円の保険商品を
買っているのではないのです。

本当は大きな買い物である場合

例えば、

25歳から「月額2万円」の
終身保険に加入したとします。

年額24万円です。

この保険料を65歳まで
払い続けたとしたら、

24万円×40年=960万円

という事になります。

つまり、この終身保険は
価格約1000万円の買い物で、

加入者である私たちは

それを「月額2万円」
で分割払いしているだけなのです。

そう考えると、

生命保険の加入時の
年齢が上がるほど

月々の支払いが高くなって行く
理由も分かります。

65歳まで加入するのであれば、

25歳からなら
40年間の分割払い、

40歳からなら25年間の
分割払い、

となっているのです。

(正確には年齢によって
保険料も異なりますが)

このカラクリ
理解しないまま

生命保険に加入するのは
かなり危険な行為です。

注意が必要です。

生命保険で将来が
守られる前に、

保険料の支払いによって
自分自身の家計が圧迫されて
しまう事になりかねません。

高額の買い物で失敗しない為の考え方

例えば、

付き合いで車を買う人は
ほとんどいません。

車のカタログを取り寄せ、

カー情報誌を読みあさり、

ショールームに足を運び、

実際に試乗して、
ローン返済のシュミレーションをして、

ようやく購入を決意する、

何百万円もする
買い物なのですから、

当たり前の話しです。

それが保険になると、

車より高額で、1000万円も
する買い物なのに、

あまり深く考えず付き合いで
ハンコを押してしまいます。

「なんだ、月に1万円で良いのか」

と加入してしまい、

よく分からないまま

「何となく安心だし、保険屋さんも
これが良いと言っているし」

と納得してしまいます。

さらに、心配だからと言って、

いくつも同時に加入してる
人も多いくらいなのです。

大きな買い物ほど価値と値段が別

「保険とはマイホームの次に
高額な買い物である」

という事実を頭に入れて、

保険のプランを一度考え直して
みる事を強くオススメいたします。

そして三つ目の考え方が

本当の価値を見極める、

ということ

これはとても重要です。

特にマイホームの価格は

あまり家を見慣れていない
人ほど、わかりづらいものです。

同じものが二つとない
不動産だからこそ、

正確な価値が分からず、

スーパーでは10円単位まで
安いか高いかを判断できる人でも、

マイホームになると、

数百万~数千万円も余計に支払い、

高い買い物をしてしまう
人が多いのが現実です。

価値と価格の違いが
分からないまま買うと失敗します。

もちろん大きな買い物を
しないほうが良い、

というわけではありません。

小さな買い物以上に賢くなら
なければいけないということです。

この買い物の差だけで

資産家になるかならないかが
決まることもあるわけですから、

しっかり知恵を蓄えていきましょう。

このテーマはこの後も
詳しくお伝えしますが、

失敗しない為の高額の大きな
買い物をする際の注意点、考え方を
是非理解して欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>