モテない男は恋愛にネガティブな感情パターン、癖を持ってる


今回のテーマは、

モテない男は恋愛にネガティブな
感情パターン、癖を持ってる

について紹介します。

人間というのは面白いもので、

全く同じものを見ていても、

その印象は違うもの。

その印象や視点のコントロール
できるようになればなるほど、

人生のコントロールもうまくなります。

女性にモテない男が共通して持つ要素は、

人生のあらゆる事柄を否定的に
考える癖を持っている事です。

ネガティブな考え方や
不安などの感情パターン、、

それがモテナイ男の行動を支配し、
女性の接し方を決めてしまいます。

だからこそそう言った態度は
恋愛スキルを高めていくいでで
改めていかなければなりません。

これから解説していく

モテない男が抱える4つの言い訳

モテない男の心を占領し、
強力な感情パターンの癖を形成し、

せっかくの素晴らしい女性と
出会って話すチャンスが出来たとしても、

ネガティブな行動、発言、思考をしまい

関係を発展させるチャンスや
モテるチャンスをうち砕いてしまいます。

モテない男の感情パターンに気づく

感情の癖と言うのは厄介です。

喜び、楽しさ、感謝などの、
心が快で満たされるポジティブの感情も、

不信感、怒り、罪悪感、あきらめ
絶望、恐怖と言ったような

ネガティブの感情もありますが、

ネガティブな感情が
癖になっていれば問題です。

嫌な事があったら怒ってしまったり、
仕事を目の前にして面倒と思ったり、

そう言ったネガティブな
感情は時に人生を損させます。

そしてそれは無意識の
パターンとなって動くようになります。

恋愛面においてもそれは同じです。

ネガティブな言い訳は
あなたの行動にブレーキをかけます。

言い訳とは言葉通り、言い訳に過ぎず

モテル男になるために
邪魔をする存在でしかありません。

これら言い訳にうまく対処できなければ

女性にモテルチャンスを
逃してしまうので注意が必要です。

まず気づく事から始めます。

これからモテない男が持つ
ネガティブな感情パターンの
代表的なものを紹介します。

しっかり認識して、

もし自分に思い当たる節がある場合
その言い訳を乗り越える努力をしていきましょう。

モテない男のネガティブな言い訳

言い訳その1.

「時間がありません。。。」

モテナイ男はその日一日の
スケジュールを睨み、

「デートする機会も欲しいし、
彼女を作るために色々としたいけど…
今は時間がないからなあ…」

などと時間がないのが
モテない理由と愚痴をこぼします。

「俺に彼女がいないのは
いつも忙しいからなんだ、、」

そう言い訳しています。

「俺は女性を恐れている訳ではない、

ただ責任ある仕事を任されて
仕事がきつすぎるだけだ」

などと仕事のせいにしたり、
忙しすぎるのがいけないと言いますが、

でもこれは真実ではないのです。

時間がないことはあり得ません。

仕事でも忙しく働き、
しかも結果を出しながら、

素晴らしい恋愛をしている
男性はたくさんいます。

「いつも忙しい・・」を口癖に、
恋愛に使う時間を減らしている人は、

ただ怠慢なだけで、
時間の使い方が下手なだけです。

恋愛にネガティブな癖を矯正する

それが本当の所です。

人間にとって時間だけは平等なものです。

誰にとっても時間は平等に
分け与えられています。

本当の所は女性と知り合うのに
その人が思っているほど多くの
時間は必要がないのです。

「時間がない、、、」

これはただの言い訳にしかすぎません。

恋愛以外のどんな分野でも、

時間管理が下手な人は
結果を出すことができません。

「時間がない」ことのせいに
するのが習慣になり、

常に不満を感じる
感情パターンが身に付けば、

それは大きな問題です。

この言い訳をしている限り
うまく行かないので注意して下さい。

とは言え、癖は癖として
生まれて死ぬまでずっと
持ち続けるものではありません。

誰もが意識的に変えることが
できるわけですから、

自分が恋愛において
不利な癖を持っている、、

と感じる部分があれば、

それは意識的に改める。

それがモテる男に変貌する
大きなきっかけになるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>