まず女性と出会う場所に身を投じ恋愛のレベル、経験値を積む


今回のテーマは、

まず女性と出会う場所に身を投じ
恋愛のレベル、経験値を積む

について紹介します。

何事もそうですが、

机上の空論だけでは
うまくいきません。

経験から学んでいき成長する、、

それが何よりも大切です。

理論をいくら学んでも
実践をしなければ意味がないように、

本を読んだだけで、
あなたのお目当ての女性を
ベッドに誘い込むのは不可能です。

本を読んだり、学ぶ事、
もちろんそれも大切な事ですが、
(このサイトも参考にしてほしいです)

ハリウッド映画などで
モテる男の姿をいくら見ても

あなたの恋愛スキルは一向に
向上する事はありません。

なのでもちろん、

いくら心理学を学んでも、
このサイトをどれだけ熟読しようとも…

行動が何も変わらなければ
あなたの人生はなにも変わりません。

ドラゴンクエストなど
ゲームのように、

敵を倒していって経験値を
積んでいくがごとく

恋愛経験値も上げていけば
レベルが上がり、

モテる男へ変身していけるでしょう。

行動こそが恋愛経験値を高める

レベルアップは地道な作業ですが、

結果を出すために不可欠なことです。

これも習慣づけていきましょう。

確かに変化というのは
難しい作業ではありません。

今までの日常のルーティンに
変化を起こすのは億劫です。

あなたもなにか新しい方法を教わったとき、

それを実際に使い始めるころの
大変さを知っていると思います。

これから、

実際に女性を口説く行為を日常的な
ものにする方法を教えていきます。

そして、実際に女性の出会いの
チャンスが転がっている場所や

簡単で意外な出会いの
仕掛けの方法も紹介していきます。

具体的な女性と出会う場所も
紹介していくつもりです。

しかし、そういった方法の全ては
読むだけでは意味がない事は
理解しておいて下さい。

行動だけが結果を生むのですから。

まずは出会いの場に身を投じ、
会話することが不可欠です。

まずはここをしっかり受け入れてから
次回以降のコンテンツを参考にして行って下さい。

まず女性と出会う場所に身を投じよう

映画マトリックスでは、

脳内にスキルプログラムを
インストールすれば、

カンフーなど実際のスキルが
高まるという場面が出てきました。

実際にこんな技術が使えるよう
になれば素晴らしいことです。

が、まだこれはSFの世界です。

私たちは失敗や挫折を経て、

時間をかけてスキルを
身に付けなければいけません。

レベルアップの近道はもちろん
存在しますが、

ショートカットの裏技は
人生には存在しないのです。

前回まで様々な
モテる男になるための

テクニックなどを紹介してきましたが、

これらについて考える前に
まず実践してみるのが一番です。

まず女性と出会う場所に
身を投じるのがモテる男になる
近道と言えるのです。

ところで、、そういうと
こんな事を考える人がいます。

独身男性が良く信じ込んでいる神話の一つに、

「独身で美しい女性は少ない」

と言うものがあります。

果たして本当にそうでしょうか?

恋愛のスキルをレベルアップ

一人身で女性に縁がない
モテない男性は、

ごく普通の一日に、

自分が関わりになっている
たくさんの女性を、

あまりにも見逃してしまう
という特徴があります。

もし人口の大半は男性で
女性が少なければしょうがないですが、

しかしフィッシャーの原理
と言うものがあるのですが、

これは多くの生物で男女比が
なぜか1:1に近くなるそうです。

まさに神の采配、、と言える
不思議な現象ですが、

物理的に男性だけがあまり
孤独になることはないのです。

だから、女性がいない…
と言う事はあり得ませんし、

出会いはそこら中にあるのです。

ほとんどの男性は、日常の一日で
多くの女性たちと接しているのですが、

独身で美しい女性は少ない

と言う誤解を信じ込んでいるために
その事に気づきません。

まず女性と出会う場所に身を投じ
恋愛のレベル、経験値を積むために

その誤解を解くことから、
まずは始めていきましょう。

素敵な女性との出会いは意外な
所にあるのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>