お金は不浄、汚いもの?金持ちは成金?通帳にみるお金の管理

お金は不浄、汚いもの?金持ちは成金?通帳にみるお金の管理
今回のテーマは、

お金は不浄、汚いもの?金持ちは
成金?通帳にみるお金の管理

について紹介します。

日本ではお金を不浄なもの
として扱う傾向があります。

「お金は汚い」

という考え方です。

例えば米国には、

一代で財を成した人を
アメリカンドリームを叶えた
ヒーローとして

賞賛する文化があります。

大きな努力をして、

その結果、

財を成した人は素晴らしい
という考え方です。

一方、日本では
一代で財を成した人を

「成金」として軽蔑
するような文化があります。

人前でお金の話しを
するのも品のない行為
だとされますし、

まるでお金を汚い物の
ように扱う傾向があります。

人間関係もお金でも同じです。

友人関係でも、恋人関係でも、

「こいつはムカつくし、嫌いだし、
最低最悪だけど、必要だから付き合う」

と思って付き合う人間関係
果たしてうまく行くでしょうか?

心と体が相反する状態で付き合うのは
極めて不健全な事です。

スポンサーリンク

お金は本当に不浄、汚いもの?

お金も同じ事です。

あなたは紙幣やコインを見て、

或は通帳に乗っている数字
の大きさを見ると

どんな感情がわいてくるでしょうか?

たいていの人はネガティブな
思いが浮かんでくるようです。

私たちは、

「運用で得た10万円より、

汗を流して稼いだ
10万円の方が美しい」

と自然と考えてしまいます。

お金持ちを見れば

「どうせ悪い事をして稼いでるんだ。
そのうちきっと不幸になるだろう」

と嫉妬の心がむくむくと
わき上がってくる事もあります。

でも、お金は物やサービスと
交換するための手段であったり、

物の価値を計る基準でもあるものです。

そこには、

「きれい/汚い」

などと考えない方が、

ニュートラルな視点で
判断できると思います。

「お金は綺麗で美しいもの…」

とまで極端に考える必要はありません。

ただ、ニュートラルに接する事ができれば、

お金の先にある価値にも
気づく事ができるはずです。

むしろお金持ちを目指す上で
お金を不浄、汚いと考えるのは
足かせにもなります。

お金を汚いとみると日々向き合う
事を避け無視してしまいます。

するとますますお金の
管理は下手になります。

確かに、
通帳の数字の大小で人生の
価値が決まるわけではありません。

しかしだからと言って
社会的動物である私たちは

そこから逃げる事はできないのです。

お金、通帳の管理をすることは、
人生を管理する事と同じです。

そこから逃げる事は人生から逃げる事です。

実際に、世の中の高収入を
得ている人を見てみると、

朝早く起きて新聞などで
経済の情報を収集し、

効率よく仕事をする方法を考え、

夜遅くまで読書をして
勉強をしています。

その結果がお金と言う形で
回ってきているだけだと思うのです。

お金持ちは決して
楽して稼いだ訳ではないのです。

それを成金とバカにするのは
得策ではありません。

お金持ちは努力をしたからこそ

いわゆる不労所得で
お金を得た人も、

成金と悪いイメージ
持たれる事があります。

株式投資などの
資産運用でお金を得た人も

同じ事が言えます。

しかし確かに額に汗は
かいていないかもしれませんが、

必死に考え脳内は
汗だくになりながら

頑張った結果なのです。

世界中の経済の知識を学び、
会社の分析をし、

経営者の質を見極める
洞察力を持ち、

お金の管理をしっかりとして、
日々努力をしているのです。

必ずしも一攫千金を狙った
ギャンブルでお金を得ている
訳ではないのです。

もちろん、実際に
法に反してお金を稼いでいる人が
いるのも事実です。

そんな人はごくわずかですし
それは必ず代償をを払うのです。
(牢屋に入ったり、裏切られたり)

でも、ほとんどの人は、

正しくお金を稼いだり
増やしたりしているのです。

お金というのは価値や価格を
表す数値として存在する、

という考えに切り替えて見ると、

お金に対する視点が
変わってくると思います。

通帳にみるお金の管理

お金に対して汚いとかキレイとか

偏見を持つのではなく、
ニュートラルに見れれば、

お金の管理が上手くなります。

通帳を見ていると、

自分のお金に対する
性格がよく分かります。

例えば、

給与等が振り込まれてくる口座の
残高が毎月減っているとすれば、

それは間違いなくお金の
生活習慣病になっていて、

収入の範囲内で生活
出来ていない事が分かります。

そして改善しないといつか
破綻する事も一目で分かります。

毎月の家賃の支払いが
25日だったり、30日だったり、

もしくは翌10日に振り込んで
いたりする記録があれば、

その人はお金の管理ができておらず、

お金にルーズだと言う
ことが一目で分かってしまいます。

そこには逃げも隠れも
ごまかす事もできない、

数字として真実が現れているからです。

お金持ちほどお金の管理が得意

昔の私も、実際にこう言う時期が
ありました。

お金の管理がずさんでした。

まずは欲しい物をローンで買って、

そのローンを払った後に、

自分の欲しい物にお金を使い、
余ったら家賃を払う、

と完全に順番が狂っていました。

貯金も投資もできていませんでした。

まさしく

「お金に対する教養がない」

行動をとっていたのです。

そして振り返ると人生で一番
不幸な時期だったと思います。

何か買い物をして浪費をすれば
幸せになれると勘違いしていたのですが、

真実は逆だったのです。

当時の私の通帳を見るだけで、

お金に対する教養の
有無が分かるでしょう。

ちなみに…

多くの一手に触れてまわり回る
お金(紙幣やコイン)は
物理的には汚いもの。。

と言えるかもしれません。

それは手を洗えば済む事です。

しかし観念的に「汚いもの」と
思って付き合っていれば、

ますます、お金との付き合い方は
へたくそになって行くわけです。

お金を不浄と思っても汚いと思っても、

現実世界から消える訳ではありません。

クサい物には蓋ではいつまで経っても
お金の管理は出来ないのです。

実際に自分の通帳をじっくり見てみて、

お金はしっかり増えているか、

家賃の支払いは毎月
同じ日に行っているか、

何に使ったか分からないような
お金はないか、

などをチェックしましょう。

お金の履歴書を自分自身で確認して、
日々の細かい所から改善するだけで、

お金に対する姿勢が変わってくると、

私自身が身を以て
経験したから言える事でもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>