貯金以外の使い道が分からない、日本のお金の教育、教科書

貯金以外の使い道が分からない、日本のお金の教育、教科書
今回のテーマは、

貯金以外の使い道が分からない、
日本のお金の教育、教科書

について紹介します。

日本では特にお金について

家庭でも学校でも
あまり教わってきません。

「お金は貯金をしなさい」

などと我々が親から教わる
金銭教育と言えば

「貯金」くらいのもの。。。

また周囲の人から拝金主義と
思われたくないという事で、

話すのもはばかり、ひとりで
試行錯誤しながら考えるという人が
多いのではないでしょうか。

我々にはお金の先生や教科書が
必要なはずです。

お金は生活と切っても
切り離せないものだからです。

多くの人は、

私と似たような教育を
受けていたと思いますが、

この貯金をすると言う
ことだけでは、

お金についての正しい
知識は身に付きません。

消費と貯金以外にお金の
使い道
が分からなければ、

増やす事は到底無理です。

(貯金はもちろん大切ですが…)

お金は貯める「だけ」のもの
ではなく、

貯めたお金を価値のある
物やサービスに交換する
ための物だからです。

貯金がいくらあったとしても、

毎日カップラーメンを食べて、
家にこもり、ケチに徹している

そんな人生は面白くないでしょう。

スポンサーリンク

お金の教育がない事の弊害

それよりも、

ある程度のまとまったお金が出来たら、

資産運用という形でそのお金
にも働いてもらい、

そこで得たお金で旅行や食事などの
少しの贅沢をした方が、

絶対に人生は、楽しく
豊かなになるはずです。

そして何より大切なのが
投資にお金を回して有意義な
お金の使い方をする事です。

お金のコントロール力を付ける事です。

お金の教育、お金の教科書が
ない一般の人にとって、

人生を豊かにする方法を
知らないというのは圧倒的に不利です。

貯める事しか知らない私たちは、

まとまったお金が出来た時、

その扱い方を知らずに、
冷静な判断も出来ないまま

高額なマイホームを買ってしまったり、

無駄にお金を使ってあっというまに
無くしてしまったりするのです。

お金は社会にモノや価値を
流通させる便利な道具です。

しかしお金の使い道を知らない
と言う事は道具の使い方を知らない、

これでは上手く人生は立ち回れません。

日本に必要なお金の教育、教科書

知ってるか知らないかの差だけで

人生には大きな差がつくのです。

一方で何代も続く富豪ファミリーなどは
お金を何世紀もかけて保全し
増やして行くノウハウがあります。

仕事の事、資産の事、経済の事、

そしてお金に関わる
豊かな人生の送り方の

いわば特別授業を家族から教わるのです。

(もちろん資産を食いつぶす
ファミリーもいますが。。)

この違いは大きいです。

彼らと私たちでは扱うお金の
種類が違うわけではありません。

富豪のお金に対する知恵や態度、
習慣やルールなど、

一般人とは違うものです。

しかし私たちもそれを取り入れる
事は可能なのです。

教育というのは大切な事です。

教育もないまま大人になれば
不幸な人生を歩む可能性が高くなります。

しかし、現実的に

お金の教育、お金の教科書を
知らないまま、

大人になって行く人が多いのです。

社会で生きて行く上で、

私たちは大きな三つの
教育を受ける必要があると
思っています。

一つ目は、学問教育

日本人なら誰もが
義務教育で学んでいる、

読み、書き、そろばんです。

日本では当然のように
学んでいる事ですが、

世界では、学校へ通えず、
言葉は話せても、

文字の読み書きが出来ない
子供が大勢います。

私たち日本人にとっては
当たり前の事なのですが、

義務教育の9年間をかけて、

社会人の基礎となる
教育を受けているのです。

これは素晴らしい事です。

豊かな社会を作ってくれた
先人に感謝しなければ行けません。

貯金以外の使い道が分からない人

二つ目は、職業教育

これは、社会に出て働く
上で必要な教育です。

例えば、

弁護士、医師、教師に
なるための勉強であったり、

自動車の整備しになるための
訓練であったり、

美容師になるための
教育だったりと言う、

社会に出て稼ぐ力
つけるための教育です。

これも必ず必要な教育と言えます。

もちろんこうした高スキルの
職業に就けば収入を上げる事ができます。

これはこれで素晴らしいのですが、

多くの人はお金を多く稼げば
お金の問題から解放される
と勘違いしています。

今まではここまでの
教育しか受けていませんでしたが、

これからの時代には
もう一つの教育が必要に
なってくると思います。

それが、

三つ目の「金銭教育」です。

本来は、

子供から大人まで、

誰もが日常的に使う
お金についての教育ですが、

実際には「お金のマニュアル」
を誰からも教わる事なく

大人になって行くのが現状です。

これでは貯金以外に道を知らない
人が増えるのも当たり前です。

今こそ日本にもお金の教育を

そして大人になって、

まとまったお金を持つようになると、

お金についての
色々な悩みが生じてきます。

・マイホームは
買うべきか、借りるべきか?

・貯蓄と投資はどちらが
よいのだろう?

・投資信託はどれを買えば
いいのだろうか?

・老後はいくら必要なのだろうか?

などなど、

前提となる
「お金の教養」がないと、

いくら悩んでも答えは見つかりません。

また、ファイナンシャルプランナー
などの専門家に相談しに行っても、

自分の考えがしっかりしていないので、

言われた事を鵜呑みにしたり、
余計混乱する場合さえあります。

その相手が詐欺師や悪徳な人であれば
騙されて奪われる事もあります。

もし、お金について
ちゃんとした教育を受けていたら、

上記のような悩みは
すぐに解決するはずです。

この三つの教育を受け、
バランスよく身に付いて始めて、

人生の本当の豊かさが
得られると思うのです。

しかし社会を変えるのはムズカシイです。

だから我々が自分の責任で
学んで行く必要があるのです。

私がこれまで学んできた
大富豪たちが長い時間をかけて
培ってきた、

お金に対する心構えや
問題に対応する対処法など、

どういうお金の使い方をすれば
心も満足させられるかについて、

次回からシェアして行くつもりです。

人生を豊かにする
お金の教育、教科書

これから一緒に学んで行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>