男の恋愛には目標と努力が必要、モテる男は理想と現実を埋める


今回のテーマは、

男の恋愛には目標と努力が必要、
モテる男は理想と現実を埋める

について紹介します。

甘美、快楽、享楽、親密、愉快、

…など恋愛というのは、

ポジティブな感情を満たす、

もちろん人生において素晴らしい
アクティビティの一つですが。

気の向くまま、適当に、
手抜きして、自然に、無気力に

そうした素晴らしいものが
手に入るわけではありません。

男の恋愛には目標と努力が必要です。

あなたが恋愛に対してどんな
イメージを持っているか分かりませんが、

ある日突然、
運命の出会いがあり、

あなたが何もしないでも
相手から惚れられて、

楽しい恋愛が始まる

…と言うような事は起こりません。

ここで、一つ面白い現実をシェアします。

女性は自ら勝手に
あなたのもとにやってきて
あなたに抱かれるような事はしません。

同じく、人生の成功も
向こうからやってきてはくれないのです。

あなたがつかみ取りにいくのです。

理想とする目標を決めて、

現実、現状と目標、理想の溝を
埋めるべく努力を続けていく先に、

達成できるものなのです。

ここを忘れてはいけません。

男に恋愛は自己責任

あなたの理想とする、
女性との関係、性生活、デートライフ

それを手に入れるのは自分の責任です。

モテる男になりたいと、

夢想するのは簡単ですが、

実際になるためには、

やらなけければいけないこと
超えなければいけない壁が
たくさんあるのです。

同じように、

自分の望む人生を作り上げるのも、
自分の責任なのです。

お金が欲しいなら
頑張って稼ぐのです。

出世したいのであれば
死ぬほど働けば良いのです。

現実と理想が離れているほど
努力はもちろん必要ですが、

自分の価値を低く見積もってはいけません。

低い目標では情熱も持てません。

あなたが

女性にモテるようになりたい
理想の恋愛関係を持ちたい

そう願うのであれば、

あなたのパッションを込めた
長期的な目標を立てて、

どんないゆっくりでも良いので、
それに向かって努力する事が大切です。

他人にどうこう願っても
意味は無いです。

いくら「億万長者になりたい」と
妄想してもお金は空から降ってきません。

自ら掴みに出掛けるのです。

理想に向かって努力する姿に女性はついてくる

そうする事によって、
あなたは女性にモテるかどうか、、

だけでなく

自分の生き方に自分の価値を
見つけれるようになるのです。

そうしてモテる男になる、と
努力する姿こそ大切なのです。

女性をデートに誘い、
口説き、キスを迫る時、ベッドに誘う際

答えがイエスでもノーでも、

問題はありません。

自分の人生に価値を見つけている
あなたはフラれても、断られても、

次の標的に向かっていけるのです。

常に自分を中心に置いて下さい。

あなたの理想の男性像を描き、

それを目指して努力をするのです。

その姿についてくるのが女性です。

前回も紹介したように女性に
人生を振り回される男はダサいのです。

自分の軸を持ちゴールを持ち、
現実と理想のギャップを埋める、

それが真にモテる男の態度です。

恋愛における目標で大切な事

あなたはあなたの人生と言う
映画の主人公であり監督です。

モテる男になるためには

自分なりに理想と現実を埋める
努力をしていく必要があるのです。

ではここで、恋愛における

目標を設定するのに絶対に知って
おかなければいけない事があります。

人間には基本的に2つの
モチベーションがあると言われています。

1つ目が欲望や願望を叶えたい。

2つ目は痛みや恐怖を避けたい。

この二つの欲です。

特に人間は前者の「嬉しいこと」よりも
後者の痛みや恐怖に強い衝撃を受けます。

例えば、

フルマラソンを走リ切れば
20万円上げるよ

と言われたらどうでしょう?

少し考えますが、
私ならやりません。

20万円は欲しいですが、
フルマラソンは大変です。

では別の質問で、

フルマラソン走り切らなければ
指を折るぞと脅されたらどうでしょう。

泣きながらでも必死に走るでしょう。

たいていの目標と言うのは、

この両者のどちらか、
或は両方が混じっているのですが、

男がモテる男になるべく
恋愛の目標を設定する時に

ある事を知っておかなければ、
大きな失敗をする事があります。

理想と現実を埋めることで、
あなたの理想を実現するために、

これから一緒に頑張っていきましょう。

では次回はさらに、

理想の実現を邪魔する、

多くの男性が抱える恋愛における
「思い込み」があるのですが、

次回はその思い込みについて
詳しく説明していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>