アメリカ移住しグリーンカードを取る日本のお金持ち、富裕層

アメリカ移住しグリーンカードを取る日本のお金持ち、富裕層
今回のテーマは、

アメリカ移住しグリーンカードを
取る日本のお金持ち、富裕層

について紹介します。

日本人でも海外移住する
富裕層の方が増えています。

不動産と輸入ビジネスで
資産を築いたYさん(54歳)

かれは2012年に
日本の不動産はほとんど売却し、

アメリカの永住権
(グリーンカード)

を獲得しました。

そうして、シアトルに
家を買い、そこを拠点に
日本と行き来しながら暮らしています。

Yさんがなぜグリーンカードを
とれたかと言うと、

アメリカには投資家
向けのビザ制度があり、

彼は

「American Life EB-5
特別投資プログラム」

という制度に従ってシアトルの
不動産に投資したからです。

スポンサーリンク

グリーンカードを取る日本のお金持ち

このプログラムの
最大のメリットは、

投資によるリターンが得られ、

そのうえグリーンカード
がとれる事です。

しかも、投資家は

アメリカの事業に積極的に
参加する必要があります。

例えば

「100万ドルを投資して2年
以内に10名のアメリカ人を雇用する」

「失業率がアメリカ平均失業率の
150%を超える地域に

50万ドルを投資して、二年以内に
10名のアメリカ人を雇用する」

「移民局が指定する地域センター
(Regional Center)内の事業に
100万ドルまたは50万ドルを
投資して間接的な雇用を生み出す」

などの規定をクリアすれば
現地法人に任せきりでもいいのです。

グリーンカードの入手は
通常極めて困難ですが、

お金持ちにとって
アメリカ移住をするための
簡単な選択肢と言えます。

日本脱出、海外移住する日本のお金持ち

アメリカ以外でも今は

「リタイアメント・リッチ」を
誘致する政策として、

世界の多くの国が

日本のお金持ちウェルカム
というスタンスで呼び込んでいます。

富裕層とまで行かなくても、

日本のリタイア組にとっても
海外移住は夢の一つであり、

最近では旅行者を中心に
各国の魅力やメリットを訴え、

移住を誘うセミナーなども
盛んに開催されています。

移住先国として人気は、

カナダ、ニュージーランド、
オーストラリア、ハワイなど
英語圏などですが、

最近ではフィリピン、タイ、
マレーシアなどアジア諸国も
人気であり、

これらの地域には移住者同士の
ネットワークである「日本人会」
も存在しているようです。

国にもよりますが、

永住権やビザを取るには
様々な条件があります。

しかし永住権を取る為の
投資ビザというのは、

お金さえあればとれる事が多く、
手っ取り早いやり方として
おススメな訳です。

アメリカ移住する日本の富裕層

そこで富裕層は投資家として
その国のビザを獲得するのです。

永住権を持っていれば、

投票権などはないものの
その国で生活する為の全ての
権利を保有できるのです。

特にビジネスや投資をするなら

やはり、富裕層にとって
アメリカの永住権は魅力です。

このプログラムでは、

年齢、英語力、経歴などは
いっさい問われないので、

ただアメリカで暮らしたい、

或はリタイア後に
アメリカで暮らしたいと言う

日本人富裕層も
多く利用しています。

ただ、Yさんがシアトルを
選んだのは、

息子さんがシアトルの
大学に留学したからでした。

「息子がこちらの大学に
入るのが決まっていたので、

それならいっそのこと
投資を兼ねて家を買って
移住してしまおうと思ったのです。

それに、ここは気候もよく
本当に暮らしやすいので、

家内を説得してグリーンカード
をとりました。」

と家族でアメリカ移住を決意したそうです。

教育レベルは今や日本と
アメリカの差は天と地ほど
離れてしまっています。

子女にアメリカで教育を受けさせたい、

教育、自己投資を重要視する
お金持ちがこうした考え方を
するのは当然でしょう。

なぜ日本のお金持ち、富裕層は移住するのか?

シアトルは、リーマンショック前まで

アメリカの中でも不動産価格が
一番上昇した都市の一つです。

それでも、例えば
ロサンゼルスに比べたら割安で、

マリブやビバリーヒルズに
同じミリオンで住宅を買うなら、

シアトルだと二倍の広さの
物件が買えたのです。

しかも、リーマンショックで
一時低迷したものの、

この二年間でまた住宅価格は
大幅に上がっています。

当時、Yさんはこう言っていました。

「シアトルで私と同じように
日本から来ている人たちと話すと、

みなさん、日本の事が気になって、
特に増税の話しで盛り上がります。

政治家は、大衆に迎合するから、
『金持ちからもっと取れ!』
という声に弱いですね。

しかし、消費税や所得税を上げたら、

私のよな人間は、
ますます日本が嫌になります。

日本を出て行く人間が増える、

皆さんそう言っています。

それに、増税は、一般国民に
とっても大きな負担で、

結果的に国力は衰えますよ。」

当時はまだアベノミクスも
始まっていないし、

増税も決まっていませんでした。

しかし、お金持ちたちは
このように考えていたのです。

グローバル化が加速する現在、

富裕層やリタイアメント・リッチは
次々に海外に目を向けています。

アメリカ移住しグリーンカードを
取るお金持ち、富裕層は

もちろん日本だけでなく、
中国、韓国、台湾などの富裕層も、
積極的に行っています。

インドや中東ヨーロッパの人も

「自分が幸福に生活できる場所」

を求め、世界中を動き回るのです。

お金を持つ人にとっては
地球全部が住処のようなものであり、

そこからまた新しい文化が
生まれてくるのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>