お金持ち、富裕層の情報収集方法と情報源、成功する情報とは?

お金持ち、富裕層の情報収集方法と情報源、成功する情報とは?
今回のテーマは、

お金持ち、富裕層の情報収集方法
と情報源、成功する情報とは?

について紹介します。

現代は、

超情報社会です。

ネットが発達し、
スマホが普及し、

その中で飛び交う情報は
際限なく増加しています。

誰もが情報洪水に飲み込まれて
ギブアップしているようです。

各種の統計によると、

ここ10年ほどで、
私たちが接する情報量は、

以前に比べてなんと500倍に
もなっていると言われています。

とくに、最近ではソーシャル
メディアが大発展したため、

情報量は毎年倍々では効かず、

前年の4倍、5倍にも
なっていると言います。

もちろん、

ビジネスを行うにしろ、
投資をするにしろ、

不断の情報収集が必要です。

うっかり気を抜いてしまえば、
すぐさま時代の流れに置いて行かれます。

ところが現代は情報氾濫時代で、

ネットで何かを調べようと思えば
天文学的な量が出てきます。

こうなると、

私たちは何が本当の情報なのか?

何が自分にとって大切な情報なのか?

分からなくなっています。

「消費可能情報量」

という概念がありますが、

人間には処理できる
情報量に限度があるのです。

この情報過多の時代にどう生きるかは、

私たちにとっても
富裕層にとっても大問題です。

そしてお金持ちと一般人、
貧乏人の間には

やはり情報収集方法と情報源に
大きな違いがあるのです。

スポンサーリンク

お金持ち、富裕層の情報収集方法とは?

人間というのは情報を食べて
生きている生物とも言われます。

もちろん食べ門も食べるわけですが、
情報を得る事は生きる為に
欠かせないわけです。

ところで最近では
電車に乗っても、どこにいても、

スマホでピコピコと情報収集に
勤しんでいる人を見かけますが、

お金持ちは優雅な
暮らしをしているので、

あまりスマホやネット等を
やらないのではないか、

と私たちは考えていますが、

この勘は当たっています。

ただし、彼がスマホや
ネットをあまりやらない理由は、

私たちが考えている
理由とはまったく違っています。

それを教えてくれたのは、

ネットビジネスで
成功したニューリッチの一人です。

ネットやスマホからだけでなく、

一般層の私たちは毎日のように
新聞や雑誌またはテレビなどから

日々新しく生産される情報を
収集していますが、

実はこれは富を築くのに
有利になるとは言えないのです。

彼は次のように言いました。

成功する情報とは?

「一般の人は、情報は多ければ
多いほど良いと考えています。

しかし、この考えは完全に間違っています。

多くてもその中に有用な情報がなければ、
いくら集めても時間の無駄だからです。

”集合知”という考え方があります。

これは多くの人が言っている事は、

正しいとする考えで、
そのために人はできるだけ
多くの情報を集めるのです。

しかし、その多くの人というのが、

世の中に出回っている情報をそのまま
鵜呑みにしているだけだとしたら、

集合知は成り立ちません。

私の業界が必要としているのは、
そう言う情報ではありません。

とくにITの世界では、

ネットに出ている情報は、
出た時点でみんなが知ってしまう
ので意味がないのです。

本当の情報、使える情報は、
誰もネットでは流しません。

特にお金になるような情報は
ネットにはありません。

それは、ある特定の
人間だけが持っているんです。

ネットの今後が知りたければ、
シリコンバレーに行き、

そう言う人間たちと
直接合う以外にないんです。」

彼が言うには、

信頼できる人間から持ち込まれた
情報以外は信頼できない、

情報は人間がもたらす
ものということです。

インターネットビジネスでの成功者が
ネットで情報収集しないというのが
かなり意外な事と感じたのですが、

確かにスティーブジョブスも
子供たちにアップル製品をあまり
触らせなかったという噂もあります。

「信頼できる情報源」
にのみアプローチする

これぞ成功するための
情報収集方法といえます。

つまり、富裕層は
ネットやスマホを利用はするが、

その利用は限定的だという事です。

一般人の誤った情報収集方法

人からの情報を重視するのが
富裕層の情報収集術なのです。

だからこそお金持ちはよく
パーティーを開くのも納得できます。

情報に関して言うと、

富裕層ほどあまりテレビを
見ていないという事があります。

これも、テレビを
見ている時間が無駄だと、

彼らが考えているからでしょう。

情報源としては大勢に
広まった時点で価値はないからです。

私たち一般人は
テレビを娯楽としてみますが、

彼らはテレビを娯楽とは
考えていないのです。

無料で見れるテレビは見ていて
時間が潰せるかもしれませんが、

タダほど怖いものはありません。

その時間を使ってもっと
有意義なアクティブティができるはずです。

テレビは無駄な時間を奪う装置だ

と私の知り合いの経営者は
教えてくれました。

お金持ちにとっても
貧乏人にとっても、

時間だけは平等です。

この時間をどう使うかで、

お金持ちと貧乏人は大きく
分かれるのです。

タイムマネージメント
という言葉がありますが、

富裕層はこれを
確実に身につけています。

情報源としても二流以下、

テレビからの情報を
鵜呑みにして成功するなど
あり得ないと彼らは考えます。

お金持ちの情報源の使い方

本を読むか、専門誌や論文
専門家の意見を聞く、

そして人からの情報、

メンターやアドバイザー、
人脈から情報収集するのが
彼らのやり方です。

つまり、彼らが
富裕層になれたのは、

適切な情報収集方法を使い
信頼できる情報源だけを使い、

成功する情報だけを集め行動する

1日24時間を
大切に使ってきたからです。

こう言うことを言った人もいます。

「人間は人生の3分の1は
寝ている訳です。

だから、寝ていない3分の2に
何をするかが問題です。

人生80年とすると、

起きている時間は3分の2ですから、

50数年しかない。

たった50数年ですよ。

そのなかで、一日2時間
テレビを見るとしたら、

人生で使える時間はさらに減ります。

それで、お金持ちに
なんかなれる訳がないでしょう」

このように、

何でも細かく計算する、
数字で考えて行動する

というのが富裕層の特徴
と言えるのです。

彼らの情報収集方法と情報源から、
成功する情報とはなにか?を
学ぶことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>