女性が怖い、苦手、恋愛の自信のなさを持つ男性、克服する方法


今回のテーマは、

女性が怖い、苦手、恋愛の自信
のなさを持つ男性、克服する方法

について紹介します。

さて前回まで、

外面を変化させることで、

恋愛の結果を出すための考え方や
テクニックなどを紹介してきました。

今回からは少しずつ、

内面に変化を起こしながら、

実際に女性に声をかけ
デートに誘うまでの、

実践的な部分について、
解説していくことにしましょう。

どんな男でもたった30日で

女性が怖いと言う感情や、
女性と接する際の恋愛に関する
自信のなさを克服する方法

と言うものを紹介します。

私に相談に来る男性の多くは、

女性の前で自信が持てず、
どうしても怖気づいてしまう。。

と言う悩みを抱えています。

恋愛対象な女性で、
女性が好きなのだが、

どうしても声をかけたり
接するのが苦手で

女性の前ではなぜか
いつものように振る舞えない

という悩みを抱える男性もいますが、

こうした悩みを深刻に捉え
塞ぎ込んでしまう人もいます。

セラピストにかかったり、
自己啓発セミナーなどに通うなど

極端な事をする事無く
克服する方法があるのです。

拒絶される恐れがブレーキとなる

男が女性が怖いと感じたり、
女性が苦手と感じたり、
恋愛の自信のなさを感じたりする、、

これには二つの障害があります。

一つ目が、拒絶される事の恐れです。

前にも説明したのですが、

女性から断られる、ノーと言われるなど

拒絶される事をあなたが
恐れてしまうのは、

あなたが拒絶される事を
「悪く受け止めている」からなのです。

当然、どんなに素晴らしい男性でも

女性を誘って100%
受け入れられるはずはありません。

断る理由も様々ですが、

肝心なのは男がそれを
どう受け取るかです。

モテる男の思考パターンは、

女性の「NO」は、

いつかどこかで待っている
「YES」のための踏み石に過ぎない。

そう考えているのに対して、

拒絶を恐れる男と言うのは、

女性の「NO」は、
自分に落ち目があるからだ…

と感じてしまい拒絶される事が
怖くなります。

こうした感情が積み重なり、

女性に対して苦手感を
感じるようになってしまいます。

女性への恐怖心を取り除く方法

ここで、もしあなたも
拒絶を恐れてしまう人であれば、

そんな恐怖心を取り除く
興味深い方法を紹介していきましょう。

「30日で拒絶への恐れが克服できる」

そんな方法です。

そういった人に必要なのは、

とにかく女性から拒絶される事に
慣れて断られても平気でいられる
ようになる事です。

その為の簡単な方法が、

私の提唱する、

拒絶を乗り越え自信を付けるための
簡単便利な30日マスター法です。

女性に話しかけるのが怖いとか、、

女性にNOと言われるのが恐ろしい、、

そんな人も、この方法を試すと

毎日女性に話しかけれるようになり、

面と向かって拒絶されても
平気で笑ってられるようになります。

方法はシンプルです。

全然苦痛でなく、誰にもできます。

ある『言葉』を女性の前で使ってみるだけで、

あなたの心には自信が生まれ、
うまく女性に話しかけれるようになり、

魅力的な女性と付き合えるようになる
第一歩が踏み出せるのです。

ではその『ある言葉』それが何か紹介しましょう。

恋愛の自信のなさを男が克服する方法

その言葉とは、

「こんにちは♪」

と言う言葉です。

「…え?・・そんな単純な。。」

と思ったかもしれませんが、

この言葉の威力を見くびってはいけません。

断られる事の恐れを克服する
そして女性の前で堂々として

自信のある態度を持って
いられるようになるために、

これからあなたは30日間、

一日最低6回は、外で会った女性に

「こんにちは」

とあいさつしなければいけません。

でもそれ以上はここでは求めません。

やる事はそれだけです。

道を歩いていて、
魅力的な女性に会ったら、

「こんにちは」と声をかける
そしてそのまま歩き続ける。

店であった可愛い店員に「こんにちは」
と声をかける、そして普通に注文をする。

これを続けるのです。

「そんな簡単なことで、、」

とバカにしてはいけません。

これを実際にやった人は必ず
女性からモテるようになります。

必ず…です。

女性が怖い、女性が苦手、
恋愛の自信のなさを持つ男性は、

まずは信じて実践して見てください。

そして次回はなぜこの方法が
効果てきめんか解説をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>