モテる男の恋愛はスタイルや人間性で女性にメッセージを送る


今回のテーマは、

モテる男の恋愛はスタイルや
人間性で女性にメッセージを送る

について紹介します。

これまで、モテる男になるための

体型作り、
見た目の手入れ法
服装の選び方、
車の手入れの方法、
家の環境作り、

などを解説してきました。

これらすべては、

あなたと言う男としての人間性を
雄弁に物語るものなのです。

つまりあなたのスタイルこそが
あなたの女性に対するメッセージでもあります。

モテる男の恋愛はスタイルで
女性にメッセージを送るのです。

女性達はそれらメッセージを基に分析し、

「あなたと素敵な恋人になれるかどうか?…」
「男として魅力的なのか?…」
「それともただの友達どまりなのか」、、

それらを判断します。

だからこそ、
あなたはそう言った所に気を配り、

魅力的で女性の興味をそそるような
大人の男としてのメッセージを
常に送っていかないといけないのです。

スポンサーリンク

モテる男のスタイル、モテない男のスタイル

あなたのセルフイメージや
アイデンティティは、

主観的による「あなた」
客観的な「あなた」が

融合されたものです。

あなたが周囲にアピールする
スタイルまで意識してこそ、

しっかりとしたメッセージを
届けることができるのです。

モテる男になるために
女性からの好印象をゲットするために

私たちは自分のスタイルを磨き、改善し
向上させていく必要があります。

もしここであなたがつまらない
スタイルを作り上げてしまったら、

まだまだ恋愛する価値のないお子ちゃまとして、
女性から見られる事になるのです。

誰もが内面を見て判断して欲しい
そう言う思いがあります。

あなたの内面は確かに素晴らしい
ものなのかも知れません。

しかし、それほど短期間にあなたの内面を
相手に伝える事は出来ないのです。

コミュニケーション

常に一方通行ではありません。
双方向のものですから、

とにかくあなたのスタイルを
モテる男風に作り上げて下さい。

まずはそこからなのです。

自分がうまくやっていいるかどうか?
常に気を付けてやって欲しいと思います。

モテるスタイルを作る守・破・離の法則

これまでの記事を参考にしてもらえれば、

基本的な身だしなみのケアやファションなど
基本は理解できると思います。

そしてそこからあなたなりの
オリジナルなスタイルを作ってほしいのです。

ただ、まずは真似から入るのが良いでしょう。

守・破・離の法則と言うものがありますが、

武道や伝統芸能の世界では

まず、マネをして、

次の自分のオリジナルを混ぜてみて、
最後に、新しいものをつくっていく

と言うステップでものごとを
マスターさせていくそうですが、

これは、武道や芸能の世界だけでなく、
どんな世界でも通用し、応用できる考え方です。

もちろん恋愛においても同じです。

自分のスタイルを作るために
まず「憧れ」を持つ事が秘訣と言えます。

「こんな人になりたい」

と思うような人間性を持つ
男性を思い浮かべる事で

自分自身を磨こうと言う
意欲につながるのです。

意識の高いメッセージを送るスタイルを作る

私自身も憧れている男性がたくさん
いて、たくさん真似してきました。

歴史上の人物、文化人、
俳優やミュージシャン、
起業家や先輩、

良いところがある場合は後輩で
あっても良い部分を取り込みます。

自分自身が目指す人物像が
憧れにつながり、

そのスタイルを吸収するのです。

それが自分の一部になるのです。

とはいっても、
別に俳優やミュージシャンに
なりたいと言う訳ではないでしょう。

しかし彼らの生き方やスタイル、

さらには細部のこだわりまで、

素晴らしい人物を真似するほど

仕事に対するストイックさ、
自分自身を磨く事への努力、
揺るぎない美意識

など理想のスタイルを吸収し、

それが自分自身のスタイルの一部となり、

女性だけでなく周りの全ての人への
メッセージとなるのです。

素晴らしい人間性が培われれば、
恋愛でも自然と結果が出ます。

人間は言葉以上に、
全体の生き方から感じるものです。

まずは憧れの男性像を持ち、

彼らを目標とし、
モデリングをするのも良いでしょう。

その姿をじっくり観察し
ファッションを分析したりするうちに

おしゃれへの気遣いも
生まれてくるはずです。

ただここで、

「自分とは容姿が段違いだ」

何ど諦めてはいけません。

自分の顔や体を磨く意思は
誰しもが持つべきものなのです。

そこに具体的な理想像があれば、

あなたのモテるスタイルはさらに
向上していくでしょう。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>