女性にモテる男の家具、観葉植物、照明の選び方、演出法


今回のテーマは、

女性にモテる男の家具、
観葉植物、照明の選び方、演出法

について紹介します。

モテる家、部屋の作り方の基本は、

恋愛ファッション戦略と似ています。

空間の大きさは違いますが、
人へ与える印象は基本同じです。

基本は、清潔で自分に合って
シンプルなものを選び、

細部のこだわりで
あなたのスタイルを演出する。

そのこだわりがあなたのメッセージ
となり女性に印象を与えるのです。

これは部屋に関しても同じです。

清潔で整頓を心がけ、
ポイントピントの小物
こだわりの家具で

女性の好印象を獲得します。

例えば、

アンティーク家具を部屋に置くと

それだけで部屋の空気を変える
雰囲気ががらっと変わったりします。

女性にモテる男の家具の選び方

空間コーディネートと言うのは、

部屋の広さや予算、
間取りやライフスタイルなど、

それぞれのケースによって
全く異なってくるので、

具体的なアドバイスは
ここでは出来ませんが、

やはり高価な投資になるので
安易に選ぶのではなく、

専門家や詳しい友人の
アドバイスを受けながら、

自分本位になりすぎないで
他人の意見を取り入れながら
選ぶようにしましょう。

ファッションと同じく

センスのある女性の友人に
アドバイスを受けるのがここでも
理想的と言えます。

ただ家具は一度揃えてしまうと、
なかなか買い替える事が出来ないので、

ゲームのようにリセットして
もう一回と言う訳にはなかなか
いかないものです。

十分に考えないまま選ばすに
じっくり考えてから購入しましょう。

案外多いミスが部屋のサイズを
しっかり測らず感覚で買ってしまう事、

好きだ、欲しい!と思って
衝動で決めてしまわずに、

家具も洋服のコーディネートと同じく、

一つの空間の中で
どういう見え方になるか、、

その辺りも考えながら選ぶようにしましょう。

最近ではネットオークションなどで
個人的な売買もできるわけで、

失敗しても売れば良い
という考えもありますが、

やはりやり取りは大変です。

女性にモテる男の観葉植物の選び方

そして女性にモテる男の部屋に
演出する小物として、

最も無難なのが観葉植物です。

インテリアのセンスは
ファッションほど試す機会がないので
磨く事が難しいです。

北欧家具や、ソファー、テーブル、

など、奥深い世界です。

そう言った事を演出するのが
めんどくさい場合は、

部屋に観葉植物を置くだけで、

味気ない部屋が雰囲気のある部屋に
変身し、暮らしに潤いを与えます。

日光と適度な水があれば育つので
手間がかからないのは嬉しいですし、

空気をキレイにしてくれます。

心理的にも植物が人間の
ストレス軽減をしてくれることが
実証されているそうですから、

シンプルだけど何か物足りない、、

と言う印象の部屋でも
小さな観葉植物の鉢をおくだけで

おしゃれな和み空間となり
女性からの好感を得る事が出来るでしょう。

女性にモテる男の照明の演出法

さらに女性にモテる男ための
魅惑的な家つくりの演出法として

以下の事も重要です。

「照明に気を配ると言う事」

女性にモテルための照明術はズバリ一言。

暗めに抑える事です。

頭の上から光を煌々と照らされてしまうと、

女性は緊張してしまい、
尋問を受けているような気分になります。

なので、部屋内の明かりは柔らかめの
光の間接照明などを使う事をお勧めします。

例えば今あなたの部屋で使っているのが
100ワットであれば40に下げてみたり。

キャンドルライトを使うのも良いですし、

隣の部屋から漏れてくる
光を利用するのも素晴らしいですね。

白い蛍光灯とオレンジ色の
電灯では人を写す印象も変え、

心理的な気持ちも変わるそうですから、

照明へのこだわりも大切です。

光の織り成す模様や影を使い
ミステリアスな雰囲気を作り出して下さい。

照明は優しさが必要で、
人工的な感じは良くありません。

こういった考えは男性にとって、
身近なものではないかもしれません。

たいていの男にとっては光は、

ただそこで作業する為のものだからです。

しかし女性はその部分に敏感です。

例えば、あらが目立つのが嫌なだけで
蛍光灯を避けるような事もあります。

あなたの部屋は作業場ではありません。

照明にもロマンティックな趣向を
忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>