モテる男の車の整理整頓、手入れ方法、選び方、運転の方法


今回のテーマは、

モテる男の車の整理整頓、手入れ
方法、選び方、運転の方法

について紹介します。

恋愛をうまく進めるための
アイテムとして、

車の演出法について今回から
具体的な方法を伝えていきましょう。

ドライブデートに彼女をいつも
誘えなかった友人の吉川君が

うまく女性をデートに誘え、
好印象を得られるようになった方法です。

まずステップ1.

として大切なのが、清潔感です。

もし車が散らかっているなら、

100円ショップのものでOKなので、

かごやバケツを用意して、
書類の分類ケースも用意して、

車に散乱しているものを
とにかく整理してみて下さい。

片づける場所が出来ると、

物がたとえ多くても
車内はすっきりと見えます。

仕事でも車を使う場合は
どうしても物が多くなりがちですが、

物が多いのが悪いのでなく、
整理整頓できていないのが問題です。

なので整理をした車のおかげで、

女性からはだらしない男という印象から、

仕事を効率的にこなす、熱心で、几帳面な男
という印象を与えれるようになります。

また、もし女性に車の散らかり
ようを見られた時は、

あえて弁明して弁解しないほうが
良いでしょう。

言い訳する男は嫌われます。

だらしの無さを弁明する男は
女性をうんざりさせるものです。

まずはモテる男の車の演出として

車内の手入れ方法から
清潔で整理整頓が何よりも大切です。

スポンサーリンク

モテる男の車の選び方

さて車の選び方ですが、

もしお金に余裕があれば、

当然高級車に乗る方が
モテる確率は高まります。

女性は男を車で判断しない

と言うのは大きなで、

高級車に乗れば
経済力や権力などをアピールできます。

口にはなかなか出さないものの
車で女性は男の経済性を評価しますから、

高級車に乗れるくらい仕事を
頑張り稼ぐことは大切です。

が、身の丈に合っていない
ならば逆効果にもなります。

特に最近の風潮では
高級車が良くてカッコいい

と言う時代ではなくなってきています。

車に興味がある人からすれば
メーカー、車種や、形状など
とことんこだわりを追求したくなるものですが、

興味の無い人からすれば、

ベンツもフェラーリも
ベントレーでもロールスロイスでも

単なる高級車と言う認識しかありません。

特に女性の頭の中にとって
車種を分ける分類としては

普通車、高級車、仕事用、
スポーツカー…

くらいのものです。

こだわりを持つのは男
だけの特徴と言えるでしょう。

車種によって女性への
アピールにはならない、

ということは覚えておいてください。

女性にアピールする目的であれば

むしろ分かりやすい車種で
スタイリッシュな形が良いでしょう。

どんな車を選ぶ際も小さなこだわりや
気遣いを表せる車を選ぶのが、

モテる男の車の選び方と言えます。

ただA地点からB地点へ
人やモノを運ぶ乗り物、

という価値観ではなく

最近では地球の環境問題など

様々な面から
気遣いを見せられるものです。

ファッションと同じく背景にある
ストーリーを語れば

あなたのスタイルになります。

ぜひこの辺りを考慮して
車の選び方の参考にしてください。

モテる男の車の運転方法

むしろ、女性への
気遣いを演出できるのは

運転方法と言えるかもしれません。

中には運転中、

周りの車に怒鳴り散らしたり

渋滞や、幅寄せにイライラ
してしまうドライバーがいます。

特に、普段温厚なのに
車に乗ると急に怒りだすと

どちらが本当の性格なのか…

と心配されます。

ネガティブな感情は
もちろん女性への印象を悪くするので、

こう言った事を避ける事は
もちろん大切ですが。

それよりもさりげない
気配りを出来る運転方法を学びましょう。

急発進や、急ブレーキをさけ
滑らかな発信、

ソフトな停止を目指したり、

カーブが続くようならば、

「カーブが続くよ」などと
気遣いのセリフを助手席にいる女性に
声がけしておくのも良いですね。

また長距離ドライブなら、

1、2時間に1度はトイレ休憩など
こまめな休息を取る事も大切です。

夏だけでなく、春先や秋口でも
ドライブでは紫外線が気になるところ、

サングラスを用意して
さりげなく渡すのも良い気遣いと言えますね。

以上モテる男の車の整理整頓、
手入れ方法、選び方、運転方法

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>