犬の自己回復力、自然治癒力を高め病気予防、現代病を克服


今回のテーマは、

犬の自己回復力、自然治癒力を
高め病気予防、現代病を克服

について紹介します。

人にとっても犬にとっても
健康は土台となります。

健康がなければ
毎日は楽しく過ごせません。

犬の自然治癒力を高め病気予防を
する方法を一緒に考えていきましょう。

前回、自然治癒力に関して
医者に頼りすぎないと言う話しを
したのですが、

医者任せでは
病気で苦しんでいる犬は
ちっとも喜ばないのではないでしょうか。

それよりも
ちょっと視点を変えれば

病気になった犬と一番長く
接している「飼い主さん」が

犬の自然治癒力を引き出し高める
ように心がけ、病気予防をして

さらに獣医さんの治療で
サポートしてもらう方法をとった方が
建設的ではないでしょうか。

家庭で出来る事は
思ったよりたくさんあるのです。

理想的なのは、

健康な時から
自己回復力、自然治癒力が

上手く働くような生活環境を
作ってあげる事です。

犬、飼い主、獣医

のトライアングルで
犬の健康を維持し回復させる
役割を分担するのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

食事療法と犬の自然治癒力、回復力

これからこのサイトでは

飼い主さんが出来る事として、

穀物を中心たいした食事療法など
犬の自然治癒力を高める方法を
いくつか紹介していくつもりですが、

特別なものは何もありません。

例えば、玄米を食べるなら

普段、飼い主さんが食べている
ご飯を五分づきや玄米に飼え
(白米でも構いませんが、)

それでおじやを作って犬用の
食事にしたりすれば良いのです。

「玄米を炊く」というと
面倒に思われるかもしれませんが、

今は炊飯器メーカー各社から
「玄米モード付き」の炊飯器が
たくさん出ているので

ちょっとも面倒な事はありません。

面倒そうなダイエットや健康も
現代社会は便利と言えます。

健康食で現代病を克服する方法

人の世界でもブームになる
健康食もたくさんありますが、

バランス良い栄養素を取り

精製度の高い食物や
添加物が多い食品を避ける

と言うのは非常に大切です。

理想的な食生活を送れば
健康を維持できるだけでなく、

自然治癒力が上手く
働くようになりガンやアレルギー

と言った現代食を克服する
ケースも見られ、注目されています。

私自身こうした人間の
健康食を研究した経緯がありますが、

さらに犬が抱える「現代病」も
こうした食事にする事で

病気予防のきっかけになると
考えるようになりました。

そして、実際に試して見ると

私たち人間よりも野生に近い
犬たちは自然治癒力をめきめきと
回復していくようになりました。

ライフスタイルを見つめ直せば、

自己回復力、自然治癒力を
高めるきっかけはいくつもあります。

自然治癒力で犬も人間も健康に

この自然界で病院があるのは

人間とペットだけです。

その他の動物は全て
自然治癒力で自分自身を癒すのです。

私たち人間も犬も
この自然治癒力の力を
再び信じ始める必要があります。

私の知る限り、

もう治らないと言われた犬や

獣医さんに薬で一生
コントロールするしか無い

と言われた犬も、

自然治癒力を引き出してあげると、

経緯に個体差があるものの、

皮膚病が改善したり、
乳腺腫瘍が自然退縮したり

糖尿病から回復したりと

持ち前の治癒力で見事
復活したケースをたくさん見てきました。

それだけでなく非常に健康になり、

体臭が気にならなくなった、
元気に走り回るようになった、
毛並みが良くなって来た、
無駄吠えがなくなった、

など様々な効果が得られたのです。

犬の自己回復力は
とてもパワフルなものです。

もちろん食事だけで
全てが解決する訳ではないでしょう。

しかし犬の自然治癒力を高めれば、

健康になるだけでなく
病気になったとしても治癒効果が
促進できたりします。

それが現代病を克服する
力になるでしょう。

なによりも病気予防が大切です。

「常識的」でない試みかもしれませんが、

非常に効果もあるので、

多くの愛犬家に

「こうした方法がある」

と言う事を知るきっかけに
なってくれたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>