老犬の歯の異変、問題の種類、歯の健康の予防と歯磨き対処法


今回のテーマは、

老犬の歯の異変、問題の種類、
歯の健康の予防と歯磨き対処法

について紹介します。

人間では歯の問題として
虫歯が代表的ですが、

動物は甘いものを食べず
唾液の成分なども人と異なるので、

いわゆる虫歯にはなりません。

老犬で問題となるのは歯石です。

歯石と言うのは

歯の表面に残った細菌の温床
「歯垢」に唾液の中のカルシウムが混ざり

「石灰沈着」を起こしたものです。

最初は茶渋のように
歯の表面が濁るだけですが、

だんだん上塗りされて厚みを増していきます。

これが歯と歯茎の間の
「歯周ポケット」にまで進み、

歯肉を押し広げて
退縮させていくのです。

さらに放置すると歯を支える土台が
ひどい炎症を起こして

「歯槽膿漏」になります。

いっそ歯がそのまま
抜けてしまえば良いのですが

根っこだけ残ったぐらぐらな状態で
長期間、化膿し続けて痛みが
止まらない事が多く、

深い部分にまで細菌が達すると、
顎の骨が破壊される事があります。

細菌による病気のリスクも増えますし、

歯の問題は悪臭にもつながり
老犬になればなおさらです。

様々な種類の歯の問題がありますが、

とにかく問題を避けるためには
予防が肝心なのです。

スポンサーリンク

老犬の歯を守る予防と対策

他の内臓や骨など
全ての病気の症状に言える事ですが、

歯を守るには予防が肝心です。

歯石の沈着を防ぐ最も
基本的で重要な点は「歯磨き」です。

人間の場合、自分で磨きますが、

犬の場合、自分で歯を磨く事はしません。

だから人間が手伝って
あげなければいけないのです。

犬の歯を磨くときは
乳幼児用の小さな歯ブラシや
ペット用の歯ブラシを使いますが、

ほとんどの犬は口を
いじられる事を嫌うので、

最初は素手を犬の口に入れて歯を触り
慣れさせる事が大切です。

幼犬のうちから慣れさせておけば
スムーズに歯磨きが出来ますが、

老犬になってからでも遅くはありません。

徐々に慣れさせてきます。

歯の表側を指の腹で触って
マッサージし、

飼い主が犬の口の中を
好きに触っても嫌がらないようにするのです。

次に100円ショップで売っているような
ぺらぺらの布製白手袋をはめ、

濡らして素手のときと同じように
マッサージをします。

大型犬なら軍手でも良いでしょう。

これだけで掃除効果があります。

これにも慣れてきたら
歯ブラシを使って歯垢をとってあげましょう。

犬用の歯磨き剤が売られていますが、

犬が嫌がったり、お腹を壊したりするようであれば
使わないようにしてください。

基本的に歯磨き剤は不要でしょう。

どんな種類の問題でも
歯磨きは対処法としてベストですが、

もちろん、歯磨きの習慣は
子犬の頃に仕込んでおくのが最適です。

歯磨きをしない老犬の歯の健康を守る対策

他の補助的な方法は、

主にどうしても歯磨きをさせてくれない
犬向けのものです。

代表的なものに歯磨き系の
おもちゃやおやつがありますが、

犬が必ずしもこれらを噛んだり
食べたりしてくれるとは限りません。

磨きたい部位に当たらず
効果が無い事もあります。

試してダメなら、
色々と手法を変えましょう。

おやつは食べ物を小さく食いちぎって
食べるような性格以外には向きません。

せっかちな犬は
ろくに噛まずに飲み込んでしまうからです。

歯石用の処方食としては
硬く固めたドライフードも売られています。

犬が硬いフードを
噛み砕くときに衝撃で
歯石をはがす事を狙っているのですが、

本来犬は食べ物を丸呑みする
動物なので、

過大な期待は良くありません。

なお犬の歯はピカピカの
白い歯である必要はありません。

磨きすぎて歯肉を傷つけてしまう
飼い主さんもいるので、

やり過ぎには注意です。

老犬の歯の健康を守ろう

獣医さんの歯の対策としては
老犬の歯に大量に沈着してしまった歯石は

全身麻酔をかけてから
「超音波スケーラー」で削り取ります。

歯冠部(歯の上部)のつるつる
したエナメル質の歯石は落ちるのですが、

歯根部(歯の下部)は
ざらざらしているため落ちません。

歯根部の拡大した歯周ポケットも
もとにもどらないため、

一時的にクリーニングしても
そこには深いクレバスが残ります。

そして新しい歯垢が再び詰まり、

歯茎の可能と歯石はすぐに復活してしまうのです。

さらに年齢が進む老犬になれば
麻酔のリスクも増え、

超音波スケーラ-で
削り取る事もままならなくなっていきます。

歯の健康は予防が最も大切で
ひどくなってからでは遅いのです。

そしてどうにもならなくなると
抜歯手術しか方法がなくなります。

歯と言うのは、他の面の
健康にとってもとても重要な事です。

老犬の歯の異変、問題の
種類や原因を知り、

何よりも歯の健康の予防と
歯磨き対処法を心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>