老犬の骨、関節、筋肉の衰えの原因、運動機能を保つ予防と対策

老犬の骨、関節、筋肉の衰えの原因、運動機能を保つ予防と対策
ただ、いつまでも元気で過ごすために
しっかりとケアをする必要があります。

特に骨格や筋肉と言うのは
普段の動きに取って重要です。

関節を構成している
骨端(こったん)と骨端は、

「関節腔」で囲われ、

その中には、ぬるぬるした
「滑液」が封入されています。

さらに骨同士が当たる面には
「関節軟骨」と言うゴム状の
軟骨シートが貼付けられ、

激しい運動にも耐えられる構造になっています。

ところが、加齢とともにこれらの
潤滑構造がだんだんダメになってきます。

関節を構成する各パーツからは
弾力が失われ、

骨と骨がこすれ合う

靭帯が弱くなって損傷する

内壁である「滑膜」が炎症を起こす、
関節の位置がずれてしまう、

などの障害を抱えていきます。

その結果、犬は少しずつ
滑らかな動きができなくなり、

起き上がるときや小さな段差を移動する時
階段の上がり下りの時に痛い関節を
かばうようになります。

また筋肉には関節を
支える役割もあります。

筋力が落ちると、
関節を支えられなくなり、

関節の負担も増えてしまうのです。

以下老犬の骨、関節、筋肉の衰えによる
よく見られる病気や怪我を見ていきましょう。

スポンサーリンク

老犬の関節、筋肉の衰えによるトラブル

犬の関節のトラブルが進行すると

「変形性骨関節症」
「変形性脊椎症」

と言う症状が起こります。

これは骨自体に出っ張りが発生し、
さらに動きが悪くなってしまい、

四肢であればそこをかばうようになります。

その結果、反対側の足も痛めてしまい
完全に歩行不能になる事もあります。

予防と対策として考えてほしいのが、

犬の肥満です。

不健全な食事や運動が
老化と重なり、

こうしたトラブルにつながります。

背骨に発生した場合は、
腰痛や脊髄神経への障害が続いて発症し、

後脚が麻痺する場合もあります。

老犬の筋肉の衰えによるトラブル

運動が好きな犬にとって
運動機能を保つ事ができなくなるのは
ストレスにもなります。

また筋肉のトラブルも問題で、

老犬は靭帯の強度が落ち
さらに周囲の筋肉も弱くなるため、

「靭帯断裂」
「脱臼」

が起きやすくなります。

強めのねんざと間違えやすいのですが、

慎重に関節を触診すると
異常なズレが見つかる事もあります。

老犬の場合であれば、

若い頃であれば問題ない程度の
ちょっとした衝撃でも

靭帯断裂や脱臼を起こすので
要注意です。

老犬の骨の衰えによるトラブルの原因

近年では骨粗鬆症が
人間の間でも増えており問題となっていますが、

犬も同じです。

犬は加齢とともに骨の本体から
有機物が減っていき、

弾力性やしなやかさが
失われます。

特に骨量が減り、
骨がもろくなる「骨粗鬆症」が
胃進行すると骨が衝撃に耐えられず
骨折しやすくなるのです。

また、ただの関節炎ではなく
免疫のシステムが異常を起こして
関節を攻撃してしまう場合もあります。

これを「リウマチ性関節炎」と呼びますが、

本来外敵から守る役割を持つ免疫システムが
間違って関節を攻撃してしまうのです。

これは一見ただの重い関節炎に見えますが、

炎症が激しく、周囲の骨組織まで
溶かしてしまい、

関節の構造を丸ごと
破壊してしまう事もある恐ろしいものです。

老犬の骨、関節、筋肉の衰えの予防と対策

ではこうした症状から
運動機能を保ち犬の健康を守るには
どうすればいいのでしょうか?

基本的に筋肉と言うのは
使わなければどんどん萎縮していきます。

筋力が衰えれば、関節が支えられなくなり、
関節にかかる負担が増え、

骨に異常を来す、、

と言う負のスパイラルが起こるのですが、

その原因のきっかけは
筋力の低下から起こります。

なので、元気なうちから
できるだけ運動をさせて

筋力を維持するようにしてあげましょう。

筋力の維持には日常的に
犬を自力で歩かせる事が重要です。

筋力増加の意味でも、
お散歩のときには、

平坦なアスファルトの上だけでなく、

起伏のある場所(緩やかな階段など)
ちょっとした障害物のある未舗装の場所を
選んで歩くようにしましょう。

公園の車止めをジグザグに
歩かせると、

普段使わない筋肉を伸縮させたり
老犬の脳のためにも良いでしょう。

また狭い所に追い込んで後ろ向きに歩かせるのも、

普段と違う刺激を与えると言う点で
効果的な方法と言えるでしょう。

ただこのとき、

犬が無理に身をよじって
Uターンしようとすると、

背骨を痛める可能性もあるので注意しましょう。

老犬のお散歩は
やたら長い距離を歩かせたり、

激しく走らせたりする必要はありません。

老犬に若いときと同じ
強度の運動をさせるのは

骨や関節に負担がかかりすぎて
逆効果なのです。

変化に富んだ歩き方をさせる事で、

全身の筋肉にまんべんなく
刺激を与えられれば良い訳です。

もちろん、既に関節の病気を
発症しているときは、

無理に運動させないようにしましょう。

老犬の骨、関節、筋肉が衰えたらリハビリを

犬の後脚が弱くなり、

一見歩けなくなったように見えても
歩行補助具を使えば

まだ歩ける事もあります。

歩行補助具は下半身に
ベルトをかけて人力で持ち上げるものですが、

飼い主はぎりぎりまであきらまずに

犬自身が自分の意志で歩く
生活を維持させるようにしましょう。

ただ持ち上げる犬の腕力にも
限界があるので

この方法は中型犬までに限られます。

関節痛がある場合は
消炎剤やグルコサミンなど

関節の潤滑をよくする
サプリメントを使用するのもいいでしょう。

或は患部を温めるのも効果的で、

リハビリとしてオススメなのが

ジップロックなどの袋に
お風呂のお湯を入れて湯たんぽを作り

膝の上に乗せて温めてあげる方法です。

膝を温めながら同時に
四肢を伸ばしたり曲げたりして

筋肉と骨に刺激を与えると、
萎縮をより遅くできます。

ただ使い捨てカイロは低温火傷や
誤飲の危険があるので避けた方がいいでしょう。

以上のような運動を参考にして、

犬の運動機能を保つように
工夫してあげましょう。

そして老犬の骨、関節、筋肉の衰えの
予防と対策をしっかりしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>