犬も飼い主も怖い人畜共通感染症、ズーノーシスの原因と対策


今回のテーマは、

犬も飼い主も怖い人畜共通感染症、
ズーノーシスの原因と対策

について紹介します。

人畜共通感染症 ズーノーシスは

人と動物の両方に
感染する病気を指します。

だから犬にとっても
飼い主にとっても恐ろしい病気です。

最近では「畜」の文字が
産業動物だけをイメージさせるとして

家庭愛玩動物を含めるために

「人獣共通感染症」

と言う言葉で表現される事も多いようです。

人獣共通感染症の原因は

ウイルス、細菌、真菌、
寄生虫などによって引き起こされ

「狂犬病」のように感染後、
いったん発症すると100%死亡する
と言う恐ろしいものですが、

基本的には安心してほしいのが、
現代日本社会では、

万が一感染しても、
たいていは病院で治療すれば治ります。

とはいえ、抵抗力の低い
老人や幼児はうかつに怪我しないように
注意する必要があります。

もし感染しても慌てないように
しっかりと対策法も理解を
しておきましょう。

スポンサーリンク

人畜共通感染症(ズーノーシス)の感染リスク

人畜共通感染症(ズーノーシス)の

原因となる感染経路は
たくさんあります。

その大きなものは、

噛まれた傷などからの
「外傷感染」

健康な皮膚を突破されてしまう
「接触感染」

他にも、汚染物を摂食したり
汚染された手でものを食べたり、

タバコを吸ったりする事での
「経口感染」

空中を舞う病原菌を吸い込んでしまう
「空気感染」

蚊やダニが媒介する
「ベクター感染」

などがあります。

特に外傷感染は動物に噛まれたり
引っ掻かれたりする事で
起こる感染です。

動物の口や爪には色々な
雑菌が数多く存在しており、

傷が小さくても油断できません。

屋外で飼っている犬はもちろん
屋内で飼っていても

散歩のときに移されている
可能性もあるので、

同等の菌を持っていると
考えるべきです。

犬由来の外傷感染で最も
有名なものが狂犬病でしょう。

狂犬病は日本において
根絶状態にありますが、

海外では蔓延している国もあります。

旅行者が時々海外で
感染、帰国後に発症して
亡くなっているので、

事前に「厚生労働省」の
ウェブサイトなどで調べておきましょう。

狂犬病ほど致命的でなくても、

「猫引っ搔き病」
(犬からも移る)

のように、ニュースにならないような
感染症もあります。

たいていは傷の痛みや炎症、
リンパ節の腫れや発熱と言う
初期症状がありますが、

特徴的なものではないので

もし、普通の傷ではないと感じたら、
病院(人間の)で診察を
受けるようにしてください。

犬と飼い主も対策は衛生管理が大切

人畜共通感染症(ズーノーシス)の
経口感染として考えられるのが

犬を触った後やうんちの処理の後に
手を洗わなかったり、

口移しで食べ物を与えたりする事が
原因で発生します。

病原体は肉眼で見えないので
油断しがちです。

犬にとっても、飼い主にとっても
大切なのは徹底した衛生管理です。

清潔にしておけば
無駄な感染のほとんどが防げます。

普段からこまめに手を洗い
口移しで食べ物をあたえることなど
やめましょう。

ほとんどの人畜共通感染症は
きちんと対策すれば防げます。

また感染しても適切に対応すれば、
被害を抑えられます。

しかし、

「エキノコックス症」「Q熱」のように、

犬には無症状なのに
人に感染すると重い病気となるものもあります。

人の病院に行ったときは

飼っているペットの情報も忘れずに
医師に伝えて検討してもらいましょう。

代表的な人畜共通感染症(ズーノーシス)

ここでは人畜共通感染症を
いくつか説明しておきましょう。

・レプトスピラ症

大部分の哺乳類が感染し、

腎臓にとどまって菌を
尿の中に排出します。

そのため電柱にかかった感染犬の
尿を嗅いだり、

汚染された水場へ入ったりすると感染します。

ワクチンはありますが、

型が多いために全てには
対応できていません。

不用意に水場に入らないようにしましょう。

・イヌブルセラ症

犬や豚、ヤギ、牛に感染する
タイプが存在します。

メスは不妊、流産、死産、
オスは精巣の炎症を起こします。

人への感染例はほぼありませんが、

唾液や尿、血液、精液からの
伝播があるようです。

抗生物質を投与しますが、

完治せずに再発する事があります。

近年ではブリーダーや
ペットレンタル業者の施設で
散発的に流行する事があり、

特に粗悪な環境で大量飼育しているような
業者での大量発生が、

しばしば問題となっています。

また破綻した業者の犬舎から
見つかったよう成犬の処遇を巡り

行政と民間団体の間で
もめ事も発生しています。

きちんと管理されていれば
まずお目にかかる事の無い病気ですが、

症状が現れていない
犬も潜在的にいると思われるので、

心配な人は動物病院で
犬の血液を検査してください。

自分の犬が感染業者の
出身かもしれない場合も、

調べておいた方が良いでしょう。

・回虫・条虫

回虫は犬が他の犬の便の
臭いを嗅いでいるときに、

口に誤って入ります。

条虫はノミをかみつぶしたときに

その中に入っている幼虫が
口に入ります。

犬に対しても人に対しても
同じように感染するので、

犬を汚いものに近寄らせない、

のみは爪でつぶさずに
セロハンテープに封入するなどの
対策で防げます。

親回虫は便に混ざってたまに
でてきますが、

条虫はメロンの種のような
体節なので見落とさないようにしましょう。

乾燥しないようにラップで
包んで持っていけば、

獣医が顕微鏡で判断します。

なるべく定期的な検便しましょう。

・ノミ、ダニ

昔ほど不衛生ではないので

人がやたらと刺される例は
減りました。

しかし、犬が被害を受けているのに
気がつかず、

一緒に暮らす家族があちこち
刺されてから慌てて病院に行く人もいます。

犬にはきちんとノミやダニの
駆除薬をつけましょう。

以上、犬も飼い主も怖い
人畜共通感染症、ズーノーシスの
原因と対策をしっかり理解しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>