犬の心のケア、権勢症候群の対処、メンタルヘルスを確保する方法


今回のテーマは、

犬の心のケア、権勢症候群の対処、
メンタルヘルスを確保する方法

について紹介します。

これまで犬の身体の健康を守る
方法を伝えてきましたが、

今回は犬の心のケア、
メンタルヘルスを確保する方法
について紹介します。

まず犬の心の習性について
基本的な事を理解してほしいのですが、

犬は群れ社会を作る動物です。

上下関係のヒエラルキーを作ります。

平等な社会を学ぶ事はできないのです。

だからこそ、野心と体力のある
犬は他の犬を威圧し、

ボスの座につこうとしますし、

気弱な犬は流れに身を任せて
下っ端となります。

それぞれが自分の
ポジションを確認し、

それに相応しい態度をとろうとし
始めるのが生後1、2ヶ月後くらいからです。

スポンサーリンク

犬の性格似よって違う心のケア

そしてこの時期の接し方を
間違えてしまうと、

メンタルヘルスに問題行動を
起こしやすい性格になりやすいのです。

穏やかで無邪気な下っ端タイプの犬は

友人のように扱っても
特に増長せず可愛い愛玩犬になりますが、

それ以外の犬は問題です。

しかしそれはあくまで人間視点のもの、

ボスになりたい犬の
修正を無視して育ててしまうと、

彼らの心の状態は乱れます。

飼い主と犬の力関係は
とても大切です。

飼い主は犬のボスであるべきです。

特に野心的な犬に対しては
毅然とした態度で接する必要があります。

飼い主は物事の主導権を常に握り、
飴と鞭を使い分けなければならないのです。

犬のメンタルヘルスで現れる症状

肉体面でもそうですし、
メンタル面でも同じです。

また人間でも犬でも同じなのですが、

結局の所バランスが体節です。

犬を無闇に甘やかすと
「分離不安」や「権勢症候群」
に陥りやすく、

逆に理不尽に厳しいと
急にキレる不安定な犬に
なりやすくなります。

犬のメンタルヘルスとして
問題が良く起きる「分離不安」は

犬が飼い主の事を溺愛して
離れる事が我慢できない状態です。

留守になると豹変し、

周囲のものを破壊したり、
吠え続けたりします。

飼い主が甘く接し過ぎている場合もあれば

生まれもっての犬の性格で
あることもあります。

番犬として屋外に
つながれていた昔とは違い

今の犬は屋内で暮らす事が増えてきました。

昼間は家人が留守になる
家庭もあるとはいえ、

人とべったり一緒に
暮らすようになった事で
最近増えています。

だからこそ心のケアとして

甘やかすときは甘やかせても、
厳しくするときは厳しく接する事が重要です。

犬の心のケア、権勢症候群(アルファシンドローム)

分離不安とは逆の犬の心の
問題として挙げられるのが、

権勢症候群(アルファシンドローム)

権勢症候群というのは、

自分が群れのトップでないと
我慢できない状態です。

犬は飼い主を自分の手下の
ように思っているので、

なでてもらっているときは
良い子に見えますが、

飼い主が何かを怒ると
猛然と歯向かってきたりします。

犬にしてみれば、

下克上が起こったと感じているでしょう。

ちなみに「アルファ」は
「1番目」と言う意味で使われています。

しかししっかりとしたしつけのために
人間がボスである必要があります。

犬の心のケアの正しい方法

犬のここのケアとして
情緒を安定させるには

正しい褒め方、しかり方が
かかせません。

犬が良い事をしたときは
しっかりと褒めてあげてください。

ただ、褒めるときに食べ物は必要ありません。

犬はスキンシップだけでも
十分幸せです。

犬が悪い事をしたときは
その場ですぐに怒ってください。

でも、殴ったりぶったりする
必要もありません。

また、犬を怒るときは
「現行犯」でないと通じません。

犬はしばらく経ってから怒られても、
何の事か分からないのです。

怒る理由も理にかなって
いなければなりません。

また犬が同じ事をしたときに

飼い主のそのときの気分で
怒ったり怒らなかったりするような
ぶれがあってもダメです。

幼少期から飼い主に理不尽に
怒られてしまう犬ほど

心の問題も起き、
心のケアも大変になります。

幼いうちから
正しいしつけを心がけるようにしましょう。

犬のメンタルヘルスを確保するために

そして一番大切なのが

犬に伝わる方法で表現する事です。

飼い主に歯向かった場合のお仕置きは、

打撃ではなく、取っ組み合いで
解決する事がオススメです。

犬同士が喧嘩で争うように
最後は犬を床にねじ伏せて、

相手のメをにらみながら
どすの利いた声で

「戒めの言葉」

「ダメ、ノー、いけないなど」

を浴びせるようにします。

犬が理解できないお仕置きを
永遠と続けたあげく、

「ウチの子は馬鹿なのかしら」

との相談をする人も稀にいますが、

これは、犬が馬鹿なのではなく
単純に伝わっていないだけでしょう。

犬の立場に立った
メンタルヘルスを心がけましょう。

良い子にしていたらたっぷり褒めてもらえる

悪い事をしたら怒られる

歯向かったら戦いになって
戦ったら絶対に負ける

…こうした分かりやすい
仕組みを繰り返すうちに

だんだんと学習して従い始めるのです。

犬に正しいしつけをする秘訣

犬は、公明正大で強いボスが好きなのです。

殴ったり蹴ったりと言うのは、
自然界に存在するお仕置きではないので
おススメできないのです。

犬は「何だかボスが荒れているな」

とは思うかもしれませんが、

自分の行為が責められているとは
思っていません。

かつて虐待、もしくはしつけのつもりで
体罰を与えた犬は

獣医が診察して手を伸ばすと、

ひどく怯えてビクビクするそうです。

げんこつや棒で殴られていたのでしょう。

そして、油断するとその手に
猛然と噛み付いてきますが、

そう言う姿を見るのは悲しいものです。

飼い主への反抗ではなく

「つまみ食いをさせない」
「入っては行けない場所を教える」

と言った家庭内での禁止事項を
覚えさせる場合は、

飼い主が処罰を与えていると、

「飼い主がいないときならOK」

と誤解されがちです。

こういうときは

テーブルの端や台所の入り口に
両面テープを張っておき、

前脚をかけた途端に
ベタベタしてびっくりするなどの
仕掛けを用意しておきましょう。

飼い主がいる、いないに関係なく

「天罰が下る」と思わせるように
誘導すると、

留守中や目を離している場合でも
強制力を維持できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>