交通事故や高い所から落ちる等、犬の骨折トラブルの原因と対処法


今回のテーマは、

交通事故や高い所から落ちる等、
犬の骨折トラブルの原因と対処法

について紹介します。

骨折と言うのは
犬の怪我の中でもやっかりな
トラブルの一つです。

人間であれば骨折したとしても
おとなしくして固定していれば
すぐにくっつくような単純な骨折でも、

犬の場合はおとなしくしていないからです。

骨折した部分を動かさなければ
1ヶ月程度で癒合するものでも、

何ヶ月もかかる事があります。

これを専門用語で
「骨癒合不全」と言います。

そもそも骨折しない
と言うの場ベストですから

骨折しないようにケアする事、

そして骨折してしまっても
できるだけ早く治るための対処法を
ここでは紹介していきます。

スポンサーリンク

犬が骨折してしまう原因

あまり不自然な動きをしない限り、
動物は骨折はしないものです。

犬の骨折の原因で多いのが、

抱いていて落としてしまった
と言うケースです。

特に

「だっこが嫌で暴れる犬」

「犬を上手くだっこできない子供」

のケースが最もリスクが高いです。

犬がだっこが嫌で上へ上へと
もがいたあげくに子供の方を越え、

背中側に落ちてしまうのが
骨折が起きる定番と言えます。

こう言うケースを呼ぼう対処するために

子供に「だっこしないで」と言うよりも、

「座ってだっこしようね」と
言い聞かせる方が得策です。

子供が座った位置からの
落下であれば、

骨折するケースは減ります。

また子供が抱きかかえれなくなれば、
床に一度下ろしてやり直す事ができます。

また次に犬の骨折トラブルで
多いのが、

犬が自ら階段から落ちるケースや
外で交通事故に遭うケースです。

散歩中にしっかり危機管理すれば
これも避ける事ができるでしょう。

犬が骨折した後早く治すために

骨折と言うのは折れても
骨の位置が変わっていない場合と、

骨の位置がずれてしまっている場合があります。

骨の位置が変わっていない場合、
そのままギプスで固定するようにして
動かさないようにすれば、

「自然癒合」して自然に
くっつくのを待つのが対処法です。

骨の固定方法は色々あり、

骨折の状況によって
最適な手段を選択します。

しかし、骨の位置がずれて
しまっている場合は、

正しい位置に戻して
固定する必要があります。

しかも骨の周囲の筋肉には
常に張力がかかっているので、

単純にズレを戻しただけでは
正しい位置を維持できない事が多々あります。

こうした場合は

人の骨折整復手術のように

ピンを入れたり、ワイヤーやボルト
プレートで固定したりと言った
方法がとられます。

しかしこれらは金属製なので

小さなものだと力に負けて
曲がってしまったり、

大きなものでも手術後に
運動をされたりすると

金属疲労で破断する事もあるのです。

人の場合の骨折なら

「放っておいても
ずれない程度の最低限の固定」

で良いのですが、

犬の場合であれば

「本人がちょっとくらい
暴れても、ずれない、折れない
頑丈な固定」を必要とします。

ところが、

骨と言うのはデリケートなので、

がっちり固定すると、
外部からの力学的な刺激を
受けやすくなってしまいます。

すると身体はこの骨を
いらないものだと勘違いし、

つなぎ合わせたはずの骨が
溶けてウェハースのような
もろい残骸になる事があります。

また固定のために打った

ピンやワイヤー、ボルト、プレートが
周囲の血流を大きく邪魔しているときも
骨の再生は遅れるのです。

つまりがっちり固めてしまうほど
裏目に出ると言う悪循環があり、

犬の骨折トラブルは厄介なのです。

なかなか癒合しないのを
待っているうちに固定具が
金属疲労で折れ、再手術。

しかも骨は最初よりもろくなり
最初の手術で空けた穴もあり
手術が困難…と言うケースがあります。

骨折すると厄介なので
一番は予防しておくということです。

犬の骨折トラブルの最新治療

従来の治療方法では
うまくいかない骨折のトラブルでは

別の方法を導入している
病院も増えてきているそうです。

「創外固定」と呼ばれ、

骨を操るためのピンを
垂直に何本も打ち、

そのピンを身体の外で
固定する方法です。

また骨折部に骨髄を移植したりして、

再生のための活力を
てこ入れする方法もあるそうです。

ただこれらの高度な固定方法は、

熟練が必要な上、
患部が化膿しやすかったり、

創外に飛び出している固定具を
犬が壊してしまうリスクもあります。

なので何が何でも手術をすれば良い
と言う訳でもありません。

人の場合であれば
骨折前の状態に戻すのが目標ですが、

動物の場合であれば、

採取的には快適な生活ができる
ように戻すのが目標です。

たとえ骨が曲がっていても
そこに十分な強度があり、

犬自身が苦痛を感じなければ
曲がったままで良い事もあります。

無理な手術をするよりも
そちらの方が良いケースがあります。

獣医さんと飼い主さんがよく相談し、
決定するべき事でしょう。

ほとんどの場合は古典的な
固定法で解決できるのが

犬の骨折トラブルですが、

難航する場合骨外科に詳しい
獣医さんや高度医療病院を
紹介してもらうのも一つの手です。

交通事故や高い所から落ちる等、
犬の骨折のリスクは案外あります。

普段からの注意がとにかく重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>