老犬の耳の異変と病気、犬の耳のトラブルの種類の原因と対処法


今回のテーマは、

老犬の耳の異変と病気、犬の耳の
トラブルの種類の原因と対処法

について紹介します。

人間と違い犬は
犬種によって耳の形が違います。

たれた耳で外気と触れにくい
犬種であったり、

たった耳で通気性が良い
犬種であったり、

犬の種類によって
耳のトラブルの種類や対処法が
変わってくるのですが、

愛犬の健康を守るためにも
しっかりと観察して、

早めの対処をしてあげる
ようにしましょう。

犬にとって聴覚と言う
重要な器官を司るのが
耳なのですから、

犬の耳の異変、病気、トラブル「外耳炎」

外耳炎は、犬にとても
多いトラブルです。

犬の耳は通気性が悪く

脂肪の分泌性が多いため

雑種犬以外の犬、
特に耳道に毛が生えていて

さらにたれ耳の純血種は
頻繁に炎症を起こします。

よく耳を手でかきむしったり、
犬が耳を床にこすりつけたり、

頭をぷるぷると
頻繁に振ったりするのが

典型的な耳のトラブルのサインですが、

犬の性格や炎症のタイプによって
かゆみの程度は変わります。

特にダニが寄生しているときは、
高い確率で猛烈なかゆみを
訴えますが、

それ以外の場合は
全く自覚症状がないケースも
多く見られます。

外耳炎は耳の汚れ、赤味、
きつい匂い、かゆみなどを

総合的に判断するので、

飼い主さんも普段から
注意深く見ていれば
簡単に発見できる病気のひとつです。

犬の外耳炎の原因と対処法

また全体的に皮膚の弱い犬は

一時的に治ったとしても
すぐに炎症が再発するのが常ですので、

その後も定期的なチェックと
クリーニングが必要です。

清潔な環境というのが
最も大切な事と言えます。

外耳炎をひどくすると、

「外耳炎」がはれて
耳の穴がすぼまってしまい、

治療のための細い綿棒さえ
入らなくなります。

こうなると一気に
悪化してしまい、

外耳道のはれてしまった部分を
手術できる取る「耳道切開」を
しなければいけないこともあります。

しかし、この手術は、

鼓膜に近い外耳道の
奥には手を出せないので、

万能の最終兵器と言う
訳ではないのです。

手術に頼る前に
早めの対処が必要です。

他の病気と同様に

耳のトラブル、外耳炎も早期発見、
早期対処が重要なのです。

なお、耳に限らず、
皮膚全体に言える事ですが、

気温と湿度が高いほど
炎症は起きやすくなります。

春からにかけては特に警戒しつつ

定期的に直接、
耳を覗き込んで調べてあげましょう。

赤味やかゆみが無くても
汚れがあれば、

耳道の何らかの
異変を示している事になります。

犬の耳のトラブル「中耳炎」

犬の中耳炎は少ないのですが、

慢性鼻炎が悪化したり
鼓膜に穴が開いたりして

耳の奥に細菌や異物が入ると、
そこが化膿して起こります。

中耳炎は重度の鼻炎や外耳炎、

内耳の病気の検査の過程で
見つかる事が多く、

始めから中耳炎を疑うような
特徴的な症状はありません。

つまり、早期対処をしておけば
防げる病気と言う事です。

中耳は外耳と異なり
直接手を下すのが困難な部分なので、

主に抗生物質などによる
内科治療を行うのが通常です。

鼓膜を切開して洗浄する
外科的な処置もあるようですが、

付随する近くの病変が治っていないと
あまり効果はないといいます。

内耳の大事な機能の一つが
「重力センサー」としての役割です。

犬は、この重力センサー
からの信号をもとに、

ほとんど無意識に身体の
バランスを取っています。

この重力センサーが
狂ってしまうと、

バランスがおかしくなるのです。

犬はまっすぐに立てなくなり、
左右の異常な方へ身体が傾きます。

もちろん人が備えている内耳も
同様の役割を果たしています。

人で例えるなら、

椅子に乗って高速でぐるぐる
回った後や、

前後不覚の泥酔状態のようなものです。

内耳にトラブルが発生すると

首は大きく傾き
眼球も水平にせわしなく
往復運動をします。

ひどい場合は倒れてしまって、
起き上がれないのはもちろん、

食餌をとったり、
水を飲んだりする事もできなくなります。

悪酔いによる嘔吐もあります。

このような場合は、

治療の効果が出るまで、
点滴などの支持治療しないと
衰弱が進む恐れがあります。

犬の耳のトラブルの対処法

犬の耳のトラブルは

症状として身体が徐々に
傾いてくる事もありますが、

突然様子がおかしくなって
飼い主があわてて病院に行くと言うケースが
ほとんどと言えます。

とはいえ、内耳のトラブルは

大半が投薬治療によって
改善しますので、

すぐに獣医に相談してください。

完全にまっすぐ立てるまで
回復しない事もありますが、

身体が多少傾いたままでも

日常生活に支障がなければ
大きな問題にはなりません。

なお音が聞こえていない様子で、

かつ、外耳と中耳に決定的な
原因が見当たらなければ、

内耳の音を拾う神経のトラブルを疑います。

しかし、どの部位に何が
起きているのか具体的に調べるのは困難で、

CTやMRIなどで腫瘍が
見つかったとしても、

犬は人間と違い
言葉で伝える事ができないので、

それが上手く治療するのは
簡単ではありません。

その他、音が本当に聞こえていないのか、

本人に反応する気がないだけなのか、

老齢性の難聴、ボケなのか、

それらの判断もなかなか
確定できない事が多く、

十分な診察や検査なしでは
聴覚に関して診断をしにくく、

治療方法もなかなか提案しにくいそうです。

外耳炎と中耳炎が犬の
耳のトラブルで起きる主な種類です。

老犬の耳の異変と病気も
早期発見が重要です。

犬にとって耳は大切な期間なので
しっかりとケアしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>