白内障、目ヤニ等犬の目の異変、トラブルの種類の原因と対処法


今回のテーマは、

白内障、目ヤニ等犬の目の異変、
トラブルの種類の原因と対処法

について紹介します。

犬の目と言うのは
飼い主が頻繁に見える場所なので、

比較的異常や異変に気づきやすい
部分と言えます。

しかし犬の種類によっては、

毛が長い長毛種であれば、
目の状態を確認しにくかったり、

周囲に付着した目やにに
紛れてしまった異常を

見逃してしまったりする部分です。

犬人間と違いあまり目に
頼らない動物なので

対処法も限られています。

それでも問題が起こると
犬の人生に危険もあるので、

時々クリーニングもかねて、

しっかりと犬の目を見てチェックしましょう。

ここでは症状から分かる
犬の目のトラブルについて
詳しく紹介していきましょう。

犬の目のトラブル「目が白くなる」

まず犬の目が白くなる
と言うトラブルですが、

目の表面が白いのと
目の中が白いのでは

話しが大きく違ってきます。

目の中の白濁と言えば
「白内障」の疑いがあります。

白内障はピントを合わせる
「水晶体」と言うレンズが
白く変性してしまって、

光を通さなくなってしまう事です。

そしてもちろん視力障害を起こします。

水晶体は「瞳孔」の
向こう側に位置していて、

異常がない限りは透明で
確認しにくい存在です。

しかし白内障になると、
瞳の奥が真っ白に見えるので
すぐ分かります。

こんな白内障の中で
最も多く見られるのは

「老年性白内障」です。

これな人間と同じく
原因は老化現象による
目の衰えななのですが、

この症状の進行は
点眼薬で多少遅らせる事もできますが、

そもそも老化によるものなので
大きな期待はできません。

また対処としてこれも人と同じく、

人工レンズによる入れ替え手術も
技術的には可能なようですが、

老犬に施術すべきかと言うのは
意見が分かれる所です。

獣医さんと相談の上
決めるといいでしょう。

ただ、この手術はコストも高く、
手術費用は30万円を超える事もあり、

場合によっては衝撃で
レンズがずれる事もあるようです。

さらに犬は人ほど視力に
頼って生活をしている訳ではありません。

白内障で視力が低下しても
実際の生活で大きなトラブルが無ければ、

内科治療にとどめるのが
一般的なようです。

また老化による目のトラブルでなく、

「先天性白内障」や「若年性白内障」

と言うケースもありますが、

これらのケースは遺伝による事が多く、

幼犬の場合は手術で人工レンズに
入れ替える事もあるようです。

犬の目のトラブル「目ヤニがでる」

犬が目をこする…というのは
何ともかわいげがあり微笑ましい姿ですが、

目の異変の始まりかもしれません。

目のトラブルのサインのケースもあり
しっかりとした観察が必要です。

基本的に犬が目をこするのは
炎症を自覚していて気になって
いるからですが、

「こすらない=炎症が無い」

と言う訳でもないので
注意が必要です。

また犬の目ヤニですが、

涙が多く出ている
「半透明~こげ茶」の目ヤニと

膿が主体の「黄色」の
目ヤニがあります。

に弱かったりして
いつも涙が多く出て、

半透明~こげ茶の目ヤニが
つく程度なら

積極的に治療をする必要も無いでしょうが、

膿が主体の黄色の目ヤニは
感染が起きている原因の証拠です。

放置してひどくなるほど
治療は難しくなるので、

獣医さんに顕微鏡で目ヤニを
調べてもらう方が良いでしょう。

犬の目のトラブル「白目が黄色い、赤い」

さらにあまり犬には無い症状ですが、

溶血や肝臓障害によって
黄疸を起こすと白目が黄色くなります。

ただ症状としては分かりやすいので、

「あれ、白目が黄色い、、」

と異変に気づいたら、
すぐに獣医に相談するようにしましょう。

また、犬の目が充血して
赤いと感じた場合は、

余り目のトラブルとしては
心配が無い場合が多いです。

犬の目と言うのは人の目に比べて
血管が多いので、

自然な状態でも充血と
間違いやすいものですが、

心配な場合は、

普段の犬の目の赤さを覚えておき、
或はデジカメで撮影しておき、

見比べてみて、
あまりにひどい場合は、

病院に連れて行きましょう。

目の充血は目そのものの病気ではなく、

全身の病気のサインとして
出る場合もあるので注意しましょう。

犬の目のトラブル「まぶたの異常」

犬のまぶたのふちには
分泌腺が点在しており、

これが炎症を起こすと
いわゆる「ものもらい」の
症状を起こす事があります。

炎症の位置が深く、
腫れがひどい場合は、

まぶたが持ち上がるように
変形する事もあり、

外気に曝されてさらにひどくなります。

たれ目の犬や幼犬の場合、

したのまぶたが常にまくれ気味なので、
そこに埃や細菌が入りやすくなってしまいます。

そのため、普段から涙液を
補充するための点眼をしなければ
ならないこともあります。

人のドライアイと一緒の
トラブルと言えます。

またまぶたは悪性腫瘍も
たまにできる場所なので
注意が必要ですね。

またまぶたのふちは

普通の外皮と粘膜の境目で、

まぶたの巻き込みは主に
先天性のものですが、

まぶたが内側に巻き込まれると、
硬い皮膚やまぶたの毛が
眼球を刺激する事があります。

そして眼球に傷がつくと
慢性の炎症を起こすので、

軽度であればまめな毛抜きと
点眼でしのぎますが、

ひどければ手術で整形
と言うケースもあります。

以上、白内障、目ヤニなど
犬の目の異変には早く気づいてあげ

トラブルの種類、原因を良く理解し、

その対処法をしっかりと
実践しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>