犬の呼吸がおかしい、咳が続く、変な咳をする時の原因と対処法


今回のテーマは、

犬の呼吸がおかしい、咳が続く、
変な咳をする時の原因と対処法

について紹介します。

これはただ調子が悪いだけでなく
細菌の感染など危険な病気のサイン
である可能性が高いです。

大型犬の場合だと、

そのまま聞こえるほどの
大きな異常呼吸音が聞こえますが、

小型犬では気づき
にくい場合もあります。

呼吸の異常は
早期対処しなければ危険な
ケースが多いので、

対処としては即効で
獣医さんに連れて行く事です。

犬はもともと頻繁に
「はあはあ」と舌を出して
呼吸をしますが、

呼吸がおかしい時、変な咳をする時

子犬で多いのは

「犬パラインフルエンザ」
(ケンネルコフ)

と呼ばれる病気です。

鼻から気管にかけて
ひどい炎症を起こし、

呼吸困難に陥ります。

痰がのどの奥で絡んでいるような

「グフッ、グフッ」

と言うくぐもった呼吸から始まり、

激しい咳とそれに誘発される
嘔吐へ移行します。

吐いたものを吸い込むなどして
急に悪化する事もあります。

犬パラインフルエンザは
食欲低下を起こしやすく、

エネルギーをたくさん
必要とする幼弱犬が

あっという間に衰弱して
死亡する事も珍しくありません。

成犬は滅多にそこまで
ひどくはなりませんが、

子犬は本当にすぐ弱ってしまうので、
すぐに治療を受けるようにしましょう。

呼吸がおかしくなる犬ジステンバー

犬パラインフルエンザと
似た初期症状を示す病気に

「犬ジステンパー」があります。

犬ジステンパーは

病院でウイルスを検査すると
すぐに分かるそうです。

多くの場合飼い主さんが

「犬の風邪がなかなか治らない」
「症状がずいぶん激しい」
「最近咳が続く」

と感じて病院に行きます。

が、これでは遅い場合もあります。

犬ジステンパーが進行すると

痙攣や眼球の異常などの
特徴的な症状が現れてきます。

しかしこの段階になると、
ほぼ助からず、

初期段階で治療を行って
助かったとしても

神経系に後遺症が残る事もある
恐ろしい病気です。

また成犬に多い呼吸器系の病気は
「気管虚脱」が挙げられます。

この病気は肥満の小型~中型犬に
よく見られるものですが、

気管を丸く支えている
軟骨と膜が変形してしまい、

空気の通りが悪くなって
呼吸困難を起こします。

気管虚脱は
投薬で治療しますが、

重度のものは最終的に
呼吸困難で衰弱死してしまいます。

予防法としては、
適切なダイエットの他、

首輪による圧迫を避けて
胴輪にするなど、生活改善、

早期治療によって
悪化も食い止められます。

現在手術で整形する治療も
試みられているようですが、

一歩間違うと気管が壊死して
そのまま死亡につながるため

難易度の高い手術で
施術できる病院はまだ少数だといわれてます。

犬の呼吸がおかしくなる他のケース

他にも犬の呼吸がおかしい時、
変な咳をする時のケースとしては

犬が外で喧嘩をしたときに
胸部を噛まれてしまい、

最近が肺の近くに入り込んで
化膿している事があります。

散歩中に、他の犬と
トラブルになり外傷がある場合は
要注意です。

また、食べたゴミが喉に引っかかり
むせてしまい、

吐いたはずみでゴミが鼻に
移動してしまった例もあり、

人で言えば鼻から牛乳という感じで

フガフガとくしゃみがずっと続き、

病院で口から鼻孔へ内視鏡を差し入れ
ゴミを取り除く対処したそうです。

他にも、肋骨で囲まれた胸の空間と
肺の間に液体が溜まり、

肺がしぼんで空気を吸えなくなる
「肺水」や

肺の中に水分がしみ出してきて
空気を吸えなくなる「肺水腫」

肺炎、肺腫瘍などもあります。

肺水腫は、心臓疾患の
末期に良く現れますが、

これは普段の検診をきちんと受けていれば

ひどくなる前に判明して
治療ができるはずです。

咳が続いた場合も
検査、治療をせずに

心臓がひどく悪くなってから
咳き込み始めた場合は

かなりの末期であり、
長期の生存は期待できません。

呼吸に異変があれば早期対処を

また肺の腫瘍は、

人の場合でも発見が遅れるちなくらい、

かなり大きくならないと
呼吸の異常を起こしません。

肺全体に細かく移転している事が多く

手術による摘出も
難しい事がほとんどです。

飼い主に取っては

苦痛を和らげる支持治療だけを
希望するのが一般的です。

このように呼吸奇形の病気は
初期症状が見つかりにくく、

悪性のものだと発見時には
既に手遅れと言う傾向が見られます。

中高年を過ぎたら、

定期検診を受けつつ、
普段から様子を見ておいてください。

咳が続く場合、
変な呼吸をする場合、

動物病院に犬を連れて行くと
犬は興奮や緊張をして、

リラックスした普通の呼吸をしにくくなります。

獣医さんは外から見た呼吸の様子だけでなく
胸部レントゲンや心音の聴診を
手がかりに調べるでしょうが、

手がかりは多いに越した事はありません。

病院に行く前の
平成状態の様子を普段から観察し

診察のときに伝えるようにするといいでしょう。

この場合も、携帯やデジカメなどで
動画を撮影するのが便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>