ねんざや骨折以外で犬が足をかばう、足を引きずる時の対処法

ねんざや骨折以外で犬が足をかばう、足を引きずる時の対処法
今回のテーマは、

ねんざや骨折以外で犬が足を
かばう、足を引きずる時の対処法

について紹介します。

「うちの子の足がなんかおかしい」

と良く飼い主さんから聞く台詞ですが、

足の様子がおかしいと言っても
色々な症状があります。

良く観察してみると、

犬が少しだけ特定の足を
かばっていたり

完全に持ち上げて
ぶらぶらさせていたりする事もあります。

専門用語で「跛行」と言うのですが、

先天疾患、怪我、関節炎などで
正常な動きができない状態です。

良くある原因の一つに
前に紹介した犬の指間炎(趾間炎)
がありますが、

ここでは他の原因について
見てみる事にしましょう。

スポンサーリンク

ねんざや骨折で犬が足を引きずる時

活発な犬ほど、
室内外を問わず良く動き回ります。

ちょっとした障害物で
つまづいて怪我をしてしまう事から、

派手な例では、
階段で滑って雪崩のように
落ちて怪我をする犬もいます。

もちろん元気な事は素晴らしいですが、
勢い余って怪我してしまう事があるのです。

そこで足をかばって歩いたり
足を引きずる事になりますが、

そこで飼い主が怪我をした瞬間を
目撃していれば、

怪我の程度もある程度分かるのですが、

多くの場合はいつの間にか
痛めてしまっているので

それが分からない場合は、

獣医さんは触診で
部位に当たりをつけ

骨折の有無をレントゲンで確認します。

犬は怪我をしている部分を触られると
たいていは嫌がるか怒るのですが、

我慢強い犬の場合、

ねんざ程度だと触っても反応しない事があり

中には獣医さんに向けては
ほとんど普通に歩いてみせて
必死に無傷を装う犬もいます。

これは敵に弱点を見せないと言う
野生の本能が発揮されるのでしょうか、

警戒心の強い犬ほど
症状を隠そうとするのです。

人間の場合でも
正直に症状をお医者さんに
言わないケースがありますが、

お医者さん側からすれば
逆に診断は難しくなってしまいます。

このような犬の場合は、

家を出て病院に来るまでの
様子を飼い主さんは良く
観察する必要があります。

言葉で説明しにくい場合は

ケータイ電話やデジカメなどの
動画撮影機能を利用してみせると
役に立つでしょう。

犬が足を引きずり手術の必要があるケース

軽いものであれば、

怪我しても放っておけば
もちろん自然治癒をしますが、

病院に行って対処が必要な
治療が必要なケースはあります。

膝の靭帯が伸び、膝のお皿がずれる
「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」

膝関節の接合面の靭帯が損傷する
「十字靭帯断裂」「半月板損傷」

などになると、

手術による整復の必要があります。

不自然に痛みが継続するようであれば、

詳しく調べてもらいましょう。

しかし手術も万能ではなく、
時に傷跡が残ったり

後になってから手術部位を
再度痛めたりする可能性もあります。

骨折している犬の場合は
さすがに痛みを我慢できないようで

ほぼすべての犬が痛みを訴えます。

一般的には、

かばい方が大袈裟な場合ほど
痛みが大きいと考えられるので、

早めに病院に行くのが大切でしょう。

中途半端に放置すると
治りも悪くなります。

関節の脱臼は、場合にもよりますが
温存するケースと手術するケースがあります、

最近ではペットにも
人工関節の施術が試されているようで、

飼い主が望むのであれば、

大学病院や関節整形の
エキスパートの先生に判断を仰ぐのも手でしょう。

神経の異常で足を引きずるケース

神経の異常で
犬が足を引きずるケースもあります。

筋肉や骨格が健在でも
それを制御する神経に問題があれば、
歩き方に特徴的な異常が見られます。

脳や抹消神経のトラブルは
ごくまれで、

実際は椎間板ヘルニアに
起因する脊髄の障害がほとんどです。

人のヘルニアでも
指先がしびれたり、

重度の例であれば、
下半身が麻痺したりするように、

背骨の喉当たりにどの程度の
障害があるかで症状が変わります。

なお、胸椎と腰椎の境当たりが
異常の起こりやすい部位です。

具体的な症状は、

後ろ足の「ナックリング」や

突っ張り気味の足で
ぎくしゃくと歩くロボット風、

もしくは千鳥足での歩行、

座ったときに後脚を
前方に伸ばして投げ出すなどです。

軽度で初期なら

幹部を温めたり、
投薬したりする事によって

炎症を鎮められますが、

重度になると手術が
必要になる事があります。

大きな段差を降りると、

衝撃が背骨にかかって
悪化しやすいので要注意です。

どんな治療を用いても
再発の可能性は大きいので、

運動の制限はずっと
意識しなくては行けません。

犬が足をかばう時、
足を引きずる時は

とにかく早期に対処する
というのが大切なのです。

腫瘍で足をかばう、足を引きずるケース

一番考えたくない可能性ですが、

腫瘍と言うケースも考えられます。

しかしこの場合
犬が異常を訴えた段階で

恐らくそれなりに病変は進行しています。

腫瘍性の細胞が見つかった場合、

足を切断する事もありますが、

既に体幹部へ転移している場合は
完治は望みにくいので手術せずに
支持治療だけの事も多いです。

なお、人は二本足歩行をするため、

足を1本失う事は
大きな行動の制約になりますが、

ペットは4本足で歩くため、

足が1本無くても
それなりに動き回ります。

そかし、その姿を見ている
飼い主さんの精神的な苦痛が
かなり大きいので、

足の切断をどうしても
選択できない事があります。

関節と言うのは手術の難易度が高く、

感染にも弱い部位であるため、

下手に大掛かりにいじって
失敗するよりは

ギプスでの固定や消炎剤の投与など
古典的な手法の方が、

結果として「本人」のためであることもあります。

多少の後遺症やアンバランスが残っても

それが犬自身に持続的に
痛みを与えるものでなければそれも良し
と言う訳です。

これも獣医によって
意見が分かれる所なので、

治療方針を決定するときに
担当の獣医と良く話し合う事を
お勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>