吐きやすい犬の特徴、犬が急に吐く時、嘔吐と吐出の原因と対処法


今回のテーマは、

吐きやすい犬の特徴、犬が急に
吐く時、嘔吐と吐出の原因と対処法

について紹介します。

本来、犬は吐きやすい生き物なので、

心配しすぎる必要は無いですが、

吐くと言っても

「嘔吐」と「吐出」の
二種類がある事をご存知ですか?

嘔吐とは消化の終わった
食べ物や胃液を吐く行為で、

吐出と言うのは食べ物を
すぐに吐く行為です。

人間でも物事を吐く場合
どれくらい苦しいかによって
対処法は変わりますが、

犬はどれくらい苦しいかを
表現できません。

そこで判断基準が
必要になってくるのですが、

それぞれの対処法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

犬の嘔吐の原因と対処法

犬はしばしば自分が吐いたものを
食べ直す習性があります。

これは

「おっと、うっかり吐いてしまった、、
もったいないから食べておかなきゃ」

と思うからで、

こう言った場合は、

深刻な病気を抱えている可能性は低く、

時折こう言った症状を起こす程度なら
ほとんど心配ないでしょう。

しかし、

頻繁に吐いたり、
食べ物を受け付けなくなったり、
元気がなくなったり、
吐いたものに血が混じっている場合、

動物病院に連れて行った
方が良いでしょう。

犬が嘔吐をする場合、

一番多い症状はちょっとした
胃腸炎なので、

治療をすればすぐに治ります。

次に多いのが前にも解説した

食べては行けないものを食べてしまう
異物誤食と言うケースです。

人間が生活に必要なものを
犬が間違って食べてしまうケースです。

さらに珍しい例ですが、

お腹が減りすぎて嘔吐をする犬もいます。

食餌の少し前に胃液だけを吐く場合、

食事内容は消化の良いものだけにして、

食餌の回数を細かく分割して増やし、
空腹になっている時間を短くする事で

ぴたっと治る事もあります。

他に体調不良が無ければ、
食餌パターンを変える事も

対処として必要な事でしょう。

嘔吐を起こす原因として、

脳神経の異常、筋骨格の痛み、
内臓疾患、腫瘍など

あらゆる病気の可能性も考えられます。

こうした病気による
嘔吐であった場合には、

事態は飼い主さんの思っている以上に
深刻なケースもあります。

病院に行って、血液検査や
レントゲン検査などする必要もあるので、

病院に行くタイミングを
誤らないようにしましょう。

「吐くぐらい問題ない」

と危機意識が低い飼い主さんもいるので、

いつもと様子がおかしい場合は
病院に連れて行く方が良いでしょう。

吐きやすい犬の場合
何か問題があるかもしれません。

犬の吐出の原因と対処法

食べてから数秒後に吐くのが「吐出」です。

食べたものが胃に到達せず
食道でとまっている事があります。

もちろん人間でも
急いで食べてしまった時、
良く噛まずに食べてしまったときに、

食道につまり
そのまま吐いてしまう事があります。

だから犬の場合にも
そう言ったケースで吐出することが
ほとんどですが、

問題になるケースもあるので
しっかりと観察をしましょう。

この原因は食道が細くなる
「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」

逆に弛緩してしまう
「巨大食道症」なども考えられます。

食道狭窄は、

異物などで傷つけられた食道が、
治るときに引きつってしまう
「瘢痕収縮」や

胎生期に無くなるはずの血管が
残ってしまい、

食道を囲んで締め付けている
先天異常などで起こります。

巨大食道症は、

何らかの原因で、
食道が弛緩してしまい、

今で食べ物を運べなくなる病気です。

先天異常の場合
手術と言う対処法もありますが、

それ以外の場合は根治は
困難なようです。

ちなみにこう言った病気にかかった場合、

犬を2本足で立たせた状態で
流動食を食べさせ、

最後に水を一口与えて
口と喉をすすぎます。

その後、食べたものが胃に落ちるまで、

胴体を立てた状態で
だっこしていてもらうなど、

生活の工夫でフォローしていきます。

なお、犬が吐くときに全般に言えるのが、

吐いたものが気管や肺に入ってしまう
「誤嚥性肺炎」

と言う状態になり非常に危険です。

吐きやすい犬の場合、

度重なる嘔吐では

胃酸が失われる事によって
身体が過度のアルカリ性になってしまい、

胃酸で食道や口腔内の
粘膜が焼けただれてしまったりします。

これが原因で長期飲食が
できなくなれば、

命にも関わるので、
早急な対処が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>