犬がめまいなどで意識を失う、急に倒れるときの原因と対処法

犬がめまいなどで意識を失う、急に倒れるときの原因と対処法
今回のテーマは、

犬がめまいなどで意識を失う、
急に倒れるときの原因と対処法

について紹介します。

完全に意識を失うものではなく

めまいに近いレベルで、
もしくはすぐに立ち上がる場合であれば、

そのまま様子を見てしまう
飼い主さんもいますが、

これは非常に危険です。

必ず最寄りの動物病院に駆けつけ
対処する事が必要です。

もしかしたら飼い主の
見ていない所で

どれくらい発作を起こしているか
分かりません。

次の発作が夜中に起きて
そのまま死亡と言うケースもあります。

めまいを起こしたり、
急に倒れてから数ヶ月して

悪化してから病院に行っても、

たいていの場合、発生頻度の増加、
発作の長時間かが起きていて

治療のでおくれになりかねません。

早急な対処こそ犬の健康を
守る手段です。

また獣医さんに詳しく話せるように、

倒れたときの様子を詳しく観察し
メモしておく事も重要です。

スポンサーリンク

脳や心臓に問題があって倒れる

人間の場合、

仕事のストレスや人間関係の悩みが
重なって、めまいを起こす事もありますが、

動物、犬の場合は

急に倒れる場合の原因は
たいてい脳か心臓にあります。

特に「てんかん」の発作が大半です。

てんかんというのは
脳の電気信号がショートして

意識レベルの低下や全身に力の入った
けいれんなどを起こす病気です。

てんかんが軽度の場合は、

数分で何となくおさまってくるものですが、

重度のものであれば「重積」といい、
強力な痙攣が何十分も続き、

そのうち自らの発する熱で
過熱死したり、

脳に重度の障害を残したりします。

とはいえ、いきなり強力な
痙攣が発生する事は稀で、

初期の段階で処置しておけば
対策はできます。

動物病院での適切な処置を
早めにする事が肝心です。

熱が原因で急に倒れる事も

てんかんの発作が始まるきっかけは

原因不明で全く理由が
分からない場合もあります。

或は、恐怖、興奮、激しい怒りなど
激しい感情、動揺などが引き金となり
発作につながる場合もあります。

予防策としては、

飼い主が普段から精神的な
安らぎを与える事を心がける事です。

もしも、自宅で収まる気配のない
本格的なてんかんの発作が起きた場合、

夜でもすぐに夜間動物病院に行きましょう。

また身体が熱い場合は、

脇や内股、お腹などに水をかけて、
冷却しながら出発します。

熱射病と同じく、過度の体温上昇は危険です。

お風呂のシャワーなどで
優しく水をかけてあげてください。

ただ水を吸い込むと危険なので、
顔にはかけないように注意です。

ただこれは発作を押さえる効果はないので、

終わったらすぐに病院に連れてていきましょう。

めまいや急に倒れる場合は
素人がどうにかできるケースではないですし、

放っておくと危険な状況になりかねません。

身体を冷やしたら元気になった

とタカをくくる事なく、
早めに獣医さんに診てもらいましょう。

心臓疾患により急に倒れる場合

脳の問題だけでなく、
心臓疾患による発作もあります。

この場合重症であれば
死亡してしまうケースもありますが、

重度ではない場合、

主に運動や興奮が引き金となり、
低血圧やめまいを起こし、

半分失神したように
急に倒れる事があります。

すぐに心肺機能が戻れば
数十秒で立ち上がりますが、

このような犬の場合
もともと新機能が低下しているケースが多く、

そこに運動や興奮が加わって
限界を超えて倒れるために、

起き上がった後も弱々しい
様子が観察されます。

犬が急に倒れたら
飼い主さんはパニックになりがちですが、

落ち着いて対処する事が大切です。

普段から良く観察して、
異常が見つかった場合や、

少しでも発作らしい様子があった場合、
かかりつけの動物病院でよく調べましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>