犬の腸の病気を防ぐ、犬が下痢をした時、便秘をした時の対処法


今回のテーマは、

犬の腸の病気を防ぐ、犬が下痢
をした時、便秘をした時の対処法

について紹介します。

前回紹介した体温のように
便の調子も

犬の体調を測るバロメーターになります。

犬が下痢をする場合は

胃腸(主に腸)が弱っていたり、
細菌感染、ウィルス感染、寄生虫、
異物誤食など

何か望ましくないものを
排出しようとして

盛んに動いている時に起こります。

散歩のときなどかならず
犬の便をチェックする機会がありますが、

そのときに、

通常の便であれば

程よい硬さで、地面にくっつかず
掴んでも形が崩れない程度のもので

胃腸の状態が良いサインです。

それが軟便になると、

形はあるものの地面に近い所では
崩れてしまい、

便を取ると地面に少し残る程度です。

これは少し調子が悪いシグナルです。

それが下痢であれば、

泥状から液状になり、
通常のものとは言えなくなります。

犬が下痢をしたときの対処法

犬の下痢の場合は基本的に
下痢の原因が速やかに排除されれば
治るものです。

暑い夏に冷たい水を飲み過ぎたなど
原因が分かっているときは

胃腸が弱っていると言う事なので、

ドッグフードを半分にしたり、
1食抜いたりして対処しましょう。

それで下痢が止まれば
問題はないと言えるでしょう。

しかし原因が居座っている場合、
内臓の不調が続くときには
下痢もとまらないです。

下痢がもたらす被害はたくさんありますが、

最初に命を脅かすのは
「脱水」です

動物に取って水分は生命線、

本来長で吸収されるはずの
水分がそのままお尻から出るのですから、

子犬や老犬であれば、
下痢による脱水で1、2日で死ぬ事もあります。

かつては「コレラ菌」など
重い下痢を起こす病気の流行で
多くの人命を奪ってきましたが、

点滴の発明により
死亡率は大きく減少しました。

これは犬の世界でも同じで

体力維持には水分補給が大切で、

腸にいくらかの吸収能力が
残っている場合、

犬用の水分補給ドリンクなどを
少しずつ与えてた遺書をしましょう。

しかしひどい下痢が続く場合は、

失われる水分を経口では補給しきれなくなります。

動物病院に行き、点滴が必要です。

胃腸を休ませると言う意味で、
絶食をするのも対処法としてはありますが、

エネルギーを多く必要とする
幼弱犬の場合であれば、

その絶食自体がダメージになりかねません。

飼い主が「明日には回復しているだろう」

と放置してしまい、
なかなか治らず、

日にちだけが過ぎていき、
品詞になってから病院に行くケースもありますが、

様子を見るのも程々にして、
ある程度蹴りが続くなら
病院に行った方が良いでしょう。

また下痢に限らず、
便に血液が混ざっている場合は、

内臓に問題を抱えている可能性があります。

犬の腸の病気を防ぐためにも

すぐに動物病院に行き、
チェックしてもらいましょう。

下痢と嘔吐を併発する場合も同じです。

犬が便秘をしたときの対処法

下痢と同じく犬の便に関する問題で
挙げられるのが便秘です。

人の場合と同じく、

便秘の場合は下痢ほど
早急に対処しなければ行けないほど
重大な問題ではないですが、

同じく問題のあることです。

数日間の便秘の場合
であればまず起こらないですが、

ずっと続いてしまうと、

大腸にものすごく太く
硬い便が固着し

犬自身の力では
排出できなくなる事があります。

下痢と比べれば発生は稀ですが、

老化や腫瘍による腸の運動機能の低下
腹圧の低下、該当部を担当する
神経の機能低下などが要因です。

便秘がたびたび起こるならば

食物繊維を多めに食べさして
みましょう。

獣医によっては、
便を柔らかくしたり緩くする
下剤を処方することもあります。

たまたま置きた便秘を
運悪くこじらせてしまった場合、

浣腸などで宿便を取り除き、
その後の食生活の改善をすれば良いのですが、

もし「巨大結腸症」という
腸が拡張したままの状態にまで
進行してしまった場合、

終生、排便のためのケアが必要になります。

特に病気の心配のない
犬の便秘の場合は

特に下痢からの回復途中に
空っぽだった腸に食べ物が溜まる最中で、

一時的に便の回数が減ったりします。

2日くらいでない事はままあります。

こう言った場合は
放っておけば自然と戻ります。

特に対処の心配は要りません。

しかし下腹部を優しくもむと
妙に硬かったり、

大きいものに触れた場合、

交通事故の直後など、

他に同時に発生した異常がある場合は、

恐らく自然回復は望めないので、
病院で調べて対処を行わない限り、

大腸への負担が増大し、
損傷も増えていきます。

病院にかかり
しっかりと対処しましょう。

犬にとって腸の病気を防ぐ
腸の健康を守る事は重要です。

参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>